ヒーリング・ザ・コーズ

以前FFEトレーニングを受けたにも関わらずプラクティショナーにならなかった理由はいくつかあるが、私自身がハイアーセルフと繋がっていなかったことが大きい。
最初にフィンドホーンを訪ねて以来、私の悟性でない”何か”からの導きを感じて進んではきたものの、それが何なのかもわかっていない。
そのような存在とコミュニケートできる超感覚的知覚を確かなものにするためのトレーニングこそが必要でやりかけたけれど、
クライアントにどれだけ真摯に向き合えるのか、そう問いただした時に今の私では責任が持てないし、人間として未熟だということは明らかだった。

友のひとりはダウンジングをすることの危険性を私に警告した。
そして恩師は”君をここに連れてきたものはきっと良きものに違いない。けれども、そのようなものに訊かなくても自分の意思で歩けるはずだ。”と迷う私に言った。
“瞑想は良いことだけれど、それよりも行動することが重要だ”という言葉も何度となく耳にした。
仕事柄コンピュータへの依存が大きかったこと、まわりの人の理解が得られなかったことも大きかった。

けれども、今思えばそれらの助言はすべて”男性”からのものであった。
10年以上の月日が経った今、象徴としての”男性社会”に降参したという状況に私はあった。
実は昨年引っ越しをした際に、17年前にフィンドホーンから持ち帰ったエッセンスキットをすべて処分した。
(さすがに経年劣化でボトルも痛み、中身も大丈夫なのか確信が持てなかったので)
そうして手放したのに、同時に私はふたたびエッセンスを必要としていたのだ。

今年になって再びフェイスブックでマリオンを見つけつながりを求めると、4月に12年ぶりでマリオンと再会することができた。
5年ぶりだという来日によるFFEトレーニングのことを知ったのは開催の1週間前、何日か悩んで数日前に参加を決めた。

トレーニングに参加してみると、独学しようと思っていた時には考えもつかないような気づきがたくさんあった。
今回こそはプラクティショナー認定を目指そうと思う。(あくまでもエッセンスを扱える資格を持つという意味で)
けれども花の言葉を理解し、降ろされた叡知と共に働くには、自身のハイアーセルフ、あるいは内在する神とつながりを確立しなければならない。
トレーニングを再開するにあたって、具体的に必要なのはアンタカラナ=橋を渡すこと。
求めればHigher worldの存在は応えてくれるとマリオンは言った。
ならば、内なる声に求めよう。

そしてチャクラや全身のチャネル・ナディの浄化をすることが必要だった。
自覚している心身の不調は山積みなのだ。
もうひとつわかっているのは”すべて自分で解決しなければならない”という強いパターンがあること。
そして、それには限界があるということも身に染みていた。

そんなことを思いながら、このトレーニングをサポートしてもらおうとエッセンスを選ぶことにした。
インスピレーションによってコンビネーションの中からペンデュラムによって選ぶことにした。

Angel : Risk
カヌーに乗ったエンジェルが荒波の中パドリングをしている様子
*このカードを引いたのは初めて!だ

ハイアーセルフと繋がる     ヒーリング・ザ・コーズ
内在神とのカンナガラを意識する プロスペリティ

今回はヒーリング・ザ・コーズを選んだ。
そしてプラスしたのはエアーのエッセンス。

エアー 1
ウォータークレス 2
エインシエント・ユー 3
エルフカップ・ライケン 3
ゴース 2
シカモア 3
スノードロップ 2
モンキーフラワー 2
ローワン 2

10/17
10/5のエッセンスはまだ必要
両掌、喉(顎に近い)にセンセーションがあった。
“原因”とは何なのか?瞑想してみたが、答えは得られなかった。

10/18
喉、眉間にセンセーションがあった。
曲: チャイコフスキー 1812年(祝典序曲)第5部Allegro vivace の部分
1812年はナポレオンのロシア遠征の年。大砲に鐘は鳴るし、派手な曲だ。
イメージは得られない。

10/21
掌、喉にセンセーション
すべてをむすぶ
画:縦に直線 その上に6つのインフィニティ8<チャクラだと理解した。
Q全て結ばれていますか?
第3と第4チャクラの間がX

この日は鳩尾に身体的に不調を感じていた。下着がろっ骨を圧迫する
出かけたこともあって11時には就寝。
頭上にボトルを置いたまま寝る。

10/27 Angel:Responsibility
出がけにツユクサのエッセンスのことを知り、友人のことを想いだしていた。
そしてまた涙した。
私が17年前にフィンドホーンを訪れたのも、今このような道を歩いているのも22年前の彼女の死があったからなのだ。
長い時間をかけて理由を探し、納得し、癒して来たつもりだったけれど、一瞬にして痛みは蘇った。
たまたま彼女を思い起こさせる花を見て、そして歌を耳にしたからだと思っていたけれど、夜改めてエッセンスを摂って瞑想するときこえてきたのはその曲だった。

このときの喪失感を、友達とも、好きな人とも、家族とさえも分かち合えないのだと、人はどこまでも孤独なのだと深い海溝の闇を覗いたように私は受け止めた。
the cause とはこのことなのだろうか。

10/30 Angel:Transformation
瞑想をすると浮かんで来たのはあの曲、そして彼女のことだった。
そのまま辿ってゆくと言葉が湧いて来た。

“本当は助けたかった”

helplessness
ひいては私では役にたたない、必要とされていないという感情。
この無力感は私の中で反復しているテーマだと思った。

11/7
“本当は助けたかった”
これが本当の理由だったのだとわかった。

彼女とは高校3年生の時に出会い、夏休みをともに過ごした。
その後彼女は大学に進学し、入退院を繰り返していた。
学校も違えば育った環境も違い、手紙でのやりとりをしていたものの実際に会って話した機会は数えるほどだった。

なぜ、彼女の死がこんなに深く私に影響を与えたのかと思うところもあったのだ。
けれども、言葉を押し流してしまう程強い感情は涙になってしまい、理解を妨げていた。
長い間”死に対する恐怖”そのもののショックがそうさせているのだと思っていた。
もちろん、そのことも理由のひとつだったのだろうけど、それだけではなく私の良心(魂)の呵責によるものだったのだ。

当時、私がした以上にできることは何もなかった。
そしてアイリーンの言う通り、彼女は役目を終えてこの世を去ったのだ。
それでもなお、今も心にしこりがあるのは私の中の問題なのだ。

人の慰めになりたいというのは言わば2次策、妥協案だった。
慰めは一時的なものであり、傷は癒す必要がある。
そして癒しはその人自身の内から湧き起るものだというのが今の私の理解だ。

自らを癒す その助けとなるのがフラワーエッセンスだと思っている。
そしてフラワーエッセンスとともに一助となりたいというのが私の良心の望むことなのだろう。

12/6
スージーのセッションを受けてわかったことがあった。
私が今の道を進もうとしているきっかけはやはり彼女の死があったからであり、
それは彼女の残したギフトであり、私のライフ・パーパスに深く関係しているのだとスージーは言った。
そして彼女はかつて私のsisterだった。
だから、そうだったんだ。
そして、まだ癒えていなかった。
気づいただけー言葉で、マインドで理解しただけでは不十分だったのだ。

the heaviest thing

FFEトレーニング中のケーススタディとして私の抱える問題に対してエッセンスの処方が試みられた。
その日の夜、エッセンスを調合し摂り始めた。
経過を記しておく。

エッセンスと滴数 その効用、響いたキーワード、(適応する症状)、 *考察

Cherry 2 
ハートを開き、心を開きなさい。生まれ持った否定的な気質を克服し、高潔にふるまいなさい。どんな困難や争いも乗り越える無償の愛。 
(二つの見方が対局にあってせめぎ合っている。)
*4月に自分にとって必要だと思ったエッセンス

Elf Cup Lichen 2 
心のそこにある否定的な感情や、破壊的な衝動を手放し、浄化しなさい。感情体をきれいにして、前向きな変化と成長の為のスペースを空けなさい。
回避することができない過去の問題や、そのパターンに対処する。自分の嫌悪する部分を受け入れる。
(反抗的な感情がコントロールできない。 否定や否認によって、自分の寛恕を隠蔽し抑圧する。 自分の否定的な反応パターンが理解できない。) 
*ライケンは肺組織をイメージさせる。父の病(あるいは家系の病)にとって良いのではと思っていた。
ハンドブックの写真を見ると、レインディアライケンのなかに真っ赤なエルフカップが目立つのを、まるでレインディアライケンに囲まれて(自分が)アレルギーを発症しているようにも見えた。        

Rowan 3 
自分自身やまわりの人たちと、平和な関係を築きなさい。自らの責任で過去を癒しなさい。抵抗はやめて、相手を許し、前へ進みなさい。
過去の苦しみの原因を癒す責任は、自分にあると認める。手放すべきものか、持っている必要があるものかを、見分ける力。
(自分は訳に立たない人間だという思いから、不安定になる。)
*赦すとか手放すということが昔から大きな課題だと思える。 父以外にもある人に対するゆるせないという強い感情が強く、私の人生からその人を閉め出すという行動でバランスしている。

Ragged Robin 2 
あなたの体と内なる回路を清め、自由で豊かなエネルギーの実現を阻むすべての小外部通を手放しなさい。ナディを清める。魂の特性を具現化する選択。
内なる自己に波長を合わせて生きる。
(解毒 微細なエネルギー回路の障害物が、生命力の流れに、乱れや摩擦を引き起こしている)
*感情の毒が体に影響しているというのは私のパターンのひとつである

10/5
セッション中に避けた、あるいは認められなかった言葉 「責める」「怨恨」エッセンスを摂った後に、確かに私は責めていたし、長年引きずり積もった感情は怨みと呼んでもおかしくなかった。けれども、セッション中にはブロックが働いていたようで、その問いかけに対して頭は真っ白になり機能しなかった。
自分を父に投影しており、父のことをそんなに嫌いではないのではないかとのこと。

10/6
翌日、数人の方から話しかけられた。コミュニケーションによるサポートを受けた。
チャクラのチェックはひどい結果だったが、これまでの生活状況を考えるとその通りだろうと思う。ナディをきれいにし、チャクラのバランスを整えるのに適しているジェムエッセンス、そして7Raysについてフォーカスして勉強してみようと思う。
クリアーライトがハイアーセルフとのコネクションであるブリッジをかける手助けをしてくれるということを覚えておこう。ただし、その前に癒すべき問題が心身ともに山積している。

10/7
「過去のことは流すとして、今のことについては・・・」という言葉が出た。30年前の出来事と今を切り離すことができたようだ。
マリオンにエッセンスを摂ってみてどう?と訊かれ「時間がかかりそうだ」と答えた。すると、「ホメオパシーでは治療期間は3ヶ月というしね」という返しだった。
エッセンスが速く効く事は経験上わかっているし、これまでボトルをすべて飲みきったことはほとんどなかったが、今回はせめてボトルが空になるまでは飲み続けてみようと思う。         

10/21
毎日の生活の中は現在進行形であり、いつもそんなに切羽詰まった状態ではないのだが、
ただ、父のすることを許せない限りは物理的距離を置くことが必要だ。
父の行動の中に、”病気”を感じることもその原因のひとつだと思う。そして、その傍らに居ながら自身を健康に保つことは難しいと感じる。

祖母のために家にいることは必要なことと思いしばらく家にいてみたけれど、私が家にずっといることは父のためにも私のためにもならない。
週に数日、あるいは一日の内数時間、定期的に家から離れる方が良いのかもしれないと考えている。

11/13
1ヶ月飲み続けてみようと思っていたけれど、実際は摂る事を忘れてしまって継続が難しかった。
ボトル半分ほど残してこのエッセンスの摂取をクローズすることにした。
セッションでシェアした感情の状態は一番酷い時を反芻した状態あり、このエッセンスを摂った後に同じような状況には至らずに済んでいる。

しばらくぶりで昨日、父のしたことにキレそうになった。
それは、以前から薄々感じてはいたものの決まった時間帯と食べ物の影響が大きい。
夕方には目も耳も疲れていて、血糖値も足りない。
そこへポテトチップ(このポテトチップ中毒は後の課題)と父のことが着火剤になるのだと理解した。
私の受容を超えるイライラの3割くらいはこのパターンに由来するものだと思う。
真面目に改善してゆかなければ。

今回のエッセンスのプラクティスを通じて、張りつめたテンスはいくらか弛み、自分ではもうどうにもできないという無力感は無くなった。
もちろん、全てが解決された訳では無いが、これからも続いてゆく関係性の中で自分はどうすればよいかがわかるようになったことは大きな助けになりました。

Bell Heather

12年ぶりでFindhorn Flower Essencesのコースを受講。
Group Angel : Patience
Angel : Wisdom

Go through the path
         その道を通り抜けて行きなさい 
イメージしたpathはFootpath フィールドに人の踏み跡でつけられた細道 調べると”通る権利”があってのFootpathらしい
大きな意味ではFEや霊性を学ぶ道
Antakalanaのことにも思える

最終日はEssenceを作り、懇親会でお互いをねぎらいMarionとハグしてcompletion。
Marion、そして一緒にワークしてサポートしてくれた皆さん、ありがとうございました。

IMG_4267

祝福が降り注ぎ空間に満ちていました。
そして内からは感謝が湧いてくるようでした。

IMG_4262

IMG_4277

IMG_4280

鈴なり gathering
Inner Peace, strength
Oasis
Wind, Moor
ロビンソン・クルーソー 後で調べたら酷評が多くケッタイなお話のようですが、無人島に漂着し、良い面にだけ目を向けて自分を慰めたとか、幸不幸をバランスシートに作って自分を納得させたとかー 生き残った強さを取り上げるべきなのか・・・
右耳
小さなグループが三々五々に違う道を行っても、行く先はひとつ、根は一緒
教室に戻ってから 頭がぐらぐらする感じ、胸の圧迫・動機

一夜明けてハンドブックで答え合わせ。
私にとって確かに必要なエッセンスでした。きっと多くのプラクティショナーを目指す人にとっても必要なものだったのだろうと思います。

IMG_4284

IMG_4286

after going through the uncomfortable time

昨年末の講演会で組織の在り方について経営者が一番最初にしなければならないことは”ヴィジョン”を明らかにすることだと星野氏は言った。
組織を作るつもりは無いけれど、自分自身を鼓舞させ納得させるだけのヴィジョンを明確にすることと置き換えた時、私にとってこれが難題だった。

ヴィジョンは考えたものの、実際の仕事とどう結びつけて良いのか、、
取りあえず”できそうな事”から手をつけ試しにやってみるということをやって来て、もうすぐ一年が経とうとしている。
そしてここ数ヶ月、その手も止まっていた。

喫茶店を始めるならば、どんな店を作るのかを決めさえすればやるべき事は大体決まっている。準備をしながら資金を作るだけだ。
まずはこれらを決めることが必要だ。
・どんな喫茶店を作りたいのか 何を誰に提供するのか=コンセプト
・生計をたてる=お金をどう生み出すのか?

お金を得る手段として一番手っ取り早いのが物を売る事であり、そして商品は自分が納得できるものでなければならなかった。
だから一杯のお茶と場を提供したいと考えたのだが、
喫茶店に思いを馳せるとそれは癒しと心地よさの追求であり、”私の今までの経験が役に立ち、出来そうな事”が全てだった。
心地よさへの拘りはキリが無く、追い求めるほどegoを拡大させているように思えてしまう。
けれども提供したいものがある種の癒しであることは確かだ。

心地よさは慰めにはなっても一過性のもので終わってしまう。
本当の癒しとは自身で気づき、こんこんと涌き出す水のように内から滲み出してくるものだ。
自分を癒すには自信を持つより他になく、自信はみずからの努力によってしか生まれない。
そして自分に由り癒すことができるなら、その人は変容し”自由”になれるのではないだろうか。
それが長い旅の後で私に降りた気づきだった。

過去を振り返って自分が今までしてきたことをすべて書き出して、それらを総動員して新しい仕事を作り出す事ができるとソーシャルキャリアカウンセラーのベリンダは教えてくれた。
そのことを一昨年あたりからずっと自問し続けた結果、色んな要素を盛り込んだ喫茶店という場を作ることだと一度は思ったのだけれど、具体的に考えてゆくほど近視眼になり、最初に決めた筈のヴィジョンをすっかり忘れていたのだ。

「旅する魂を応援する」
それが Journey on のヴィジョン。
私の”おせっかい”という質そのものを(抑えたり洗練することは必要だけど)仕事にしたいと思う。
甘いお菓子ではなく救急箱の絆創膏に、あるいは変容を求めて旅をする人の足に痛い小石でありたい。
基本は喫茶店だが、もうしばらくはチャレンジしたことのない未知の分野の要素にも自分をオープンにしておきたい。

停滞感から脱したと感じるのは、こんな映画を観たからだった。
日本語版☟全編無料

メモ
クロップサークル 同じ事を思っていた
フリーエネルギーの実現は世界を成長させる
ARK NOVA のドームもトーラスだった
世界経済のカラクリ 
合気道 相手の力を自分の力に変える

パタゴニアスペシャル1

チャンネルを回していたらたまたまBSフジでやっていた番組。
Top Gear
制作はやっぱりBBCだった。

オジサン三人だけど、なかなかどうして。
中古スポーツカーでアルゼンチンからチリはパタゴニアを目指して旅していた。
しかし、ルートが普通じゃない。道なき道をゆく。
クレイジー以外の何者でもない。

想像を絶する悪路と天候に広大な景色、悪ふざけにイギリス英語で語る車の魅力と蘊蓄。
立派なロードムービーじゃないか。
車好きでなくても見入ってしまい、久しぶりで興奮した。

来週のパタゴニアスペシャル2も見逃せない!
超長寿番組らしくDVDもあるし、しばらく退屈しないですみそう。

獣としての人とは

生まれ、生きて、子を産み落とし、育て、死んでゆく。
そういうものだ。

私には獣より植物の方が親しい。
20代後半まで、生物としての人の一生は植物のそれと大差ないと思っていた。
その頃の私は自分をタンポポの綿毛のような旅をする種になぞらえていたのだが、師であったアンドリューは人間は植物とは違うとはっきりと言い、いったい何が違うのかとぽかんとしたことを覚えている。
私がイギリス–西洋に行って(そういうおおきなくくりと対比によって)感じた差異の中には、人間が世界の中心であるという無意識の大前提と所有の概念、1個のものを立体としてとらえる存在というものへのフォーカスの強さ、そして唯一の神を信じる求心力があった。
それらは私が日本で暮らしていた間には意識したことが無いものだった。
たとえ自由意志と思考力、行動力を持つとしても人間だけが特別だとか、地球上の生物の中で優位だとか重要だとは思っていない。
ずっと人間は地球の地表を覆おうとする雑草なのではないかと思っていた。
そして植物界に私は純粋さと理想–美を見いだしていた。
わかっていたことは私の鏡は植物界であるが故に、自分に欠けている部分が多くあるということだった。
Plant KingdomとAnimal Kingdomの違いを思うとき、その差は個あるいはグループの結びつきの概念とより能動的に種を保存しようとすることだと思う。
そして獣にはアーキタイプとしての”情”がある。
獣とともに生きようとする主人公エリンの物語の中にそういう事が垣間見えたような気がした。

先を急いで貪るように読みたくなる本がある。
『獣の奏者』もそんな本だった。
そこには実在はしないけれど、見知らぬ国の言葉と文化と人の生き様があり、息づかいまで聞こえてくるようだった。
動物界を鏡にして、人のありようを問うのだった。

物語の命は芽吹くとどんどん育ってゆくと著者は言う。
「姿」というビジョンを持ちながらも決して構成を作るのではなく、注意深く「物語の佇まい」に耳を澄ませて言葉を紡ぎ整えるという方法を私なりに理解するなら、その過程もやはり”アチューンメント”なのではないだろうか。
創作するという意味において彼女は主神にもなりうるわけだけれど、私にはそうでなく、三位一体によって書いているように感じられる。
だからこそ、私は彼女の物語に惹かれるのだろう。

一週間ほどで読んでしまった。
そして『外伝』として書かれた五巻目の物語の中に、思いもよらず癒しがあった。
「人生の半ばを過ぎた人へ」
そうあとがきには書いてあった。
名指しされたようで、どきっとした。

獣の奏者 上橋菜穂子 著