迷走する6月

ちょうど1週間ほど前から吹き出すようにあちこち調子が悪く、加えて筋肉痛で足が上がらず、当日は3時半に痒みで目が覚めたまま朝を迎え–そんな中コアジサイを探しに山歩きに出かけました。

諦めかけた頃、相棒が小さな白いコアジサイを見つけてくれました。
そこからしばらくは登山道を縁取るようにたくさん咲いていました。
私は、花は素敵だけれど、どちらかと言うと深く濃い緑色の葉が表す潜在意識に暗さを感じていました。

傍に腰をおろし、耳を傾けてみます。

私はあなたのことを良く知っています
この星の最初から記憶しています

伝えたいことは、私の智慧を使ってほしいのです・・

コアジサイは山の斜面から冷気が立ちこめる、そんなひんやりした空気の場所に生えていました。IMG_0783

その日は歩くのにあまりにも時間がかかりすぎ、ゆっくりはできませんでした。
そして歩くことを修行のように感じ始めていた時、唐突に生かされていることへの感謝の言葉が出てきました。

不思議に思いながらその後もなんとか歩き続けたのち、その日最悪の急登が始まりました。
岩戸山の山頂の手前で休憩しながら、予定の(未知の)コースを進むより引き返すべきなのではないかと真剣に悩みました。
疲労はピークに達していましたし、下山のバス時間に間に合う自信がありません。
一人なら多分引き返していました。

けれども実際は、そこから歩き出すと道は格段に楽になり、十国峠に差し掛かると素晴らしい展望が待っていました。三保の浦から愛鷹山、箱根の山々、湯河原の海岸線、360度見渡すことができました。IMG_0791

それから数日は吹き出した発疹がなかなか治らないため何も摂らずに過ごし、やがて引いてきたのを見計らって再びコアジサイのエッセンスを摂りアチューンメントしてみました。

目の癒し
アジナチャクラ、額の斜め上方中空のポイント、クラウンチャクラ、そしてその上方へ感じるものがありました。
このラインはシャガのエッセンスを取った時のものと似ていました。
そして深いところの癒し
祈りの歌

この星の原初の記憶があなた方の中で目をさまそうとしています

というメッセージを受け取りました。

このメッセージには覚えがあります。
昨年の7月の終わり頃、繰り返し受け取っていたメッセージがこれに似たものでした。
心の奥底にある古い記憶を憶いだしなさい というもので、
そのために石-レムリアンシードを探したのです。

射手座の満月のあたりから、明らかに喜びを求めて歓喜していた少し前のモードが波が引くように消えてゆきました。
夢見も悪く、それからは言葉にしづらい何かがお腹にあるような、そんな時期を過ごしていました。
コアジサイを摂り続けていましたが、ここ数日もその感じは変わりませんでした。
ですから、コアジサイが何かを浮き上がらせているのかもしれないと思っていました。

昨日は中国茶の世界に浸り、私が求めているのはこの世界だと再び思い始めました。
ひとりの、無言の(理想の)空間をシェアすること。
人と交わるコミュニケーションとは反対のこと。

雲行きが怪しいなと心の準備をしながら夜Timewaverのセッションを受けました。
チャクラのチェックをしていただくと、セイクラルチャクラが低い値でしたが、リストのトップ3にあったのはソーラープレクサスチャクラについてでした。

本人もうまく説明できない不安の中にあって意味が無いだろうと思いつつ、
今気になることを設定にし、調整を受けました。
「私は喫茶店を開業します」
開業するだけは誰でも可能なので、継続するために金額を。
「私は喫茶店で月20万円を売り上げます」
すると返ってきたのは・・「私は両親が思うより上手にそれをやりくりできます」・・・
和楽のエネルギーのバランス
それから今日再び目の前にぶら下がった人参についても。
「私は軽井沢に移住します」
これは私自身の心身のバランスにとって良いことのようでした。
和楽の感情のバランス
再びチャクラをチェックすると、ソーラープレクサスがしぼんでいました。

「ソーラープレクサス、自分軸に関係するエッセンス無い?」と言われ探します。
和楽の姫河骨、あるいはI AMーでも持っていませんでした。
フィンドホーンは先ほど箱詰めしてしまって出せません。
ならば好きなエッセンスをとヒカゲノカズラ、
OPENDAYで摂った菊理姫を百会にかざしてみるもクラウンチャクラ周辺のみが活性化。

それでは今とっているコアジサイはどうかと握ってみると・・
なんと、全てのチャクラがバランス良く回り始めました。
大きさも揃って少し膨らんでいます。
顔の周りにチャクラが写っている画面では、回転する様子-速度もわかるのです。

この不透明な感じはコアジサイ>潜在意識の何者か発と思っていたのですが、
コアジサイは良く働いていることがわかりました。

注意深く振り返ってみると、そこにはパターンがありました。
度々報道された世界各地でのテロのニュース、そして活発化している地震によって揺り起こされたのも恐怖だと思いました。
私はニュースや映像にいとも簡単に影響・侵害されてしまうのを再確認しました。
そして、その根底にはもともと埋められている恐怖の引き金があるのだと自覚しました。
良く見る悪夢のパターン。
追いかけられて逃げるけれど恐怖で足がすくむ。
鉛のように重い足が思うように動かせない。
書いていて、ハッとしました。
太腿裏の筋肉痛だけがいつまでたっても治らないこと。思うように歩けない中での行軍。
芋づる式に繋がっているのでした。

夜、しばらくぶりで今夜の学びは何かとギャラクティック・ルーツ・カードを引いてみました。
すると、引いたカードと共にめくれて飛び出したカードが先に見えました。
それが 47 レムリア期 地球 過去 のカード
肝心のカードは 28 原初の恐怖 爬虫類型 パラレル でした。
このテーマについてはこれ以上は自分で掘り下げるのは無理なので、ライトランゲージでワークしようと思います。

この期間事象としてこの期間気になったのは–修道女の過去生、ストイックな女性エネルギー、
そしてポジティブなものとしてはspontaneous, sustainability, そして限界を超えると言うテーマ。
かなり得体の知れない不安のようなものを感じていましたが、
実は田んぼと山頂の展望からはポジティブなテーマも受け取っていました。そこに鍵があると思えます。
「この田んぼの稲がしっかり根付き健やかに育ちますように」
と言う願いが
「日本中の田んぼの稲が健やかに育ちますように」
と言い換えられ、そして
「世界中の田んぼの稲が健やかに育ち実りをもたらし人々を食べさせることがますように」
という祈りとなりました。
水が入った田んぼで流されそうになった苗を植え直しながら、自分のする小さなことと世界が繋がっているのだと感じたのです。

コメントを残す

CAPTCHA