メッセージ ARRIVAL

映画『メッセージ』を観てきました。 原題はARRIVAL
冒頭から音に圧倒されました。
そして「ライトランゲージ」宇宙語に関する要素が散りばめられていて、おもしろかったです。
外国語(新しい言語)を獲得するということは人の思考・考え方に影響を与えるという周知の事実がここでは仮説として引用されています。

以下ネタバレ注意

・音には意味がない そこに多層な情報が載せられているだけで、音を単語として逐語訳することはできない
・彼らの言語は直線的時間概念によるものではない
 リニア的言語ではないということが書かれる円の文字に象徴されている
・この言葉は人類を存続させるのに必要なuniteするため、時間・次元の概念を変えること、そして危機を予知するためのギフトだった

もう一つおもしろかったのが、娘HANNAHの存在。
それは、古事記に一度だけ出てくるという菊理姫の存在を思い起こさせる。
(菊理姫のエッセンス、年初に取り寄せ、まだ一度も摂らずにありました。これだったのか!)

見終えて、改めて「私にとってライトランゲージを学ぶことは何を意味するのか」と考えました。
これまで、Journey on のビジョンを現実にするものだと思っていました。
そしてヒーリングが起こること、(unconditional)Loveを理解する手立てであり、世界に拡げうるもの、そんな風に思っていました。

このテーマでのライティングです。話した後に、シンボルとしてライティングを受け取ることを意図しました。B20D219D-04CE-43EC-8FB9-8E157FA80672
敢えて言葉で受け取ってみると、”know yourself” それがメッセージでした。