コアジサイ

ある日の内なるメッセージ。

あなたのこころに転がっているものたちを片付けましょう
多くのものが散らばっています

中には捨てればよいだけのものもあり
箱につめて仕舞うべきものもあります

今日は片付けましょう

Qこの学びを助けてくれるエッセンスはありますか?
A コアジサイ ほしのしずく カミングホーム・エッセンス

実は、ちょっとした勘違いからコアジサイの紐解きがはじまりました。
「片付け」と聞いて=「断捨離」捨てることと早とちりしたのです。

実際どうしたらよいものかわからず、質問をし直観で答えるということをしてみました。

Q 捨てればよいだけのものとは何ですか?
A 知識 見栄 同情 義務感 制限

Q 箱につめて仕舞うべきものとは何ですか?
A 思い出 好き嫌い

Q 引っ張りだして光を当てるべきもの、出番を迎えているものは何ですか?
A 光の柱と放射を放つクリスタル これは珍しくイメージを見ました

Q 私が心の外からあつめようとしているものは何ですか?
A 私のことがわかりますか? あなたの・・・ 

何かキャッチしたようです。
62

(数字や意味の通りにくい繰り返すひらがなの時はたいてい八百万の神さまに関する通信です。)
メッセージを聞きかけましたが中断を余儀なくされました。

その翌日、継続のメッセージ。

あなたの心の整理をするには手伝いが必要です
コアジサイをしばらくとることです

絵から読めるものは
コアジサイの象徴するもの=8
浮遊物のように点在する心のゴミ、アイデア、そして奇妙な形の粗大ゴミ!
これがビフォーということのよう。

さらに翌日、、

私のことを呼びましたか?
私はあなたにひきよせられました
私の差し出すものを受け取ってください

私はするのです
たのしみにすること主なる・・
この世の美しさの源・・

コノハナノサクヤヒメ

私が差し出すものは
この世の美しさと醜さです
このどちらもが私のもたらすものなのです

そのために私はあなたのもとをたずねました
あなたの中にある醜いものを排除しようとする強い意志を変容させるのです
醜いものをそのままにするのです
そのままにあなたの一部として

2011年4月、思えば東北の震災の直後に富士山本宮浅間大社をたずねたことがあり、古事記に書かれている程度のことは知っていました。
けれども桜を連想させるロマンチックで美しい名を持つ神さまと、富士山ーその象徴するものの大きさとの間にギャップがあるように感じていました。
そして火の神だという由緒への違和感。
既に桜は散っていましたが、朱色の鳥居と楼門、白い鶏、シャガの花・・・
この場所を訪ねた時には豊富な伏流水と湧き水による清浄な土地、水脈の発するエナジーが印象深かったです。
この日は祓えの強い風が吹いていました。

コノハナノサクヤヒメ
そのイメージからはソメイヨシノを私も連想しました。
そしてソメイヨシノを摂っている時に、「心をすすぎなさい」というメッセージがを受け取っていました。
しかし、いつもの感情の浄化のことではないようで、そこは疑問が残りました。

ホツマツタエ、カタカムナ、アワの歌はかなり広まっている印象ですが、個人的には必要ないと言われていました。
けれども今回は気になったので、ホツマツタエの本を買い、持っていた古事記と比べたりwebで調べてみると、いくつかキーワードが浮かんできました。

鹿児島ー四国ー富士山ー浅間山
イワナガヒメと対というか表裏であること
永遠のいのちと限りあるいのち
統合ー不二
火と水
ヒフミ神示の記述

片付けー捨てる のでなく 統合、ですか。
コアジサイのキーワードのひとつが統合です。

そして一連のソメイヨシノの頃の日記から読み返していたら、その続きで香取神社へ行きなさいというものがありました。
そして、私に必要なのは火の要素であり、St.John’s Fire(ヨーロッパでは夏至の3日後に大きな火を焚くフェスティバルがあります) のように焚き上げることで発露を助けるとのことでした。
その時、南の太陽への礼拝と邇邇芸命とつながりなさいと言われていました。
なのにすっかり忘れていました。

そしてコノハナノサクヤヒメはニニギノミコトの妻でした。
火山を鎮める役目を持っていたと思われる富士山におわします姫神。

天まで届かんばかりの大きな火を燃やすこととは、あたかも祈りを上げること。
自然へ感謝の気を捧げることが木を助け、ひいては人を助けること。
人からの(Findhorn流に言うなら)Love in Action。
六甲山の磐座 陰 が気になりだしたのはこうして見ると当然でした。
同じメッセージを何度となく読んでいるのに、ただ読み過ごしてしまう時とこころに響いてくる瞬間があるのです。

そして、自然や八百万の神さまから警鐘のメッセージを受取っているものの、どうしてよいかわからなかった私にとって、
これもひとつの答えなのではないかと思えました。

コアジサイを摂っている間、私にはHow?どうやって?という順序を無視してー 水たまりをひょいっと飛び超えるようなインパルスが働いていました。
心の片付け方がわからず部屋の片付けを夜中に始めてしまい・・結果、自分が外に出かけられないなら来てもらえるように部屋を整えようか?と思えてきました。
青梅を買って来て手順も確かめずに漬けてみたり!下準備を省略して料理してしまうとか。

思えば「今、大地のエッセンスを摂るべき時なのではないか?」と湧いて来たひとつのインスピレーション。
意味もわかっていないのに、口をついて言葉が勝手に出てしまった、そんな感じでした。
それがこのワークショップをお手伝いすることになったきっかけでした。

今日のメッセージ (コアジサイ)
FullSizeRender (3)

私たちには引き寄せる力があります
そしてまとめるのです(花から取り込む)
そうすることで 得られる理解があります

花の容姿からシナプスの結合、あるいは脳に走る毛細血管を連想していました。
こんな風に、私も対話を重ねていますが明子さんによると、
カミングホームのエッセンスは、驚く程使う人によって感じ方が千差万別なのだそうです。

9つの花のエッセンス、そして4つの大地のエッセンスを作り世におくり出すまでのこと、地球や大地の平穏と内なる平和について。
6月15日水曜日、18時半より 渋谷にて カミングホーム・エッセンスのワークショップがあります。
ぜひ水谷明子さんと体験をシェアしてください。
より深く、大地のエッセンスに触れていただけるよう準備中です。

必要な方に届きますように。

コメントを残す

CAPTCHA