これからは自家焙煎

妹に教えてもらって以来、時々コーヒー豆を焙煎している。
昨夜は涼しかったので、よし、と夜中に始めたのだ。

カセットコンロに金網でできた小さなロースターをセットしてハンドルを回し続ける。
一度にできるのは100g。
火加減を見ながら炎を見つめていると、不意に薄皮と火の粉が散る。
豆の爆ぜる音に耳をすませながら無心でガラガラと豆を煎る。

今まで火加減が弱くて失敗していたので、やや強めの火加減で煎ってみた。
豆が色づいて来てバチバチと鳴りだしたら一はぜ。
そのまま続けているとピチピチと再び鳴りだす。
これが二はぜ。
そしてどこで火を止めるか、そのタイミングが大事。
止めたらすかさずドライヤーの風で冷ます。

グァテマラ_レタナ農園1
グァテマラ_レタナ農園3
グァテマラ レタナ農園

焙煎を終えた豆は膨らんでツヤのあるいい色に仕上がった。
そのままザルに置いていたら、夜中に時折パチッと弾けるような音がしていた。
よく見ると、丸いハゲのように一部皮が剥がれている豆がある。
弾けたように聞こえたのはそのためだった。
火力が強く表面が焼けすぎてしまうと起きる現象なのだそうだ。

マンデリン1
マンデリン3
マンデリン

昔はどこの豆が美味しいかとか、隠れ家のような喫茶店を探すのが楽しかった。
ここ数年サードウェーブだそうだけど、いまひとつ心が踊らない。
家ではNespresso時々ハンドドリップ。
もう理想や好みのコーヒーを探すことにも飽きてしまった私も、自ら焙煎するのは楽しみになった。
独りで黙々と夜中に豆を煎る。
そして部屋は煙で濛々。