2017.1.1

年末は度々気圧の変化で体調が悪く、再び29/30と頭痛に悶え一年を振り返る余裕なし。
31は朝から温泉に浸かり眼鏡を手元照準に新調。掃除はまるで終わらずスプリング・クリーニングにプラン変更。
夕方から紅白を見ていて気がついたら第九を見逃し、夜中祖母の寝言に悩まされ今朝は二度寝して起きたら10時でした。
夢では俳句を詠んでいたような、、そのくらいしか覚えておらず今晩見る夢を初夢に認定予定。
そして寝ぼけて鶏肉なしの精進雑煮を作って食べました。

今年は魂のプランへの導きを星と北の大地に求めてAURORA TAROTを1枚。
引いたのはpurple saxifrage ムラサキユキノシタでした。

1-269bf0e0-6ba9-4653-987d-3f3123418b34

もちろん解説を一番に読みましたが、カードを頭に乗せて目を閉じると・・
さきがけ
手の小指へと流れるエナジー
あたたかさ
と感じました。

続いてメッセージを内へ求めると・・
今日、あなたの心にある記憶の扉は開きました
新しい光とともに歩みなさい
この光は夜明けであり、すべての存在を蘇らせるでしょう
あなたがすべきことはこの地球に愛をひろげること

AURORA TAROT/ジューン澁澤 は最果ての大自然、極北の世界のモチーフで構成されるカードです。
キーワード
パイオニア、タフ、境目に存在するもの、これから栄える場所

ちょうどお花だったのでエッセンスがあるかもしれないと探してみると、
アラスカンフラワーエッセンスのリサーチエッセンスにありました。
他にも、
http://www.wildearthwisdom.com/index.php/essences/arctic-essences
http://www.floracopeia.com/Store/FlorAlchemy-Flower-Essences/Purple-Saxifrage-Flower-Essence.html
Reconnect–この記述を読むと、どうもWater violetに通じるものを感じます。

にあり、どちらもアイスランドの花で作られたエッセンス。
とりあえず本家にはないのですが、他サイトで手に入るアラスカンのエッセンスを注文。

The Practitioner’s Encyclopedia of Flower Remediesという本の中にも、purple saxisfrageについての記述があり(Google Booksで一部閲覧可能)ますが、、どのエッセンスについてのものなのか定かではありません。

氷河の後退した荒地に一番に入ってくる植物だそうです。石灰の多い土地に生え、極北、あるいは4000mを超す高地にも生息しています。花弁は食用でき、苦味から甘味へと変化します。イヌイットの名では”赤い何かに似ている”花という通り、ムラサキというよりモーヴからマゼンタ色。もっとも早く咲き春を告げる花。

とにかく、一年を内包する今日のエッセンスとして受け取りました。