恋愛映画

手をつなぎ、階段を昇った。
別れる時になってどちらもサイキックだったことを確認したが、
彼は帰らなければならないし、だから私は彼のことを愛せないと彼が言った。
最後はバスに乗って妹たちとともに香港に帰ってしまった。

最後に付け足されたCMは台湾料理(目玉焼きX2にソースがかかったもの)を作るシェフ、そして”デミアン”という言葉。
ああ、映画だったんだ。
そこで目が覚めた。
しばらく茫然としていた。

その前には家族が出てくるべつの内容のものを見ていた。
その夢の間気になったメッセージは
紅花の染め物。高価だった。
そしてびんがらという言葉ー庄内地方の方言で服のひだ、皺のよった服

今までにないパターンの夢だったのでメモ。