歌い続ける細胞

近頃特定の病気と周波数の表を見つけ、ずっと凝視しながら考えていました。
そして氷やクリスタルの結晶化についても。

そんなところ目にしたこの記事、とても興味深いです。
音と病気の関係を示す驚異的な発見 : 人間の細胞は「音を発している」。そして「ガンになると細胞の音の調和が崩壊する」ことを米英の研究者たちが突き止める In Deep

以下に書くことは私の乏しい知識と経験から感覚的に発せられた根拠のない言葉ですのでご了承ください。

例えば、細胞がこの音を発し続けるには震え続ける必要があることは容易に想像できます。
逆かな。
調和した音を発している細胞には核があり振動し続けることができる。
(写真を見ても、がん細胞のイメージには核と呼べるものが見えない、あるいは崩れてしまっている)


核ができる条件は(石の結晶化の場合)結晶化するには液体の濃度が高まり均質化される必要があるのです。
細胞内の何かが失われて濃度(密度が)足りないのか、膜が破れることで(右側のイメージはそう見える)
がん細胞は増え続ける(と思われている)その原因は周囲や環境的な調和・バランスという制御を失うからではないだろうか。


一般的に音が響き続ける条件とは、狭い空間で壁が硬いことらしいです。
そういえば、あのサヌカイトも硬い石だと聞きました。(モース高度は水晶と同じ7、ダイアモンドは10)
そして共鳴した音は消えにくい。

一定の音を出し続けるには一定の振動を保たなければならない。
それができなくなるなるのは、物質密度の問題なのか、それとも音を発信する場所は他にあって、細胞はその音に共鳴しているだけなのか。
おそらく両方だろうと思えます。
(石にも内部から結晶化する場合と、外部の圧力や堆積によって形成される場合がある)
そして響き続けるには容れ物としての細胞膜ーー体が要り、その容れ物がしっかりしていることが必要ということだろうか。
音を発し続ける細胞とは共鳴し続けている細胞、とも言えるのかもしれない。




crystalize

先日出かけたミネラルショー。
会場を一回りしてから決めようと思っていたらとんでもなかった。
2フロアーある会場の1階を見た後、疲れを感じたと共に終了時刻が後1時間半に迫っていました。

そんな時、探していた一つ日本双晶の標本を見つけました。
長崎県奈留町の水晶山で出たもの。
いわゆる整った綺麗な石ではないけれど、ちゃんと双晶の特徴がわかり、平たくて突起二つのおまけ付き。
心の中で思わずにやけてーーしかしケースをひっくりかえしても値段がついてない。
店主に聞くと、「いいや、おまけで千円!」と言った。
そう、今日は最終日でした。

 84度33分この角度にくっついた二つの結晶が
日本で多く見つかる理由はまだわかっていないそうです

次に目に留まったのがこの石。

石川県小松市産の紫水晶。
前回ボリビア産のよく似た水晶を買っていたので躊躇したのですが、白山の近くから来たものということと、どこか惹かれるものがあって。
よく見ると二層になっていて、内側の石が紫であるように見えます。

三角柱っぽいですね

最初の方で目に留まり気になった奇妙な形の水晶がありましたが、いくつものトレーにたくさんあり、迷ってダウジングするとどれも違うと言われました。
同じ種類だけれど先ほどとは色が違い、結晶としては小さい標本の前で足を止めました。
2008年に見つかったものは濃い紫色、2019年のトレーにはややトーンの落ちたモーヴ色でした。(先に見たものは赤みがかった感じでした)
もっと淡いラベンダーは少し高値になっていました。
やはりたくさんあって、一つ一つ品定めしていると売り子のお姉さんが助言をくれました。
「私、面白いのを見つけたの」
そう言って見せてくれたのがこれでした。
根元から見れば2層なのはわかるのですが、でも剥がれて欠けたおかげで中の石が良くわかります。

その名もカクタス(サボテン)クオーツ。南アフリカ産

このような割られたちょい細めのものや、もっとずんぐりむっくりいくつかくっついたクラスターもありました。
紫とスモーキーの間、という感じ。

なんとなく集まった姉妹のような石たち

後数十分で終了のアナウンスが流れ始め、石を売る人は店じまいをしながら最後までお客さんの相手をします。

前回から気になっていて、今日も決心のつかない石がありました。
それがタンザナイトでした。
たくさん見たにも関わらず、ピンと来るものがありませんでした。
いっそルース?と見ましたがカットが気に入りません。
イメージはタブレットでした。
今日も見送りかーーと思ったところ、お、タンザナイトの標本。
手にとると銀色の石を抱いた小さな石でした。
またケースに値段がついていませんでした。
周りの石は全て値がついているのに手にするものには付いていないということが繰り返しありました。

青い色はバナジウムによるもの

標本ですから、宝石質のものを観る目からすれば価値は無いかもしれません。
でも、私には手に取る魅力のあるものでした。
ドイツからやって来たというおじさんからこの石を譲り受けました。

今朝は良い天気だったのでベランダで撮影大会。
そのあとは結晶するということについて色々ググっておりましたが、簡単には着地点は見つけられず。
結晶化するには二つの段階があり、まず液体が冷えるか溶剤を蒸発させることによってー液体の濃度が増し均質化ー安定性へと変わることで、”自然に”原子がorganizing principalに従って配列し分子となって核が生まれます。
その核が成長してゆくには過飽和状態が続く必要があると言います。

と書きながら字面だけを眺めているのですが、物質化の法則のキーがここにあるように思えます。
現実化するということが再結晶化だとするならば、
リラックスする(溶解する、古いプログラムを解く)
温度を下げる(液体-量子場を均質化する)
意図ーそれを実現化するorganizing principalが生まれる
量子が集まる(濃度が高まる)
核ができる(ここは不明)
そのエネルギーを持つ現実が整列し始める
な〜んてまた空想するわけです。

蓼食う虫も好き好き

いくつかの石に出会った帰り道、お役に立つのは私ではないのだなと思いました。
「蓼食うむしも好き好き」 そんな言葉があるけれど、そもそも蓼は葉や茎に辛味を持つのだそうです。
けれどもそんな草を好んで食べる虫も中にはいる、という訳です。
犬蓼は赤い空歩く人のエッセンスに入っている花。
その蓼自身は野菜が育つには適さない酸性の強い土地に生えるのだそうです。
お役に立ちたい気持ちだけはある。
その気持ちが先行する。自分の感情とかは後回し。
雑草の一種として地表を覆い微生物を育てているのだから、生えているだけで地球のお役にはたっているのです。
でも一見人間にとっては間接的な関わりであり無用の植物。
屁糞葛と同類です。
そして屁糞葛は絡みつきぶら下がりながら「それでもいいじゃない」と開き直る。
それでいいんだな。
私も触媒であり窓口であり糸電話の糸だというだけなのです。

マヤンエッセンスの赤い空と白い風を摂っている最中ですが、
それだけをというふうには行かずその時必要なものを使っています。
これは白い風の要素だと思うのですが、そのパラレル具合をどう処理するかというのが一つ私にとって課題のようです。

青い石を求めている自分。でも一昨日は手にしなかった。
別の意味で産土の神さまを通じて青には縁もある。
青の意味は鎮静だけじゃない。
シュタイナーの赤についての考察を久しぶりで読んだ時、面白いなと思いました。臓器と赤と青の関係も。
そしてシュタイナーの赤は液体を現すのです。
第1チャクラの色赤の意味するもの。
矛盾はしていないのです。
すべて違う意識層においての意味を持ちます。(なんとなくそうなんだろうなという感覚的認識です。)

宇宙の果ての空間を司るアグニは赤い炎。(高次意識界へのガイドツアー)
マヤの赤という色はこの”空間”に由来するのではないかと思っています。
しかし空と地球と蛇と龍と月では層が違う。
だから混乱するのです。
けれども層の違うものが一堂に会しているのが地球なのですね。多分。

数え切れない石の中から自分に必要なもの、あるいは引き合う石を見つける。
そして重い石を運んで旅してーーそうして石が見つけられるのを待つのを生業とする店の人。(自分にもそのような過去生があったらしいです)
面白いですね。

今朝起きたら晴れていたのでベランダで撮影会。
今回のミネラルフェアで出会った石たち。
いつか誰かの役に立ってもらう予定です。

鍵が刺さったようなファーデンクオーツ
山梨県、金峰山の水晶
K2、カンチェンジュンガ、石の出どころの山の名前に惹かれるというのも多々あります。
金峰山は昔登ったことのある山でした。
この日の夜はグレートトラバース3、妹と文句つけながらも最後まで見ました
栃木県、足尾の沢で取れたという小さな水晶たち。

淡い紫がかったボリビア産クオーツ
前回ダンビュライトを買ったお店
この店の主の雰囲気とか置いてる石の感じが好きです
カリフォルニアのお店の人だということがレシートゲットでわかりました
話しかければいいのに、、
水の中にバブルが
煙のように色の入った天青石
ファーデンクオーツを買ったらおまけでいただいたワイルドなクオーツ
ブラックトルマリンがたくさん
小さなアバロンシェルで太極

この日はクオーツばかり集めました。

そうそう、私 KIN233
赤い水晶の空歩く人
でした。


石の世界 smoky quartz

人生の中でちょこちょこ石や岩と触れる機会はありましたが、数年前にレムリアンシードと呼ばれるクリスタルを探しに出かけたのをきっかけに一人で何度かミネラルショーに足を運ぶようになりました。
でも人混みに呑まれたり、遠巻きに見るだけでなかなか「これ」というものに出会えないし選べないということを体験していました。

でも今回はクリスタルを良く知る人、アテンドーー立会人と共に巡ります。
その人はクリスタル瞑想会など開かれている石とクリスタルと星のマニア、
中川美奈子さん。

申し込みをした直後に見た夢の中に出てきた”雲母”という言葉とイメージをあらかじめお伝えしてありました。
そしてそのような石を最初に見せていただきましたが、それで満足してしまって今必要ではない気がしました。(中川さん、スミマセン)
さて、そうなると白紙に戻ります。
(出かける前に風呂に入り、今の私に必要な石とshopで扱える何か良いものと出会えますようにとアチューンメントはしてありました)

そして目に入る石の解説に耳を傾けながら、人の中を縫うように進んでゆきます。なんとなく、異種の石がくっついているものに目が行くことを感じていました。

最初に目に留まったのは見たことのない墨流しのように黒いものが”クリアに見える”クリスタルでした。

手に取るとクリスタルの出っ張りが!
恵庭岳の頂上の岩ーーシンクロだと思いました。
産地を見るとオーストラリア。
モララという鉱山で採れたスモーキークーツの標本だそう。
迷わず購入。

調べて見ると、ライオライト流紋岩という柔らかい石の中で守られるように結晶・生成したアミュレットストーンと呼ばれる種類のものらしいです。

これとは違いますがいわゆるアメジストドームのような丸い石を半割りにしたものを、昔英語の授業で見せられたことがありました。
ある元素からできたその石の外側は水によって削られ丸くなり、その内側には結晶が。
外側から加えられた力によって形成された形と、内側から作用する見えない力によって生成される形。内から形成するforce。
その先生は特別石が好きだと言っていました。

この日は石にまつわる思い出がいくつも思い出されました。
河原の石を集めていた父のこと。
開口健のガーネットの話や銀の匙に出てきた琥珀のくだり。
自分と石との繋がりを思い出していたのかもしれません。
星だって、大きな意味では石であると言えます。
小惑星リュウグウはフローライトのような形だったし、望遠鏡からのぞいた恒星アルクトゥールスは、硬さを感じるクリスタルのような光で輝いていました。

もちろん、どのような意味を持ちヒーリングに使えるものかも調べましたが、単色のスモーキーでもないので、自分で感じて見るしかないなと。
昨晩は疲れて眠ってしまいました。


そして今日いくつか気づきがありました。
ふとレムリアンシードを見ていて、クリスタルの透明な部分と不透明な部分についての理解。
ショーの会場で最後に見た不透明なクオーツは惹かれたけれど買わなかったこと、モララスモーキークオーツを見つけた時に感じた透明な中にたなびく煙が見えることから感じたもの。
以前スキオセッションで指摘されたことと、誕生日のエッセンスが語ったこと、とこのクオーツの効能とーー繋がり。

左手のひらに包みUnknown Sound Transmissionでこの石に関する情報とヒーリングファカルティを聞き出して見ることにしました。
胸の痛み4>みぞおちの強張り3>喉の違和感5>上昇>AYHW語(天使系)
右手に持ち替え
首の調整時計まわり>下降>首の調整左まわり
左手に持ち替え
左膝にポイントを向ける 両足にピリピリとしたエナジーが流れだす >
左ももにセンセーション
右手
鼻 > 右斜め前方のエーテル体
soundが終わってもしばらく両足からエナジーが出ている感覚あり

この石の性質をチャネリングしたのではなく、そのまま私に必要なヒーリングが行われ、私ならばどのようにクリスタルを使えば良いかもわかりました。
クリスタルをSHOPで扱うこと、エッセンスを作るなど可能性として考えていましたが、ヒーリングモダリティとしてUnknown Soundと一緒に取り入れられることが示されました。

このカタチ!以前から丸い石には惹かれない理由がわかりました。

もう一つ買ったクリスタルについては次回へ続きます。