少し前のUnknown Tea Roomでのこと、
あの日参加してくれた方と話した帰り道、ふとこんな思いが過りました。

私には継ぐものはなかった。
無いからこそ自由でいられるのに、なのになぜ今も縛られているのだろうか?

注意深く思い返すと、幼い頃から祖母に言い聞かせられたり、父の故郷への想いや家に対するこだわりを私は感じて知らず知らずのうち汲み取っていたのだと思います。
早くから家を出ていたにも関わらず、最後は自分が両親と祖母の面倒をみて、無意識のうちに家系の責任も取らなければならないのだと思っていたのでした。

でも、事実は最初に書いた通りです。
幻想だったのだと思いました。
ですからまるで必要のない役目を引き受けることを辞めようと思いました。
生きることは苦労に耐えることーーそんな思い込みも捨てるだけです。
先週のしいたけ占いにあったーー私にとってタイマンはる相手はご先祖様でした。

とは言え、戦争の最中で命を繋ごうとした祖父とその人生を家族に捧げた祖母に、やはりご先祖さまに、そして私たちに命を与え育てた父と母にただ感謝しようと思います。
生きていること、それこそが感謝すべきことですね。

コアジサイ再び

毎月開催されている 浅野典子先生 による ファー・イースト・フラワーエッセンス 12の花ごよみの講座
この日のプルービングで受け取ったのはこんな短いメッセージでした。

この世界の始まりは
私の中に記憶されています

この記憶を呼び覚ます時
私たちは船に乗り 来た道を還るのです

その時の自分の状態によって、エッセンスから受け取るものは変わります。
短いメッセージにはアカシックレコード、そしてワンネスへの回帰ー銀河系宇宙種族の旅の道のりが記されています。
エッセンスは全ての情報を含んでいますが、自分に必要なものしかー受け取れるものしか知ることができないのだと先生とも話しました。

講座の中では日本の文化の中での紫陽花、文学的な視点から—たくさんお話を聞きました。
みなさんがシェアしてくださったプルービングで感じたことや浅野先生の独特の感性・・聞いていると自分には持つことのできない視点・感覚を疑似体験しているようです。

さて、紫陽花の祖はガクアジサイなのだそうです。
コアジサイは、額紫陽花の額を取ってしまったような姿です。
額ー装飾花を自ら脱ぎ捨てた、そんな感じもします。
装飾花が無いことで、その茎が良く見えてきます。
紫の美しいグラデーションを見せる茎?は花柄との境目が曖昧です。
今朝、なんだか気になって自分でも調べることにしました。

木(本)か草(本)かの違いは、この茎か幹か細胞が成長して蓄えられるかどうかと言うことらしいのです。
紫陽花は低木、木本になります。
そして虫媒花なのですが、コアジサイは装飾花ではなく甘い香りで虫を呼ぶそうです。
ガクアジサイ、手毬咲きのアジサイには香りはありません。
特殊な進化をしたようです。

アジサイは両性花の花びらの数(4~6)にも変化が見られ、オシベの本数も8~12本と一定ではありません。
装飾花の数も7、あるいは8。
変態しやすい種なのだそうです。
それゆえ、様々な形態を持つ花が生まれたと言われています。

主軸から側枝が2本出て、そのすぐあとに2本出るので5本に別れているように見えます。
1本の側枝から更に2本の側枝(花柄)が出てーその一方から2本の側枝が出る。
大元の側枝から7つの更なる分岐ー花の集まりを数えることができます。
これが基本の花序なんだそうです。
ガクアジサイの場合、最初の側枝1本につき2つの装飾花が付き、全体では8個の装飾花が囲みます。

古事記には天地開闢の時、天之御中主神が最初に現れ、続いて神産巣日神と高御産巣日神が現れたとあります。
造化三神
そして次に二柱の(独)神ー神宇摩志阿斯訶備比古遅神、天之常立神が現れます。
別天津神
ここまで五柱の神です。

その先の分岐は神代七代。
その内5代は二柱で男神と女神の一対で一代とします。
7代目が伊弉諾神と伊奘冉神。

七つの花の集まりに対して装飾花が二つ。
花全体では八つです。
人間の弥栄、繁栄ーともとれますが、それは単なる装飾花。
あるいはイザナギとイザナミの最初の子であり不具の子、ヒルコとアハシマかもしれません。

ただの数字からのインスピレーションで何の根拠もありませんが、ワンネスと言うキーワードとこの時期に降り注いでいるエナジーと言われる潜在的な世界からの繋がりの浮上ーから最初はファミリーツリーを思い描いたのですが、日本人にとってその大元とも言える神話、神々の系譜と私の中では結びついたのです。
去年撮ったコアジサイの花の写真をを目を凝らして見ると、最小の一つの花の集まりは9つのように見えるのですが、確かではありません。

コアジサイは水が満ちる季節に咲きます。
水の神から生まれた・・と言うメッセージを昨年は聞きとりました。
コアジサイの生育する標高では湿った山の冷気が漂っています。
深い緑の葉に潜在意識の暗さーかすかに湧き上がる不安のようなものを感じます。

青と白、そして茎の紫・・魅力的な花です。
その実は水星のマークの様でも、水瓶のようでもあります。
細かな種は上に空いた穴から出るそうなのですが、風で揺れた時にこぼれるのかなと想像します。
それは水瓶から水が注がれるようにも見えるのではないかと夢想は続きます。
前頭葉が刺激されているのかもしれませんね。
あるいは作った方の研究者気質を受け取っているのかもしれません。

もう少しだけ、味わってみようと思っています。

水無月

水無月 みなづき
“な”ーとは”の”の意、水の月という意味です。

ファー・イースト・フラワーエッセンスに続き、カミングホーム・エッセンスのコアジサイを摂っていました。
そして今回コアジサイから受け取ったメッセージはこのようなものでした。

あなたは私の一部であり
この星の一部です
私はあなたの一部であり
この星の一部です

この宇宙は水に満たされています
命は水に宿り 水は命を運びます

このとおり私がもたらすものはonenessへの統合です
この静かな命の泉にあなたを導きます
私がこの世界に生まれたのは このメッセージを伝えるため

あなたに私の智慧を授けます
遠く銀河のかなたから降り注ぐ光の雨は
この地球に語りかけています
新しい意識の誕生を

しばらく集中して摂ったその後、フィンドホーン・フラワー・エッセンスの”エナジーシールド”というコンビネーションをスプレーとして使っていました。
このエッセンスには5元素ーエレメントのエッセンスが含まれています。

夏至の翌日ー夏越の大祓が始まる一日前、新しいエッセンスが生まれました。
つくろうと計画していた訳ではなかったのですが、そのエッセンスは生まれました。
コアジサイのエッセンスへの共鳴がファウンデーションになり、エナジーシールドによる自身の浄化と整調、そして特に水のエレメントと夏至の光による導きがあったからだと感じています。

カードは嘘をつかない

セッションで「今気になっていることはなんですか?」と問われると思うのですが、言葉で説明しようとすると回避本能が素早く起動します。
いざ、その時になると「何を聞きたかったんだっけ?」と頭が一瞬白くなるあの感じです。
あるいは、本当のことを言うために背景まで説明するのは大変だな、面倒臭いな、、本当になったらいやだから口にできない、という気持ち。
私はどちらもあるのですが、面倒だな、と端折りすぎて言葉が足らないことが往々にしてあります。
これも回避ですね。

でも一般的には気になることの背景からーきっかけとなった物事の始まりから全てを説明されようとする人の方が多いですね。そしてそれをグループでのワークショップや公開質問の時にしてしまう。
注目を自分に引き寄せると言う意味では問題解決に対して積極的なように見えるのですが、日本語の文法に沿った日本語脳的な話し方に忠実すぎることに問題が。
問題とencounter 対面しないようにうやむやにすると言う知恵が日本語には備わっています。
結論がうやむやになってしまったり、結論を遠くへ先延ばしにする言う意味においてーやはり回避だと言えます。
そして問題について自分で考えるのを避けているとも言えるかも知れません。

そんな時にーカードはあの手この手で回避したものを目の前に見せてくれます。

毎日引いたらわかることですが、本当に目に見えない領域からの情報・存在からのサポートを含んだ共時性が働いています。
ただ、そのカードの文脈と奥行き、メッセージはその人にしか読み取れないものだとも思うのです。
だから、誰かが読んでくれたものを鵜呑みにするのを勧めているのではありません。

昨日は神楽坂「間」Persimmonのオーガナイザーミーティングで、麻奈さんがネクストステップのセッションをしてくれました。


私の意図とカード

見ての通り、トランスフォーメーション・ゲームで使うカードにはかなりはっきりとした言葉によるメッセージが書かれています。
黄色:insight 気づき・洞察
青:setback 後退させているもの
Angel この過程をサポートしてくれる存在
3種類のカードをこのセッションでは使います。

「私は内なるアンカーとなるものを見つけます」

膝の怪我からわかったことは、変化への怖れと受け入れていないものがあること、そして休息の必要性だったりしたわけですが、そもそも一番にしなければならないことを回避していたとも。
それは自分の内から現実を創造するためのヴィジョンを持つこと。
そのヴィジョンについて以前、「新しい意識が生まれるのを見届けたい」そのために「魂の旅を応援する」のだと書いたのですが・・

自分の中にそれを起こしなさいと言うことだよね、、、、
人を応援する前にーーー私自身が新しい意識を持つ人に変容する。
そうして地球(全体)のためになることをし、宇宙の豊かさを地上にもたらす。

わかってますってば!
その日麻奈さんに散々「独立しなよ〜」とけしかけたのでした。
この記事の冒頭に散々回避のことを書いたのでした。
大抵人に言うことは自分に言い聞かせていること。

先ほどのヴィジョンは今生、命の単位で思うこと。
目下の目標は「自分の仕事を創る」
なのに「いつか」と言う回避の枕言葉をつけて「今は」日銭を稼げる仕事を外に探している。

最後に引いたインサイトのカードはBlessing祝福。
どこでも好きなところに移動していいのだと。
私の中で祝福を感じた最も輝かしい季節は、やはりEmersonでの最後のTerm。
1年をイギリスの田舎の村でーカレッジで過ごした後、私の中には自信が芽生えていました。
これで東京に帰ってもー雑踏の中でも生きてゆける、と。

エンジェルを呼ぶ前に目を閉じて、ガイダンスの言葉と共にアチューンメントをします。
エンジェルが手を取って共に歩いてゆくーー私はやってきたエンジェルと手をつなぎそのまま(雲の上の世界を)飛んで行きました。
そうしてやってきたのはForgivenessのエンジェルでした。
??
すると麻奈さんが、エンジェルは自分の中にあるその質に気づくこと、現してゆくことだとアドヴァイスしてくれました。
今このエンジェルが語ることは・・
私には休息と癒しが必要。
それを自分にゆるす。
私を癒すには音と自然。

やはり、自然に近いところに移り住みたいかも。
そのためにも仕事。

——————————
TV月曜から夜更かしで心理テストをやってました。
・思いつく形容詞を8つ縦に書き出します
順番に二つを統合し、思いつく事柄、ものなどを書きます。
さらに順番に二つを統合し、書くのを一つになるまで繰り返します。

うっとおしい

悲しい
 =人のサガ

寂しい

嬉しい
 =いっときの感情

楽しい

新しい
 =世界

刺々しい

美しい
 =花・バラ

人のサガ

いっときの感情
 =人間の面倒な面

世界

花・バラ
 =美しい・癒し

人間の面倒な面(inperfect)

美しい・癒し(utopia)
 =リセット、休息

最後に現れたことが今本当に望んでいるものです。
 リセット、休息
しいたけさんに5月に休息を取るよう言われていたけど、足りなかったか・・

前の週のも面白かったので・・
思いつく動物を三つ挙げてください
その動物についてどう思うか、パッと浮かんだことを書き添えます。

猿   鳥   犬

ばか  聖なるものの使い  普通

自分思う自分
人から見た自分
なりたい自分

もひとつおまけに・・
4字熟語を二つ思い浮かべてください

ひとつ目
臥薪嘗胆

二つ目
安全地帯

ひとつ目は今のあなたの人生観
二つ目は今のあなたの恋愛観

臥薪嘗胆、これこそsetback!苦労しないといけない、みたいな。
デジタル大辞泉 – 臥薪嘗胆の用語解説 – [名](スル)《「史記」越王勾践世家にある故事から》復讐(ふくしゅう)を心に誓って辛苦すること。また、目的を遂げるために苦心し、努力を重ねること。

安全地帯 当分恋愛は無いな

Healing day

足も治りかけなのに仕事で無理をして、燃え尽き状態になりました。
けれども炎症がおさまり冷静になってゆくと、私は一体なんのために危機的状況にまで自分を追い込んだのか?と問うことになりました。
たかが日給のために、です。
しかもそれは大企業の利益を生みだすための機械作業が滞らないようにするために、です。
でも、怪我をして2週間仕事を休んだ後で、働かねばなりませんでした。
そのわずかな日給が保証されることで心は一時安心できた訳です。
自分が引き受けると決めた目の前の仕事を一生懸命やる。
それはいいのですが、でも下手したら治療に行かねばならないほど体を酷使した訳で、それはやりすぎでした。
なぜ外からの要請には全力を注いでしまい、自分のしたいことのために全力を注ぎ、そして限界を越えようとしないのだろう?とも。

その一方で、翌日観に行った映画に私は癒されました。
冒頭の戦場のメリークリスマスでウルウルきてしまい。。

本当に長いことこの方のファンでした。
でもここ数年は社会運動への参加の色も濃く、なんとなく離れキャッチアップしてきませんでした。
その間のことやー普段は見えない音の制作風景、忙しいスケジュールの中で紡がれる一本の糸のような思索、そして半生の足跡と舞台裏を垣間見ることができました。
最後の方でピアノを弾く指先がアップで映されたのを観ていると再び涙が。
やっぱり好きなんだな、と。
音の世界も、この人も。
祈りのコラール。
忘れていたけれど、私の喜びの源の一つは音楽でした。

そして2本目は地球交響曲ガイアシンフォニー第6番。
その夜は特別公演で、シンギング・リンの開発者の方のトークショーがありました。
映画が始まる前にシンギング・リンのヒーリングを体験、そして少し触って音を出させていただきました。
大いに興味をそそられました。

とにかく、どの楽器もアーティストも興味深く、意識の波間に揺られながら聴いていました。
ヒントになるエピソードもたくさんありました。
ラヴィ・シャンカールは全てを捨てて弟子入りし、音楽に没頭しました。
そして危機を迎え生死をさまよった時には、高僧に出会いマントラ(誰にも教えてはいけないその人だけに与えられる真言)に救われました。
ロジャー・ペイン博士がニューヨークを脱出したきっかけは、窓辺に置かれた奇妙な形の金具でした。
(それがシンクロニシティだったのです)
クジラの歌は、5次元への郷愁。
ピアニストのケリー・ヨストは川の流れる音からー音楽を学びました。
自我を削ぎ落とした音は私には、、聴いた中ではタイスの瞑想曲が一番その音に合っているように思えました。
挿入されていた少年合唱によるキリエ・エレイソン。
フィンドホーンでのテーゼの時間も懐かしく想い出しました。 

神楽坂にシンギング・リンのサロンがあると聞き、私は後日伺おうとその夜は席を立ち、気づいたら足をかばいもせずスタスタと歩いていました。
私に必要なメンテナンス(アンカーとなるサウンド)はシンギング・リンでできると思いました。
そして自身のヴォイストレーニングの必要性と、それに良い方法を想い出したのです。

やはり6月、St. John’s Festivalの準備中でした。
私たちのクラスがこのフェスティバルの担当で、私はステージでの短いスピーチ役に名乗りをあげました。
初夏から夏かけて、季節は輝いてー私は満たされた気持ちになり、ここでの生活の締めくくりの記念にしたかったのでした。
その時クラスメイトの一人が予想外の行動に出た私に驚いて、アドヴァイスをくれたのです。
「林の中で練習するんだ。必要なことは自然が教えてくれるよ」と。


カレッジの裏手の丘。一面のバタカップの花畑、時折野兎が駆けてゆきました。

session case3

セルフセッションです。

膝をくじいてから早1週間、だいぶ回復はしてきましたが倉庫仕事は無理なので事実上の足止めでした。
潜在的な意味は以前に書いた通りですが、起きていることそれ自体は働けない・動けない状況を作り出したということです。

昨日は少し前に応募した仕事の面接をひとつ受けてきました。
アプライして返事を待つ、その間もスケジュールを組むのにストップがかかります。

ずっと、自分の設定した条件に固執していました。
もちろん、必要なことだと思っていたのですが、前に応募した仕事が流れて新たなアクションを起こさなくてはならなくなり、求人広告をみていました。
同じ条件でいくら探しても応募したいと思える仕事はありませんでした。
そこで新たに検索するとー全国を旅しながら商品を売るという出張仕事を見つけ、考えるより先に応募のクリックをしていました。
面白そうだとワクワクする期待、それが条件を無効にしたのです。

結果として、その仕事は男性でもハードだということで別の仕事を提案されました。
その仕事も決して楽ではなさそうです。
けれども年齢だけでもハネられるようなところを面接していただいて、、面白そうな会社だし、少なからず興味のある分野なので頑張ってみたいと思っています。
とはいえ、もうひとつ現場責任者の面接を受けなければなりません。
まだペンディングは続きます。

そこで仕事のことについてUnknown Sound を流すと、意図して日本語でメッセージを受け取るようしてみました。

今の状況は、あなたの恐れが創り出している。
恐れを消し去りなさい。

う〜む。とりあえず浄化の魔法を。

ギャラクティック・ルーツ・カードにガイドを頼んでみました。
1枚引きすると
45 長期的目標 シリウス 過去
のカードでした。

そういえば、ビジョン・ボード、途中でした・・・
どうしても途中で手が止まってしまうのでした。
そこをしっかりせずに忙しい仕事に身を投じるのは確かに元の黙阿弥です。

もう少し具体的にアドヴァイスをもらおうと
補うカードを引き、直感で展開してゆきます。
5枚になったカードはイメージとしてはDNAのような細い螺旋形に並べられました。

まず、何も考えずにUnknown Soundを流します。
するとカードに手がゆき、カードを動かし始めました。
しばらくの間、まるでエネルギーを動かすようにカードをシャッフルし、やがて先ほどの螺旋を抽象(地上)化したような直線になりました。
順序も変わっています。

本を開きたいのを我慢しつつ、1枚ずつ手のひらに包んでメッセージを言葉で受け取ることにしました。

45 長期的目標 シリウス 過去
“私たちは教師のようにあなたたちを見守って来た
あなたにも同じ役目がある”

18 傲慢さ リラ 現在
右の鎖骨あたりから胸にかけて亀裂のようなものを感じた
“私たちの試みには足りないものがあった
それは愛”

71 故郷に帰るコンパス ベガ 未来
“あなたが望むものはここにはない
あなたはこの生を終えて帰らねばならない”

78 「一なる」存在を見る 地球 未来
“あなたが見るものは 私が見るもの”

3 変化 アンドロメダ パラレル
“あなた方に必要なのは流れること
この世界において形をとどめるものはない”

本の内容も確認したあと、
「長期的目標」 をテーマにUnknown Sound を描きました。
5枚のサインでした。

Journey onのビジョンは、『旅する魂を応援する』そこは変わっていないと感じます。
それは人の役に立ちたい、と言うよりは”地球の”役に立ちたい気持ちかもしれません。
そして私自身がこの地球に生まれる新しい意識・変容する世界を体験し、見届けたいからだと思います。

私に何かが教えられるとは思っていないけれど、眼差しは向けることができる。
それは私がEmerson Collegeで受けた教育であり、その眼差しは愛と言えるのではないかと思うのです。
眼差しと言う愛を持って人と接する。
それがパートナーや家族を持たない私が選んだ愛の表現方法かもしれません。

あくまでヴィジョンですから、今はまだ未熟で人付き合いに対してバランス悪いのですが。
できるだけ来るものを拒まず、去る者を追わず。
そんな感じで行こうと思います。

ただ末長く関係を続けることが良いのでもないと思うし、人生のある時期ーその人と出会いすれ違う瞬間、眼差しで分かり合えればそれでいいのではないかと思ってもいます。

写真の人はEmerson Collegeでの恩師 Andrew 。
なんだか無性にEmersonでのことを書きたくなって来ました。

session case2

少し前になりますが、モニターセッションを受けていただいた時のことを。
ちょうどコアジサイを摂っていることもあり、私の中で統合された感じがしています。
感想には個人的なことが含まれるので伏せておきたいと思い、代わりに過程を書いてみたいと思います。
(毎回セッションの度、その過程が違ってきています)

まずチャクラのチェックで現在の状態を確認し、第4チャクラのオーバーフローをエッセンスで調整しました。

カードはご自身でシャッフル、引いていただきます。
星の系譜スプレッド(スプレッド)で展開しました。

核となるカード
85 今を生きる クジラ類・イルカ パラレル
数字の6調和、ターコイズ(ご本人はエメラルドとおっしゃっていましたので緑がかった・・)のテーマ自由・自立。
チャクラエッセンスでターコイズを調合しその場で調整します。
エッセンスはこれに限っているわけではないのですが、カードの視覚情報が入ることで色(光の周波数)を取り込むチャクラキットが使いやすいと感じています。

やはりギャラクティック・ルーツ・カードに惹かれる宇宙的なものに惹かれ申し込みをされた時点で”上から整える”という方向性が有効だと感じました。
第2チャクラのワークが必要なのも明らかですが、エッセンスでは5・4・3チャクラを整えることで2チャクラの課題に取り組む下地ができ、整いやすくなるだろうと思いました。

Unknown Soundはこのセッション、カードに現れた多次元的なエネルギー全体に必要なアクティベーションとヒーリングをテーマに流しましたので、オリオンのテーマ、あるいは第2チャクラについてもワークされていました。

ご自身の内に湧く気づきを活性化し、私はそこに水を向け必要な情報をお伝えする。
改めて私が読むのではないのだとわかりました。
今回は特に、ご自身がすでに気付かれて起こしたアクションの返事を待つような時間にいらしたので話していただく形になりました。

しばらくはUnknown Soundの響きが働きますので、様子を見てから摂ってみると良いだろうと思えるフラワーエッセンスをお伝えし、終了しました。

その後、感想をいただいた折何度かメッセージのやりとりを。
今回カードがありましたのでUnknown Soundを描いたカードをお渡ししなかったのですが、メッセージの内容から必要だと思いなおしーこれらのカードからのヒントが活性化するよう描いてカードをお送りしました。
描いたものは、そこに存在することでエナジーを発し続けるので、その波動をを定着させる効果があります。
思い出すきっかけにもなりますね。

セッションの申し込みは・・
reserve♡journey-on.jp @に変えてください。
お問い合わせ ページよりどうぞ。

peaceful melody

ここ2〜3日は、明日受ける面談のことで頭がいっぱいでした。
自分にとって大事なことではありますが、フォーカスが合っていないような違和感を覚えていました。

何もできないとしてもそこに意識を向け祈ることはできます。
夜一人の時間を持てたのでーハワイ島キラウェア山、そして土地の人々にアチューンメントしてUnknown Soundを流し、
続いてグァテマラのフエゴ山と人々のためにUnknown Soundのトランスミッションをしました。
多くの時間Unknown Soundは歌として流れ、噴火して間もないフエゴ山の時には左手に火の粉が飛んできたようなチクチクとした痛みを感じました。

終わってしばらくして、ナーバスになっている自分のためにもUnknown Soundを。
すると、聞き覚えのある歌が流れ出しました。
どこで歌ったメロディだったのかしばらく音声メモや動画を聞き直しましたが、記録には無くーけれども、思い出しました。
夕暮れの北口本宮富士浅間神社に向かう途中、聴こえた歌でした。
繰り返すPeacefulなフレーズ。

その時、だからガイアペンダントについて書く必要があったのだとわかりました。
今一度、思い出して欲しいのですー地球と共に生きていることを。

こんな時間に、近くで工事をしていることに気づきました。
線路か、その脇の道路か・・
真夜中に唸るように不気味に響く音。
眠るはずの時間にまで工事をしたり、工場を動かしたり、
ああ、人も地球も無理をしているのだな。
何のために?

ガイア エッセンス ペンダント

昨年の4月、オーストラリアン・ブッシュ・フラワー・エッセンス のWebinnerによる講座を受講しました。
当時発売されたばかりのGAIAガイア・エッセンスの講座でした。
約1ヶ月に渡り、ガイア・エッセンスとソーラー・ロゴス・エッセンスを摂りながら毎日自主ワークをするというものでした。
前半にガイア・エッセンスのワークをし、後半にソーラー・ロゴスのワークをします。
深くグラウンディングすることで高次のエナジーを受け入れる器を創るワークでした。

フラワー・エッセンスの中にもグラウンディングを促しー高次の流れを呼び込むものはたくさんありますが、
その深さ、スケールが違います。
人によっては重いと感じる方もいるかもしれません。
私自身より大きな視野ーランドスケープから受け取るものが多く、ここ数年はそのようなエッセンスに惹かれていましたし、ライト・ランゲージのトレーニングでも、もっと深くグラウンディングすることが必要だと感じていました。
そんな時にガイア・エッセンスのリリースを目にしたのです。

振り返ってみると、ガイア・エッセンス を摂るようになって以来、私の体感が変わりました。
アウターボディ(サトルボディとも言います)への響きを体感する、その体感が増幅したような感覚が生まれました。
そして、地球をもっと近しく感じるようになりました。
(私はマンションの5階住まいで、文字通りグラウンディングが足りなかったのだと思います)
それまでも、ヒーリングをする時に、私はマザーアースに預けるということを無意識にしていたことも思い出しました。

当時忙しく、後半のワークはほとんでできませんでしたが、そこから一年、このガイア・エッセンスのペンダントを折につけ身につけていたことで、私のファウンデーションとなった感じがします。
そろそろ改めてソーラーロゴスのワークをしても良いかなと思っています。

10年の空白の後に再びフラワーエッセンスの探求を始めてから、わかったことがあります。
今生で地球を卒業するということを魂は決めてきたようだということです。(自分がmatureでないことは置いておくとして)
私に近しい人たちの死はそのことを私に思い出させようとしていたようです。
これが最後ーなのに記憶を失ったままグズグズしているわけですが、、
そして繰り返し浮かんでくるメッセージは “あなた 地球 と生きる” というものでした。
だからと言ってどうしたら良いのかー雲を掴むような話です。
その大きな響きを根底に感じながら、近視眼的な毎日を暮らしているというところです。

そんなご縁でガイア エッセンス ペンダントを手に入れ、Shopで扱わせていただいています。
ぜひ、ご縁のある方に受け取って欲しいと思います。
(神楽坂で購入される方にはご優待あり、お問い合わせください)

母なるマザー・アースと繋がる GAIA ESSENCE ガイア エッセンス ペンダント|BASE Mag.
BASE Mag. にも記事を載せていただきました。

コアジサイ

久しぶりで病院に行こうか迷う怪我をしました。
迷った末に行く必要はないと感じ、予定通り出かけることにしました。
エマージェンシークリームを20分感覚くらいで塗り、unknown sound/ライトランゲージも流しながら支度をしました。

じゃらんじゃらんで杉村先生のテルミー、そしてせいさんにレイキをしていただいたのですが、そのときいくつか映像が見えたと伝えられました。
それらのことはこの怪我に関係あると言います。
メッセージがあるのなら、理解すればよくなるはずと思い少し注意してみることにしました。
それらは過去生や家系に関係ありそうなことの気がしました。
泣いている外国人の女性
囲炉裏を囲んでおじいさんたちが集まっている
ワニのような生き物
川の側の岩に祭られている神様

数日前からFE2コアジサイのエッセンスを摂っていましたが、表層意識には特にこれといって影響が無いように感じていました。
けれどもある方の投稿で同じエッセンスを摂っていたら潜在意識から浮き上がるものを感じ、統合されていくのを感じたと書かれていたのを思い出しました。
そしてとあるブログにはその日、過去生の今生への影響をどう乗り越えるかというようなことが書かれていました。
このブログに書かれていることには共時性をいつも感じています。
(日本人全体に影響している流れのようなものをいつも書かれているのだと私は理解しています)
線香もキーワードです。
そしてその日図らずも線香を使うテルミーの施術を受けることに。

それらのことから、多分だいたいそういうことなのだろうと思ったのです。
甘受すべき過去生からの反射。
それが出るべくして(癒される必要があって)浮上し現れたのでしょう。
不思議と気持ちは落ち着いていました。

その夜はunknown soundを時折歌ったりブツブツいうくらいで、特に何もせずに眠りました。
今朝目が覚めると、まだ普通には歩けませんが痛みは少し退きました。
今日は出かける予定はないのでエッセンシャルオイルdeep blueをサンダースペリーのクリームに混ぜて塗り込みました。
そしてコアジサイのエッセンスを再開。

日中、買い物に出た時に榊とお花を買いました。
ギガンジュームとスターチスの花束でした。
水揚げすると水が真っ赤に染まりました。
ギガンジュームの花言葉は【正しい主張】【不屈のこころ】【深い悲しみ】
原産はアジア、ヨーロッパ、北アメリカ
(ネギはシベリア原産なんですね!)

振り返りながら–昨夜帰りの電車の中でこの怪我について情報が欲しいと描いたunknown sound/ライトランゲージのこと思い出してノートを開きました。
ギャラクティック、銀河系の存在からのエナジーです。
再び開いて手をかざしてみると、ひやっと冷たい感触でした。
それは深い部分(潜在意識や過去生の記憶)でのヒーリングを促すものでした。
眠る前にと手元にあったチャクラキットのエッセンスから選ぶと8チャクラのボトル。
それで昼間買ったお花のことを調べたのでした。

話が前後しますが、最後にデジャヴな感じで思い出したのが昨年のこと。
コアジサイの花を熱海の山に友人と探しに行きました。
その日は、本当ならドタキャンしたいくらいの体調でした。
田植えの翌日で全身筋肉痛で歩くのもやっと、そして正体不明の発疹が両腕に出ていたのです。
でも行かなければならないと思っていたし、行くと決めていました。
山歩きの前に立ち寄ったのは伊豆山神社。
湧き出る湯が御神体。
そして水の神が生んだ花たち。
コアジサイって修行ですか??
山吹のように、このフェーズを超えたら新たに高次のものが流れ込むのだとは思うのですが・・

6.3追記
Jamye Price氏の Monthly Energy 5月を聴き直し、6月を聴きました。
やはり6月にはカルマやDNAによって受け継がれたものが浮上し、Earth Family、Earth Groupとの繋がりが重要になるとのことでした。
その後にUniversal Familyとの出会いが・・という感じのお話でした。
全体的に相変わらず5th chakraー喉のあたりにずっと違和感があり、これが取れない感じです。

聴き終えて、私自身も少し喉に関するテーマで、続いて6月のエナジーをテーマにトランスミッションを行いました。
するとマイナー調の子守唄のような、低く響かせる歌が続き、やがて唇を震わせるロングトーンを発声しました。
それはまるでディジリドゥの音のようでした。

じゃらんじゃらんでの夜、ディジリドゥの音を久しぶりで聴いて、地に、腹の底に響くその音を懐かしく感じていました。
まだ普通には歩けないので、しばらく仕事は休みます。
浮上したものがやがて癒されて統合するのに必要な分だけ治るのに時間がかかるだろうと思っていました。
そしてそれらを癒すのに、ディジリドゥがいいのだとわかりました。
音源を探して、聴いて寝ようと思います。