蟹座に太陽がある時にやぎ座で起きた満月蝕の日に

久しぶりにカードを引いてみました。
最近よくシンクロを感じている「日本の神託カード」です。

つい先日、堰を切るように飛び出した言葉がありました。
それは決心でありーーこれからの目標になる訳ですが、そのことについてパーミッションー同意が得られるかどうかをスピリットたちに訊いて見ました。

ところがカードを切っているそばからこぼれるように次々飛び出して、自分で引くまでもなく5枚を数えたのでそれらをめくって見ました。
” “は自身で受け取ったメッセージです。解説書によるテーマは『』で記しました。

龍神
“遊びなさい、私と遊ぶのです”

『現実化 言霊 大きな夢を見る 栄光』
クリエイティビティの大きなエネルギーと遊ぶ心持ちで取り組めば良いのですね

家神
“私に家をください”

『運気をあげる 整理と掃除 健康増進』
あ〜これはひとえに反省。
やるときはやるのだから、というのを言い訳に後回しにする傾向が。
昨日は仕事で倉庫整理をして全身筋肉痛なのですが、家もそのくらいやってくださいということなのでしょう。
今日は断捨離と掃除を念入りにします。

噴き上げるマグマ
内容に関しては秘密

『情熱 生きている自覚 古きを壊す 選択』

吉祥鶴
”さあ、羽ばたきなさい 私が舞うのは祝いの舞”

『吉祥 健康長寿 円満 パートナーシップ』
このところ、2の数字やパートナーシップについての情報が増えています。
先日作ったエッセンスは万座高原のランドスケープエンジェルにアチューンメントしたものでしたが、この時の過程にもそのようなテーマがありました。
魂と身体、気持ちと行動、相手が何を求めているのかに耳を傾けるーーということのようです。
これからの仕事では素晴らしいパートナーに恵まれましたから、このことを忘れないようにしたいと思います。
そういえば、家も大事なパートナーですね。

深い洞察のフクロウ
”これは良い知らせ 私が運ぶのは良い知らせ 宇宙の調べを受け取りなさい”

『洞察力 闇を見通す力 鋭い観察 集中力』
最近のカードのメッセージを受け取る時のスタイルは、手のひらに包み、その後胸に当てたり色々して見るのですが、言葉にするにはやはり頭に乗せるのが一番しっくりくるようです。
言葉のメッセージの後に、ハンドサインが始まりUnknown Soundも始まりました。だんだん歌に変わったのですが、やはりシリウスと結びつく感じの音でした。
しばらくはシリウスにアチューンメントを続けます。

Full Moon, Sun in Gemini

昨日の夜の帰り道、月が綺麗でした。
木星が付随するように小さく輝いていましたが、木星は地球の11倍の大きさ(太陽の10分の1程度)。
それはこの満月をバックアップする大きな力だったのかなと感じています。

帰宅途中の電車の中でーー父の日だったのに何も用意していなかったことに気づき、それをきっかけに父のことを想い出していました。
そうしてーそうだ、とお湯にエグザルテーションのエッセンスを落とし、供えました。

Hove Tarot の動画をチェックし、地のエレメント>牡牛座のリーディングに触れ、そして自分の為に5枚カードを引きました。
たいていスプレッドは気にせずその時の直観で。

メッセージを受け取って枕の下にカードを置き、夢の中でワークされることを期待して眠りました。

Thunder
この時に明るみに出るものはあなたの魂の声である
Moon
私を捉えるのです 私を使うのです
Child
この声に耳を貸してほしい あなたの未来(世の存在)の声に
Heart of Sky (飛び出したカード)
新しい命に使命を与えよう
chamama
この地球と共にはたらく者よ


そうして今朝起き抜けに見て覚えていた夢の中の印象的だった断片。
戦争の映画を観る為に大勢がホールに集めらた
自分は観る気が無いので後ろの席に座った
その前に給食のような食事が出て食べ終わらないうちに時間が来て片付けさせられる
洗い物をするのだけど排水溝が詰まっている するとシンクごとどこかに持って行かれてしまった
食べたいものを探している感じ
奇妙な宣伝ロボットが踊っていて、見ている人が動きを真似していた(洗脳だと感じ 最近のやたらと何でも変な振り付けで踊るCMが私は嫌い)
朝靄の中、二つの気球が風に流されるようによろよろと飛んで行った(こんな静かな風でも飛ぶんだ〜と珍しそうに眺めている)
祖母が「ご飯は?」と催促する 「ご飯何食べたい? 」と寝言で実際言ったと同時にベッドが揺れて目が覚め、ああ祖母はもういなかったと気づく。

ワンドの10(背中にワンドを背負っているカードだった)の意味を見せられたのだとわかり、すぐにBalancing Karmaのエッセンスを摂りました。

今朝振り返って、exaltationのことも調べた後でこのように並べました。

そしてFindhorn Flower Essence の中のesoteric essencesシリーズ
Exaltationは数日前にFBでの投稿も見ていたのでーー 本を引っ張り出しページを読み返して見たが、新しい本でチェックすると隣のエーテルのエッセンスも気になりました。今の自分に必要そうだと思いました。
Esoteric Essences は2本あって、Wesak と Exaltation があります。
どちらも1995年5月と6月に作られたもの。
もっと大切なメッセージがあったはずと古い本を取り出しました。
Exaltationとは直訳すると高揚、賛美と言った意味があります。

Exaltation
Humanity人類、Goodwill善意、そしてChristキリストのフェスティバル
1995年太陽がふたご座にある時の満月
フィンドホーン財団 ユニバーサルホール

このエッセンスにはコミュニテイ周辺に咲く花々
ゴース、ブルーム、レッドポピー、イエローポピー、クローバー、レッドカンピオン、ホワイトカンピオン、ローワン、ローズ、ワイルドキャロット、チャイブ、ワイルドオックスアイドデージー、クサボケ、オネスティ、ブラッシカ、レディースマントル、アクイレジア、ワイルドボラージ、ヴェッチ、ウォールフラワー、ヴァイパーズバグロス、グラス、パンジー、ブルーベル、そしてブッダのエッセンス”The ten thousand things”が含まれています。

そしてエッセンスはこのような状況、環境で作られました。

以下に稚拙ではありますがこのページの翻訳を————————–

このエッセンスはコミュニティ全体、そしてこの特別なキリストを祝う祭りの瞑想の為に自発的に集まった人々によってつくられました。
アイリーン・キャディが瞑想をリードし、最後には私たちは花をひとつ選びーー五角形の銅の器に浮かべるよう招かれました。
それぞれの人が祈りと祝福を世界に送りました。
集まったコミュニティの人々ーー約150人によって祝福がエッセンスに注ぎ込まれました。

私は座りその美しい花々が中央に置かれた大きなボウルに浮かんでいるのを眺めていた時、その光景にーー私たちはもっともファンタスティックなフラワーエッセンスを作ったのだと気づきました。
私はーー私もプログラムの一部を担っていた”Touch the Earth”と言うガーデニングプログラムに参加していた生徒たちを呼びあつめ、それぞれ違う花をひとつ持ち寄り、エッセンスを作る為に中央のボウルの水に加えました。

太陽光にあてた後エッセンスを集める時に行われた私たちのアチューンメントで、グループはこれらのインスピレーションを受け取りました。

ふたご座のキーノート

私は”自己以外の他の(もう一人の)存在”を認識し、”自己”が衰えてゆく中で
私は成長し、そして輝きます

肉体の目と内なる目を聖なるものの表現である美しさに開くこと

内なる耳と外に向けられた耳とを、全ての花々と生きとし生ける存在たちが共に参加した生命のエッセンスーー調和の響きに開くこと

調和と美の中にひとつとなって共にもたらす

人類が祝福を分かち、一つなるスピリットと聖体拝領(キリストの血と肉とをあらわす葡萄酒とパンとを分かち合うーひとつになること)を果たすことができた時に平和と善意は訪れる

高揚した意識

キリスト教における全ての質を抱擁し、光り輝くこと

普遍的な愛、光と叡智

善意の要素を具現化する

混ぜ合わせること;多様性;そして全体性;明晰さとインスピレーション;宇宙とひとつになる為にクラウンチャクラを開くこと;聖なる存在と繋がる;キリストとして生きる為にキリストのエナジーを具現化する;ハートとスロートチャクラを開く

全てのキリストのエナジーを具現化したいと望む人にーーそれは癒しではなく、すべての教えのエッセンスである
教えを乞う、教えに倣う時代は終わったーーキリスト意識を生きる、キリスト意識の具現化
—————————–Findhorn Flower Essences Marion Leigh著 より

マリオンさんはチベット仏教や仏教に深く感銘を受けていましたので、”Ten Thousand Things” と表したのだと思いますが、キリスト教の人々が受け取った時それはキリストのエナジーと同じだと感じるのだと思います。

私にとって父との関係において必要なエッセンスは時に変わりました。
中でも象徴的だったのが
Rose Alba
Gorse
Elfcup Lichen
Cherry
Exaltation
でした。

この本は私にとって宝物です
出会った当時はエッセンスの花々を外国の花だと感じていましたし、しばらく離れた時期もありましたが、今その感覚はむしろ反転し、再会旧友のようにーーどのブランドのエッセンスよりも近く感じます。



石が動いたような


満月の朝を迎え、ゴトッと音を立てて何かが動いたような感じがありました。
昨夜の帰り道に見上げた月は靄に包まれていました。
疲労感で早起きする余裕はなく、月はすでに射手座に。
ウェサクの満月にすっかり乗り遅れましたが、意識はウェサクにフォーカスして1日を過ごしました。

朝、ひとつ驚くような出来事がありました。
インスタグラムでフォローしてくれた人が20年前に通ったカレッジの先生の一人でした。彼はストーリーテラーでした。
直接指導を受けた訳ではありませんが、イベントや行事の時にはストーリーテリングが必ずと言って良いほど催され、私もその語りを良く聴きました。

これから始めようと準備していることには物語というファクターを含まれています。そのため最近ストーリーテリングの力について想い出すことがあったのです。

最近受け取っているkeys

すばる
Cygnus Loop
プレアデス
ブラックホール
暗黒物質
セブンシスターズ
白鳥
著莪
storytelling
フォレストタワー
シロナガスクジラ

夕方からはまたガタゴトと音を立てて模様替え。
“春の前日”を部屋中に振りまいてから作業をはじめました。

そしてここからの数週間にフォーカスしてカードを引きました。

30 Lightning もうここにはいられない
51 The Staff エネルギーは整っている
44 sacrifice 私からあなたへ捧げるものー歌
23 Giveaway 私は見たい
45 The Seer この時に私はひざまづく
39 The Awl この世界の真実を見よ
5枚引くことだけ意図したのですが、45をめくったら2枚重なっていたことに気づきました。
重なっていたのは39。
カードを眺めていると2枚1組になることがわかりました。
同じエナジーについてのパラレル表現であるように感じました。
ミスティカルシャーマンオラクルカード
アルベルト・ビロルド
コレット・バロン=リード
マルセラ・ロボス

そして今朝目が覚めると、やはりサインなのだとわかりました。
実際のコミュニケーションが始まるかどうかということよりも、ただ、サインなのだと。
それを受け取った私がどう動くのか。




Judgement

 スーパームーン、満月を迎えるにあたり今夜の学びとは?
休み時間に引いたAngelはRespect。
同じ服を着た天使が向かい合って胸の前で手を合わせお辞儀をしている様子が描かれています。
昨年末から何度か引いていました。
深く聞き取り全ての人のあり方を認めるーー言われていることはわかるのですが、自分の中にある硬さは実際岩のように動かし難いと感じていました。

夜中に空を見上げると、月は天頂に昇り薄い雲の上にありました。
ここから新月までの旅のためにカードをめくって見ました。
乙女座満月だしーーGODDES GUIDANCE(最近例のことで話題にのぼっているドリーンバーチュー氏のカード)で。


KUANYIN 観音さまは”慈悲” Respectのテーマそのまま。
月の女神DIANA ”意図に集中する” ポジティビティ、樫の木OAKと動物の庇護
GUINEVERE ケルトの女神 ”真実の愛” アーサー王との関わり

なんとなくピンと来なくてMYSTICAL SHAMANカードを手に取ってしまいました。


Thunder 『今後さらに必要になる資質は柔軟性と器用さ、そしてチャンスがどこからどんな形でやってくるかを指定せずに、すべてを進んで体験しようとする意思です』

Spiral  『育って来た柔らかく新しい皮を歓迎してください/自然の成り行きに任せるのです』

Corn『目標に向かって努力し、あなたの意図の種子を意図的に丁寧に植えてください/宇宙は常に必要なものを与えてくれると確信して良いのです』

Child『子供は、喜びと幸せへの道を知っています/常に心を開いて学びと発見を受け入れてください/新鮮な目でその人を見ることができますか?』

自身の内にメッセージも聞きましたが、メモし忘れました。
そして片付けようとした時、飛び出したカードが・・

Rainbow ! そして重なって隠れていたのがArrow。
『必ずふさわしい場所に着地する/矢の飛び方に干渉すべき場合ではありません』

今朝目が覚めて、観音になるー慈悲の心を持つには霊的に上昇し、しかし地に座るようにグラウンディングしなければならないと感じました。
ドリーンバーチューのカード、を選びながら退けたのもまたジャッジだったと感じました。
今見直せば、同じことが現れていたとわかります。
私の次の新月までのフォーカスでした。


visualization

AREON CHANNELING FEBRUARY JAMYE PRICE.COM
の中で、ヴィジュアライゼーションのエクササイズがありました。
やっとタイミングが来たと喜んだのですが、これにはトレーニングが必要だとわかりました。

二度目の再生でやって見たところ・・
毎月のクラスの中でも冒頭に瞑想をし、色を観るのですが、この色を観ることがいつもできないのです。
困ったなと思って再生を一時停止し瞑想しましたが、やがて諦めかけたときに「ブルー」と言葉が。
ああそうですか。
やっぱり見えないんだなと苦笑しつつエクササイズを続け、次は「イエロー」、そして「ゴールド」とワークしました。

いよいよ具体的な望みを思い描くところへ来て、
自我そのものとしては、どうやって生活を安定させてゆくかーー要は収入を増やしたいという願いがあるのでそのワークをするのだと息まいていたのですが、
まるで違う結果になりました。

未来に想いを馳せた時、トト(未来の地球の子供)が生きていることを想像しました。
以前教えてもらった二つの地球、ドームの中の自然と荒廃した(ブレードランナーやアキラのような)世界ではなく、生まれ変わったひとつの地球ードームを持たないの自然の中に生きている様子です。

するとあの図が光だし、光の繭、明るく輝く白金のイメージが浮かびました。
地球の変容のための繭を作るのは人間であり、人がハートから光を発し、光の糸でネットワークを創るのです。
それは人類の成長を意味します。
Unknown Sound、あるいはエッセンスが助けるのだとわかりました。
その研究のために(隠遁のためではなく)やはり自然の多いところー北海道に移り住みたいと思いました。
そのために必要ならば家や土地、お金さえもつくりだす道が見つかるだろうと感じました。(何もしないで待つという意味ではありません)

いつも〜のために自分で稼ごう、稼がなければと考えるとこじれてエラー音が鳴るような感覚がありました。
今回もその自問自答の中でカードにアドヴァイスを求めると必ずlemming(日本語ではタビネズミ!)が出て来ました。
それでも、皆と同じように地上や現実が大事だし、夢想と現実の間を埋める行動が必要だと思ってきたのですが、本当にその方向ではダメなのだとわかりました。
流れに逆らっているのですね。

いくつかのシンクロ

このクラスの最後にJamyeはRainbowについて触れました
瞑想の中で光の色と感情を感じるところからエクササイズが始まります
私のWhite Brotherhood Medical Teamのサインはレインボーです

Jove Tarot のTo the Sea と Hawk のカード
シュタイナーの牛、鳥、ライオン、の統合(worldのカード、あるいは4つの福音)そして蝶に関する考察
節分にエッセンスを作ったその場で受け取った短いメッセージ
 私はあなたと共に生きています
 鳥たちは喜びとともに私に話しかけます
 あなたは私に何を望みますか?

2019 Theme

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 年末からガタガタと部屋の片付けをしておりましたが、未だ終わっていません。初夢も覚えていなくて年始感乏しく過ごしていましたが、昨日あたりから何かが動き出したように感じています。
今年も月の半分ほど外で働くスタイルです。
もう半分の時間を使ってUnknown Soundのセッションとカスタムエッセンス作りをしていきます。

 昨日の夕方には1畳ほどの自分のためのヒーリングスペースを部屋の一角に創り出しました。
ここでペレランドラ、MAPの勉強を始めます。
Unknown Soundもこのささやかなスペースから遠隔、あるいはzoomセッションで今年はお送りします。

 そして5日午前中には大いなる勘違いのもと、今年最初のエッセンスを作りました。
いよいよ重いものはこの先は持っていけない、そんな大掃除の時期のような気がしています。

 最後に–昨年11月に「多次元ヒーリング」というセッションを受けて以来時々交信を続けている”未来の地球の子供”の存在。
その子の呼び名はトト。
私の変容期を応援していると言います。
生物的に子を産む以外の方法で遺伝子を未来に残すにはどうしたら良いのか?
私が彼らの地球を見に行くにはどうしたら良いのか?
疑問ばかり増えていますが、コミュニケーションをもっと取ることに。

 パラレルのように同時進行で様々な芽がでています。
今日のエンジェルはFreedom
『あなたが意思決定する際の基準となる条件を変えることによって、あなたの経験を自由に変えることができます。昔の虚飾を手放し、あなたのユニークさを表現しなさい』The Original Angel Cards
そして今年一年のテーマはギャラクティック・ルーツ・カードから。

63 カルマのバランスを取る プレアデス 現在
“魂を解放するために”

本の上に立って別の本を読んでいる–おかしいですね。
どうやら昨日作ったエッセンスはこのためのものでした。私のYear Bottleです。



Winter Solstice

 冬至までの三日間、仕事は早番でした。
家を出る時刻、ちょうどマンションの谷間から陽が昇るのが見えました。
そして冬至の朝、日の出前の空高くに一際明るく輝く星があり、その星の美しさに心奪われーー調べるとそれは金星でした。
肝心の太陽は雲の中でしたが、通勤途中の車窓から金色の朝日を浴びることができました。

 この頃決まって想い出すのはイギリスでのクリスマス。
学生の大半は故郷に帰って人の少なくなったカレッジも村も本当に静かでしんと静まり返っていました。
私はどこにも出かけずキッチンでアルバイトをしていました。
クリスマス翌日boxing dayにはRuthが転倒して骨折し、救急車でタンブリッジウェルズまで搬送されると言うアクシデントもありました。

 今朝は起きると疲れを感じていました。
そのままベッドの中で自分を養うワークと体のメンテナンスをしてやっと起き上がりました。しばらくしていくつか見た夢の一部をふと思い出しました。
暗がりに向かって歩き始めると、その中からヒグマが立ち上がり現れました。
咄嗟に襲われると思ってLight Languageで話しかけ、続いて叱ってみました。
ヒグマは襲ってはきませんでしたが後を追ってきます・・・
アニメルメディスンカードのベアーは内省、冬眠する熊のようにドリームロッジで過ごす時間の必要性。
色々あった冬至のイベントに参加しようかと思っていましたが、今は内を観ろと言うことのようだと納得しました。

 何をするでもなく、日が暮れてやっと動き出す始末。切らしていた化粧水(フラワーエッセンス入り)とクリームを作り消耗しがちな心を満たし満足。
そして今年のクロージングの一週間のためにカードを引きました。



 今回はシンプルにスージー氏のやり方を真似て。
ハイアーセルフが伝えたいことを尋ねーー左手で一枚、右手で一枚。
ここからは自己流。
両手で挟んでエネルギーを感じ、その後メッセージに耳を澄ませます。

33 Magic 喉のあたりにいつもの違和感を長いこと感じていました。
“私を思い出すのです。私は此方からあなたと共にやってきました。そのことを思い出すのです”

47 The Smoky Mirror 左手にピリピリとした感触、首が動き出し体のあちこちが動き出しました。身体中にエナジーが巡る感覚。
“もう練習は終わりです。さあ動き出すのです”

ガイドブックの解説を読み響く言葉を取り込みます。
33
「どんなことも可能だと知っている子供のような純真さを取り戻し、驚嘆と畏敬の念を持って世界を見なさい」
シンクロニシティは魔法が現れ(奇跡を起こす)るサイン。
「あなたの役割は夢を見て、意図をして、次の行動のサインを待ち受けることです」とはまさにエッセンスを作るときにしていることそのままです。

47
「曇った鏡は、この世界でそれとなく暗示はされているのものの、すぐには解明できない数々の局面を表します」
「自分自身を超えた世界に目を向けなさい」
隠された領域で(現在の認識能力の限界を超えたところで)起きている相互作用ー全容を知ることは難しく、体験を通じて理解するしかないーーと言うこと。

わからないままどう行動に移せと言うのか?
問い直したい気持ちでもう一枚、アドヴァイスを求めてカードを切って自分で引かずにサインが飛び出すのを待ちました。

11 The Council  右足裏にびーんと弦が響くように痛みが何度も走る。
頭が降りてゆくーーこことは深いところのようだ。
“私たちはここにいる あなたは解き明かすだろう”

「評議会とは、人類のために集合的英知を保持している光の存在たちのことです」–White Brotherhood のことですかね?今ちょうどそんな本を読み始めたところです。
人類のアセンションを助ける宇宙の種族の中にもいくつもの評議会と呼ばれる意識体があり、光の存在と呼ばれてます。(その中の一つ、リラの時の評議会と呼ばれる存在の”愛”がライトランゲージの楚です。)

「それ以上のサインを待つことなく旅に出てください」

Yes, will do.

満月の夜に

満月になった時、インテンションを明確にするためアファメーションを唱えるとヒーリングソングを歌いました。
ややマイナー調のメロディ、古傷を手放す(痛いの痛いの飛んでけ〜的な)そんな感じです。

カードも引いてみました。

今日の満月のメッセージとして1枚
19 Fire 火
『火のエネルギーの中に全面的に踏み込むことは、灰から蘇る不死鳥のごとき完全なる変容を意味します』
正位置『厳しく辛くなってきたものを炎の中に全部ほうり込んでください。全てを火に与えて急速に変容させましょう。あなたの人生に火をつけるのです』

昨年ブッシュフラワーエッセンスのGAIAエッセンスの講座の中でエレメントにアチューンメントする儀式の中で、実際に色々な気がかりを紙に書いて火で燃やすと言うものがありました。
まさしく、ここに書いてある通りのことでした。

一昨日は大曲の花火中継を見ていました。
そういえば線香花火、まだ残っています。

ここ数ヶ月ーー昨日も火星が赤く輝いていました。

魚座の満月なのに、火のエレメントなんだなと。
もう戻れないとか切り離しの最終段階などと聞いていますが、古い身体ーー意識も最後は全てを焼いて灰にするんですね。

31日のUnknown Tea Room にフォーカスして1枚
17 Earth 大地
『形ある世界は精霊からの贈り物だから、敬意を持って扱わなければならない』
この言葉から真っ先にフラワーエッセンスのこと思い浮かべましたが、大地・自然は私たちのもの(所有物)ではないと言うことも改めて感じます。

正位置『世界への共感に満ちた敬虔な奉仕に専念すれば多くのことが達成できます。誠実さと感謝の念と謙虚さを持って行動するなら、あなた自身も想像以上の繁栄を手にするでしょう』
     
そしてアドヴァイスとして1枚
29 Journey 旅路
『旅路は休日ではありません。むしろ隠者のようになって、未知の世界へ巡礼の旅に出るようにと誘っています。あなたが探求していく領域は地図がなく、目印も道路標識も無いのです』

正位置『今のように適切な時期なら、たとえ進む方角に自信が持てなくても正確に導かれます。とにかく出発することが肝心です』

解説を読みながら、ふと目に止まった文章がありました。
それは”メディスンホイールに隠された宝物”という4枚引きのカードです。

『あなたの夢見る世界を新しく誕生させる必要がなるなら、隠された資源を、深く埋もれた宝物を発見しなければなりませんー中略ーあなたの状況に密かに影響している力を明るみに出し、気づいていないような事柄を教えてくれるでしょう』

このスプレッドで引いてみたくなりました。
もう一度アファメーションによるインテンションを明確にし、シャッフルします。

1南 手放すべきもの もはやこの古傷によって自分を定義づける必要は無い

2 西 死ぬべき部分 古いストーリーを手放し新しいストーリーを見つける

3 北 獲得すべき叡智 メディスン

4 東 起こりうる運命 宝物と才能を他者と分かち合っていく方法

1と2が似ていますが、1は感情レベルの執着、2は凝り固まった価値観やマインドと感じます。

そして引いたのがこのカード

まとめるときに飛び出したのが真ん中に置いたカードです。
全部逆位置、内2枚は先ほどと同じカードです。
キーワードを拾い出してから、改めて一枚一枚から直観によるメッセージを受け取って見ました。

21 the Gather 集めるもの
  Joy, joy, you receive all you need

南 Earth 大地 逆 渇望感 不安
  Trust the Earth

西 the Staff 杖 逆 2極化 方向を定める
Bring you to the water 捨てるものはdirection
Coming Home Essences オオカワジシャのカードを引いた時のメッセージと重なる
  水とは生命の流れ、生命の源 ”川の中には向こう岸へ渡るための道が無いーー方向の喪失” “私は水の中で生きる、それが自然だから”

北 the Brade 剣 逆 一旦剣をおさめ、落ち着いてからコードを切り自分を解放する
I will show you the power of 十束剣
  イラストから受けた印象は、剣と言うより鉾。
  雅楽・舞楽の舞台では必ずはじめに鉾舞ををし、地を鎮めます。
  お相撲の弓取りと所作が似ています。

東 the Journey 旅路 逆 目的地を知ることへの執着 内面の旅・変容の旅
  あなたの心の変容はまだ始まったばかり

 

カードは嘘をつかない

セッションで「今気になっていることはなんですか?」と問われると思うのですが、言葉で説明しようとすると回避本能が素早く起動します。
いざ、その時になると「何を聞きたかったんだっけ?」と頭が一瞬白くなるあの感じです。
あるいは、本当のことを言うために背景まで説明するのは大変だな、面倒臭いな、、本当になったらいやだから口にできない、という気持ち。
私はどちらもあるのですが、面倒だな、と端折りすぎて言葉が足らないことが往々にしてあります。
これも回避ですね。

でも一般的には気になることの背景からーきっかけとなった物事の始まりから全てを説明されようとする人の方が多いですね。そしてそれをグループでのワークショップや公開質問の時にしてしまう。
注目を自分に引き寄せると言う意味では問題解決に対して積極的なように見えるのですが、日本語の文法に沿った日本語脳的な話し方に忠実すぎることに問題が。
問題とencounter 対面しないようにうやむやにすると言う知恵が日本語には備わっています。
結論がうやむやになってしまったり、結論を遠くへ先延ばしにする言う意味においてーやはり回避だと言えます。
そして問題について自分で考えるのを避けているとも言えるかも知れません。

そんな時にーカードはあの手この手で回避したものを目の前に見せてくれます。

毎日引いたらわかることですが、本当に目に見えない領域からの情報・存在からのサポートを含んだ共時性が働いています。
ただ、そのカードの文脈と奥行き、メッセージはその人にしか読み取れないものだとも思うのです。
だから、誰かが読んでくれたものを鵜呑みにするのを勧めているのではありません。

昨日は神楽坂「間」Persimmonのオーガナイザーミーティングで、麻奈さんがネクストステップのセッションをしてくれました。


私の意図とカード

見ての通り、トランスフォーメーション・ゲームで使うカードにはかなりはっきりとした言葉によるメッセージが書かれています。
黄色:insight 気づき・洞察
青:setback 後退させているもの
Angel この過程をサポートしてくれる存在
3種類のカードをこのセッションでは使います。

「私は内なるアンカーとなるものを見つけます」

膝の怪我からわかったことは、変化への怖れと受け入れていないものがあること、そして休息の必要性だったりしたわけですが、そもそも一番にしなければならないことを回避していたとも。
それは自分の内から現実を創造するためのヴィジョンを持つこと。
そのヴィジョンについて以前、「新しい意識が生まれるのを見届けたい」そのために「魂の旅を応援する」のだと書いたのですが・・

自分の中にそれを起こしなさいと言うことだよね、、、、
人を応援する前にーーー私自身が新しい意識を持つ人に変容する。
そうして地球(全体)のためになることをし、宇宙の豊かさを地上にもたらす。

わかってますってば!
その日麻奈さんに散々「独立しなよ〜」とけしかけたのでした。
この記事の冒頭に散々回避のことを書いたのでした。
大抵人に言うことは自分に言い聞かせていること。

先ほどのヴィジョンは今生、命の単位で思うこと。
目下の目標は「自分の仕事を創る」
なのに「いつか」と言う回避の枕言葉をつけて「今は」日銭を稼げる仕事を外に探している。

最後に引いたインサイトのカードはBlessing祝福。
どこでも好きなところに移動していいのだと。
私の中で祝福を感じた最も輝かしい季節は、やはりEmersonでの最後のTerm。
1年をイギリスの田舎の村でーカレッジで過ごした後、私の中には自信が芽生えていました。
これで東京に帰ってもー雑踏の中でも生きてゆける、と。

エンジェルを呼ぶ前に目を閉じて、ガイダンスの言葉と共にアチューンメントをします。
エンジェルが手を取って共に歩いてゆくーー私はやってきたエンジェルと手をつなぎそのまま(雲の上の世界を)飛んで行きました。
そうしてやってきたのはForgivenessのエンジェルでした。
??
すると麻奈さんが、エンジェルは自分の中にあるその質に気づくこと、現してゆくことだとアドヴァイスしてくれました。
今このエンジェルが語ることは・・
私には休息と癒しが必要。
それを自分にゆるす。
私を癒すには音と自然。

やはり、自然に近いところに移り住みたいかも。
そのためにも仕事。

——————————
TV月曜から夜更かしで心理テストをやってました。
・思いつく形容詞を8つ縦に書き出します
順番に二つを統合し、思いつく事柄、ものなどを書きます。
さらに順番に二つを統合し、書くのを一つになるまで繰り返します。

うっとおしい

悲しい
 =人のサガ

寂しい

嬉しい
 =いっときの感情

楽しい

新しい
 =世界

刺々しい

美しい
 =花・バラ

人のサガ

いっときの感情
 =人間の面倒な面

世界

花・バラ
 =美しい・癒し

人間の面倒な面(inperfect)

美しい・癒し(utopia)
 =リセット、休息

最後に現れたことが今本当に望んでいるものです。
 リセット、休息
しいたけさんに5月に休息を取るよう言われていたけど、足りなかったか・・

前の週のも面白かったので・・
思いつく動物を三つ挙げてください
その動物についてどう思うか、パッと浮かんだことを書き添えます。

猿   鳥   犬

ばか  聖なるものの使い  普通

自分思う自分
人から見た自分
なりたい自分

もひとつおまけに・・
4字熟語を二つ思い浮かべてください

ひとつ目
臥薪嘗胆

二つ目
安全地帯

ひとつ目は今のあなたの人生観
二つ目は今のあなたの恋愛観

臥薪嘗胆、これこそsetback!苦労しないといけない、みたいな。
デジタル大辞泉 – 臥薪嘗胆の用語解説 – [名](スル)《「史記」越王勾践世家にある故事から》復讐(ふくしゅう)を心に誓って辛苦すること。また、目的を遂げるために苦心し、努力を重ねること。

安全地帯 当分恋愛は無いな

session case3

セルフセッションです。

膝をくじいてから早1週間、だいぶ回復はしてきましたが倉庫仕事は無理なので事実上の足止めでした。
潜在的な意味は以前に書いた通りですが、起きていることそれ自体は働けない・動けない状況を作り出したということです。

昨日は少し前に応募した仕事の面接をひとつ受けてきました。
アプライして返事を待つ、その間もスケジュールを組むのにストップがかかります。

ずっと、自分の設定した条件に固執していました。
もちろん、必要なことだと思っていたのですが、前に応募した仕事が流れて新たなアクションを起こさなくてはならなくなり、求人広告をみていました。
同じ条件でいくら探しても応募したいと思える仕事はありませんでした。
そこで新たに検索するとー全国を旅しながら商品を売るという出張仕事を見つけ、考えるより先に応募のクリックをしていました。
面白そうだとワクワクする期待、それが条件を無効にしたのです。

結果として、その仕事は男性でもハードだということで別の仕事を提案されました。
その仕事も決して楽ではなさそうです。
けれども年齢だけでもハネられるようなところを面接していただいて、、面白そうな会社だし、少なからず興味のある分野なので頑張ってみたいと思っています。
とはいえ、もうひとつ現場責任者の面接を受けなければなりません。
まだペンディングは続きます。

そこで仕事のことについてUnknown Sound を流すと、意図して日本語でメッセージを受け取るようしてみました。

今の状況は、あなたの恐れが創り出している。
恐れを消し去りなさい。

う〜む。とりあえず浄化の魔法を。

ギャラクティック・ルーツ・カードにガイドを頼んでみました。
1枚引きすると
45 長期的目標 シリウス 過去
のカードでした。

そういえば、ビジョン・ボード、途中でした・・・
どうしても途中で手が止まってしまうのでした。
そこをしっかりせずに忙しい仕事に身を投じるのは確かに元の黙阿弥です。

もう少し具体的にアドヴァイスをもらおうと
補うカードを引き、直感で展開してゆきます。
5枚になったカードはイメージとしてはDNAのような細い螺旋形に並べられました。

まず、何も考えずにUnknown Soundを流します。
するとカードに手がゆき、カードを動かし始めました。
しばらくの間、まるでエネルギーを動かすようにカードをシャッフルし、やがて先ほどの螺旋を抽象(地上)化したような直線になりました。
順序も変わっています。

本を開きたいのを我慢しつつ、1枚ずつ手のひらに包んでメッセージを言葉で受け取ることにしました。

45 長期的目標 シリウス 過去
“私たちは教師のようにあなたたちを見守って来た
あなたにも同じ役目がある”

18 傲慢さ リラ 現在
右の鎖骨あたりから胸にかけて亀裂のようなものを感じた
“私たちの試みには足りないものがあった
それは愛”

71 故郷に帰るコンパス ベガ 未来
“あなたが望むものはここにはない
あなたはこの生を終えて帰らねばならない”

78 「一なる」存在を見る 地球 未来
“あなたが見るものは 私が見るもの”

3 変化 アンドロメダ パラレル
“あなた方に必要なのは流れること
この世界において形をとどめるものはない”

本の内容も確認したあと、
「長期的目標」 をテーマにUnknown Sound を描きました。
5枚のサインでした。

Journey onのビジョンは、『旅する魂を応援する』そこは変わっていないと感じます。
それは人の役に立ちたい、と言うよりは”地球の”役に立ちたい気持ちかもしれません。
そして私自身がこの地球に生まれる新しい意識・変容する世界を体験し、見届けたいからだと思います。

私に何かが教えられるとは思っていないけれど、眼差しは向けることができる。
それは私がEmerson Collegeで受けた教育であり、その眼差しは愛と言えるのではないかと思うのです。
眼差しと言う愛を持って人と接する。
それがパートナーや家族を持たない私が選んだ愛の表現方法かもしれません。

あくまでヴィジョンですから、今はまだ未熟で人付き合いに対してバランス悪いのですが。
できるだけ来るものを拒まず、去る者を追わず。
そんな感じで行こうと思います。

ただ末長く関係を続けることが良いのでもないと思うし、人生のある時期ーその人と出会いすれ違う瞬間、眼差しで分かり合えればそれでいいのではないかと思ってもいます。

写真の人はEmerson Collegeでの恩師 Andrew 。
なんだか無性にEmersonでのことを書きたくなって来ました。