喫茶遍歴 一

私と言う人間を形成した要素の一つが喫茶だと思っています。

けれども介護で忙しかった間、コーヒーはマシンで淹れ、お茶はティーバッグへ。
良子の部屋で「中国茶の間」を始めようと思いつき、久しく離れていたこの世界に触れました。
ちょうど蟹座新月とあいまって、私の欲求はこれだと思いました。
それは仕事としてすると言うことではなく、私の根本的な欲求だったのです。
「一人で静かに過ごしたい」
家族は仲間は大切な存在ですが、私とはそういう時間が必要不可欠な生き物なのだと。
昨日自分のために茶を淹れながら、そう自覚できました。

ですがそれはそれとして、
茶の間の主人としてみなさんそれぞれの茶会を体験していただけたらと思っています。
話し相手が欲しい方にはおしゃべりを。
そんな訳で、ここはひとつ、私を知っていただくために私と茶の馴れ初めを書いていこうと思います。

始まりは・・小学校低学年の頃に遡ります。
昔ー父の友人の奥さんがJAZZ喫茶を営んでいて、時折そこへ連れて行かれました。
漆喰の壁にモダンなインテリア。
レコードがたくさんあって、スピーカーからはベースの音がボンボン響くような曲が流れていました。
私が行くと作ってくれたのはアイスクリームの乗ったココアでした。
大人しくストローで吸いながら、父と奥さんの世間話を聞いていました。

その頃我家では、普段は和食でしたが、日曜の朝だけリーフの紅茶やインスタントコーヒーでパン食でした。
母が好きだったんでしょう。
母方の祖母もこだわりのものが好きな人でしたから。

高校生になると、花屋でアルバイトをするようになりました。
休憩時間に街をぶらぶらしていて見つけたのが大きな木の看板。
矢印の細い路地の奥を進むとまた看板。
ビルの裏手のようなところから地下へと階段を降りてゆきます。

ドアを開けると薄暗い空間にガス灯がともる焦茶のカウンター。
クラシックが流れる店内にはワイシャツに黒いベストの主人と男性客が一人。
私もカウンターに勧められて少し離れて座りました。

それまで、本格的な珈琲を飲んだことがありませんでした。
そこで、珈琲を注文。
目の前で店主が豆を挽いて、準備します。
無駄な所作がありません。
まるでお茶を点てるように決まった手順で美しく珈琲を淹れているその手元をじっと見つめて待ちます。

棚には名だたる窯のカップが並んでいて、壁には油絵、銀花と言う季刊の雑誌が並べてありました。
大宮の「茜屋」と言う店でした。
軽井沢が本店で、今ではあちこちに支店もあり有名ですね。
この名店も今は主人も入れ替わり、地下から移転してその濃さが薄まってしまいました。
ないものねだりです。

生まれて初めての苦い珈琲。
すするように我慢しながら飲んだことを覚えています。
当時、私の時給よりこの一杯の珈琲は高かったのです。
ですから頻繁には行けませんでしたが、この隠れ家へは大抵ひとりで、時折気に入った人を誘って通ったのでした。

akaneya
写っているのは今の店内ですが、以前のままのカウンターと店の半分はそのままに移築されています。

つづく

12月の予定

9月から始まる講座の日程の打診がありました。

いつものように内に問います。
大抵私の頭で考える最善とは違う答えが帰って来ます。

12月は打診された10日ではなく3日か17日にすべきだとの返答。
う〜ん、まだなんの予定も入っていないので理由はわかりません。

このような問答を20年近くして来て、その結果をまじまじと体験しましたので、こう言う時私のとる行動は決まっています。
内からの答えに従うのです。

そして講座は3日に決まりました。
その時ハッと気がついて、自分が参加したいと思っていた10000人の第九のページを確かめると、
練習日はチェックしたのに本番が12月3日でした。 。  。

色々問い直しましたが、講座は10日ではダメだとのことでした。
ですのでそのままにします。
第九に申し込みます。
講座にもコミットします。
どうなるのでしょう^^

なんのことはない、気が落ち着いていったら申し込むのを忘れ、気づいたら締め切りをすぎていました・・

アイヌモシリ(大地)とフッキ(花)

フキノトウは街育ちの私には特に好きな花ではなかったけれど、2年前私をニセコで迎えてくれて初めてエッセンスを作った花。
そしてこの春見入ってしまった中心の赤いニワトコの花。初めて見る花だと思ったら、それはよく知るスコットランドのエルダーと同じ花だった。
記憶をくすぐるフレッシュティーの青い香り。
シラネアオイは山登りをしていた頃一度は見にゆきたいと思っていた花。そして北海道-ニセコにもあるのだと最近知り、クリスマスローズがなんとなく気になるのはこの花に似ていたからだということもわかった。

仕事も何にもしなくていいと言われたらどうする?」
10日程前そう訊かれて口から出たのは「北海道に行きたい」という言葉。

ああ、もっと何かあるだろうともどかしく自分でも思うのだけれど、それ以外の言葉は出て来なかったのでした。
だから仕事を辞めることに加え、一度は北海道に行かなければ始まらないとも思っていてー
そう気づいた時、この映画のことを想い出したのです。
『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ) アイヌの姉妹の物語』
そして観に行ったのですが、、最初の30分くらいは忍耐でした。危うく席を立ちそうになりました。
映画として見ながら、技術的なことから内容に到るまで、様々な批判が胸に湧いてきました。
でも、フッキさんのムックリの演奏と、絵見さんのウポポ、素朴なトンコリの音色。
これを聞くためだけに来たのだと思いました。

映画を見た翌朝、母に家系のことを尋ねました。
祖父母は上京した後出会って結婚し、母は東京で生まれました。
祖母は富良野、祖父は札幌の出身だったそうでアイヌの血は流れていないようでしたがこの母を選んだのも過去生+その辺の理由かもしれません。
物心ついた時には、北海道への憧れがありました。

北海道一九九八

また様相が二つになって来ました。
宇宙か、地球か、この二つを繋ぐ記憶があり抜けているだけなのか。
まだ、何かが欠けている気がしています。
いえいえ、そうではなくて季節になると繰り返すこの感じ。
宇宙も北海道も帰りたい場所なのだと思いました。
ヤマブキのエッセンスを取っているこの頃、インナーチャイルドと相まってこの気持ちが刺激されているのかもしれません。

砂糖粒とビクトリアンショートケーキと紅茶と

埼玉より上って下って二子玉川へ。
こぢんまりとしたカフェでテーブルを囲んで初めてのホメオパシースタータークラス。
ナビゲーター ヤジマジュンコさんの話に耳を傾けました。。

ご自身のスクールで学んだ4年間の知識と自身が摂ってきた経験。
日々レメディを求めてくる人たちと対面し話すうちにいろんなことに気づいてゆき、本当の初心者に気軽に質問できるスタータークラスがあったらと思ったそうです。

私はといえば、ホメオパシーというものを初めて知ったのはオーストラリア行きの飛行機の中。
ドキュメンタリー番組でした。
プールいっぱいの水に1滴のエキス。
そんな気の遠くなる程希釈された水を染み込ませた砂糖玉。

次に出会ったのはスコットランド+イギリスに住んでいた頃でした。
耳鳴りがひどく、知り合いに勧められて薬局で買ったのが最初でした。
シリカではなかったかと思います。
フラワーエッセンスの師であるマリオンもホメオパスだったので、エッセンスの話の中に”マヤズム”という言葉を聞いたりしていました。
後に地域のドクターに”残念ながら、ここでできることは何もありません”と言われて帰ると、下宿先の家主のお婆さんが難聴と耳鳴りの人をサポートするNPO団体へ問い合わせ、取り寄せてくれた資料の中でイヤーキャンドルや他の民間療法と共に紹介されていました。
その時イギリスには王室のホメオパシーの病院があることも知ったのですが、結局学生生活に忙しく、通うことはありませんでした。

実は日本の民間療法にもホメオパシーと似た仕組みのものがある–風邪の時の生姜湯、暖かくして熱をだすこと–ひいては日本神話の中にもその源流とみられるものがあるというお話から。
偏らず、でも必要なことはきちんと伝える。
これが初めてのクラスとは思えぬ小気味良いテンポで話は進みます。

そしてあっという間に時間が過ぎ、お茶の時間。
スリランカのお茶でDIMBLA。
パンチがあって程よい渋みだけれど微かな清涼感。
酔貴妃のように、酔えそうなお茶。
フードスタイリストAKIKOさん特製スポンジケーキはお土産にいただいて帰りました。

1-BBCFB739-0BD9-4E2E-B4E3-D4B0309F2309

地球交響曲第八番

今朝早くお誘いを受けて、友人と観てきました。
映画は「樹の精霊の声、すなわち宇宙の声を聴く」というテーマから3つのエピソードを通して語りかけてきます。
私個人が響いたこと、見つけた縁について、忘備録として書きたいと思います。1-8B364F66-1CA9-41D4-B210-6EA499437441
シネマ・チュプキ・タバタ *小さなユニバーサルシアターです

奈良県天河大辨財天社に伝わる能面の復活と災害からの復興、宮司さんがおっしゃった、「私のしてきたことは全て間違っていたのか・・・もう一度やらせてください、と神様にお願いした」という言葉と、能楽師の方が面おもてをつけて見える世界について話したこと。
私も神社のお祭りで舞楽の奉納をした時のことを思い出していました。真っ暗で小さな穴から覗く世界。見えないけれど、足に感じる赤いもうせんと絲鞋しかいの擦れ、かがり火の明かり。面をつけるのは多くは走り舞ですが、それと平舞とではやはり感じる世界は違うのです。
雷に打たれ死んだ部分と苔に覆われた生きている部分が共存している楠の大樹。その樹の生い立ちを語ったのは能面打。
古い樹を能面打が彫る時、精霊ものせると言います。映画には出てきませんが、私の好きな円空仏も同じことだろうと思います。

ヴァイオリンのエピソード。川底から引き上げられた古い木、トウヒの樹から彫り出されたマリア像、ヴァイオリンとなって歌い、人に語りかける樹、そして震災・津波−様々な樹の記憶。
ひょっとしたら、ストラディヴァリウスは、Ringing Cedarのような記憶を持つ木から作られたのではなかろうか?
個人的な繋がりを手繰り寄せれば、私は材となる樹が生育するドロミテの山周辺を歩いたことがありました。
また、祖父は農学校の教師でしたが、ヴァイオリンを弾いていたと聞いています。新潟県の片田舎で、なんだかそぐわないような話です。息子二人と祖母を残して20代前半で戦死しました。祖母から聞かされた祖父の話は少なく手がかりがないのですが、なんとなく、祖父は宮沢賢治に憧れていたのではないだろうか?そんなことをふと思いました。

気仙沼、山と海の繋がりは憧れにも似たもの。それは畏敬の念。それを繋ぐのが川であり瀬織津姫であり人だった。そして熊野。天国と地獄を孕む海。人は自然に生かされている。

彼岸にこの物語を観たこと。
一年前、旅して私が聴いた木からのメッセージ。

 

2017.1.1

年末は度々気圧の変化で体調が悪く、再び29/30と頭痛に悶え一年を振り返る余裕なし。
31は朝から温泉に浸かり眼鏡を手元照準に新調。掃除はまるで終わらずスプリング・クリーニングにプラン変更。
夕方から紅白を見ていて気がついたら第九を見逃し、夜中祖母の寝言に悩まされ今朝は二度寝して起きたら10時でした。
夢では俳句を詠んでいたような、、そのくらいしか覚えておらず今晩見る夢を初夢に認定予定。
そして寝ぼけて鶏肉なしの精進雑煮を作って食べました。

今年は魂のプランへの導きを星と北の大地に求めてAURORA TAROTを1枚。
引いたのはpurple saxifrage ムラサキユキノシタでした。

1-269bf0e0-6ba9-4653-987d-3f3123418b34

もちろん解説を一番に読みましたが、カードを頭に乗せて目を閉じると・・
さきがけ
手の小指へと流れるエナジー
あたたかさ
と感じました。

続いてメッセージを内へ求めると・・
今日、あなたの心にある記憶の扉は開きました
新しい光とともに歩みなさい
この光は夜明けであり、すべての存在を蘇らせるでしょう
あなたがすべきことはこの地球に愛をひろげること

AURORA TAROT/ジューン澁澤 は最果ての大自然、極北の世界のモチーフで構成されるカードです。
キーワード
パイオニア、タフ、境目に存在するもの、これから栄える場所

ちょうどお花だったのでエッセンスがあるかもしれないと探してみると、
アラスカンフラワーエッセンスのリサーチエッセンスにありました。
他にも、
http://www.wildearthwisdom.com/index.php/essences/arctic-essences
http://www.floracopeia.com/Store/FlorAlchemy-Flower-Essences/Purple-Saxifrage-Flower-Essence.html
Reconnect–この記述を読むと、どうもWater violetに通じるものを感じます。

にあり、どちらもアイスランドの花で作られたエッセンス。
とりあえず本家にはないのですが、他サイトで手に入るアラスカンのエッセンスを注文。

The Practitioner’s Encyclopedia of Flower Remediesという本の中にも、purple saxisfrageについての記述があり(Google Booksで一部閲覧可能)ますが、、どのエッセンスについてのものなのか定かではありません。

氷河の後退した荒地に一番に入ってくる植物だそうです。石灰の多い土地に生え、極北、あるいは4000mを超す高地にも生息しています。花弁は食用でき、苦味から甘味へと変化します。イヌイットの名では”赤い何かに似ている”花という通り、ムラサキというよりモーヴからマゼンタ色。もっとも早く咲き春を告げる花。

とにかく、一年を内包する今日のエッセンスとして受け取りました。

companion

Essences in Japan のページをどうして行ったら良いか考えていて、
日本の花のエッセンスに特に関心と熱意を持って勉強されているRieさんに相談しようとメッセージを送ったのが約1ヶ月前のことでした。

小石川植物園にでかけ、くまなく歩きながらバッチフラワー・レメディやファー・イースト・フラワー・エッセンスに使われている植物の逸話等たくさん教えていただきました。
1-img_5289

倒れたバーベインのあられもない姿を見てこの一連のことに関する自分と重ねて見たり、
ウォーターバイオレットよりビーチなんじゃないのと思ってみたり、
そういう所がセントーリーと言われそうだと。
バッチも勉強中の私にとって、その姿を間近で見られたことはとても良い勉強になりました。

1-img_5394
こんもりと茂った南天萩 にグレ〜モーブの羽にひとつオレンジの紋の入った蝶
夢中で吸ううちに逆さになっていました

植えられた木々や植物が多種多様なので、その周りに生える雑草もほんとうに多種に渡っていました。
しかし、じっくり観察やアチューンメントどころかヤブ蚊と痒みとの戦いでした。
ちょっと備えが足りなかったです。反省。
高温多湿の気候の中汗だくで、野原と化した薬草畑まで4時間かかって一周しました。
明晰なRieさんとベンチでいろいろ話す内に、やっと当面の方向性と目標が定められ、私にできる今から始められることがわかってきました。

1-img_5401
静岡・本山のお茶で、釜入り茶のような仕上の香寿
茶の木の花のエッセンス、いつか作りたいと大分前から思っていました

そしてこの日私が気になったのは、
ヒマラヤ杉の葉が降り積もった地面や木の足下にはキノコが、
彼岸花には黒いアゲハ、
酔芙蓉にはオレンジの蝶、
南天萩にはベニシジミ、
とコンパニオンのように異種の仲間がいることでした。

ちょうど一週間程前、蝶が孵化した後のさなぎの残骸が壁のいたるところにくっついていて、ホースの水で洗い流そうとしている夢を見ました。
関係あるのかないのかわかりませんが、、蝶の姿で会えて良かったなと。
私が嫌悪する幼虫や蛹のグロテスクさ、彼岸花に対する得体の知れない怖さには共通点があるように感じています。
それが自分の中にあるということが怖いのかもしれません。

かなり日焼けして帰りは朦朧としていましたが、Rieさんは涼しい顔でこの後まだ行きたい所があると楽しそうでした。
Rieさん、ありがとうございました。

1-img_5367-001刺の無いサイカチの木にかなり真剣なRieさん

橋の袂で

ここ数年、再び訪れる様になった場所があった。
そこを後にして、川のゆったりとした流れを見ながら駅まで歩く。

いつも決まってある場所にさしかかると堰を切った様に涙が溢れてしまう。
それは想い出を反芻しているからだと思っていたのだけれど、違ったのだった。

「ありがとう、良子さん」懐かしい声で、そう聞こえた。
ああ、耳には聞こえないその声を私はいつも聞いていたのだ。
そこは川に架かる橋を渡る少し手前だった。
去り難く、でも自動車教習所の目の前で、、結局ごう泣きするのだった。

IMG_5162
川沿いの薮に見つけた仙人草。浮かんだ言葉は天国への階段。

恋愛映画

手をつなぎ、階段を昇った。
別れる時になってどちらもサイキックだったことを確認したが、
彼は帰らなければならないし、だから私は彼のことを愛せないと彼が言った。
最後はバスに乗って妹たちとともに香港に帰ってしまった。

最後に付け足されたCMは台湾料理(目玉焼きX2にソースがかかったもの)を作るシェフ、そして”デミアン”という言葉。
ああ、映画だったんだ。
そこで目が覚めた。
しばらく茫然としていた。

その前には家族が出てくるべつの内容のものを見ていた。
その夢の間気になったメッセージは
紅花の染め物。高価だった。
そしてびんがらという言葉ー庄内地方の方言で服のひだ、皺のよった服

今までにないパターンの夢だったのでメモ。

Representation of Nature

昨日有楽町へ出かけた時、神保町いちのいち で見かけた sola cube
すっごく綺麗でした。

クリアなアクリルの中に自然の完璧なかたちと時を閉じ込めてしまったかのようで、その存在感に惹かれました。
形あるものはいつかその姿をなくし自然に還ってゆく。
それでよいではないかと思うのです。
日頃、人が手を加えて自然そのものを超える要素がなければ意味が無いと思っているのですが、
けれども、キューブに閉じ込められたことでその時の無数に繰り返される自然の営みの中のひとつのかたちは、フォーカスを得てたったひとつの特別なものになりました。

Paul Matthews 彼はPoet 詩人なのですが、昔し授業を受けたことがありました。
そして、いつだったか(死と再生について-なのでイースターの頃だったかも)学期の始まりに彼が話したことの中に、人が何かを創り出す時、そこにはかならず死があると言っていました。
詩を書き留める、それだけのためにも- – – 紙を作るためにはパピルス、あるいは木が必要であり、そこには植物の死があると。
けれども、人が何かを創り出す時、いのちも吹き込まれるのだと。
そんな内容だったと思いだします。

映画フラワーショウを見て、主人公メアリーが訴える”デザインの力”について考えていました。
ガーデンはやはり人の思考と手がつくるものです。
自然の創造にかなう物は無いと今でも思うし、秩序の無い雑草のdominationでさえ、地球にとってはそのままで良いのです。
ですが、それでも人が”自然”にその思考・手を加えて何かを表現したり創り出そうとすることの意味とはなんなのだろうかとずっと疑問に思っていました。
それは、やはり人のための行為だと思いました。
人に伝え、気づきを呼び、そして分かち合うためです。
創り出したものは波動を持ち、人に影響を与えます。
それだけでは無く、ひいては巡りめぐって自然や地球を支え、助ける行為にも及ぶ可能性があるということ。
あるいは、直接的か、間接的か、という違いだけかもしれません。

メアリーの夢がかなうまでの物語であるこの映画の中には、(ネタばれ注意)
フィンドホーン共同体で起きた奇跡に通じる- – – 実現化のエッセンスが鏤められていました。

夢とは自分の本質(子どもの頃、あるいは遠い記憶・・)が望むもの、惹かれるものの中にその種がある
それは自分を満足させるためのものではない 大きな目的が根底にある

必要な試練を乗り越える 夢を思い出すため、そして成長するため

(最初の段階で人に話さない方がよい、けれども言葉にして貼っておくのはよい)

自分を信じてその時の最善を尽くす 行動する(冒険がふくまれる)

奇跡は独りではおこせない たくさんの人に助けられてこそかなう
 (このことから、ホーリー・ソーンの花がどうしてあのような姿かたちなのか意味が分かった気がします!)

そして、彼女の人生のキーとなったソーン・サンザシの木
花言葉は 希望

フィンドホーン・フラワー・エッセンスにもHoly Thornがあります。
キーワードは 受容 です。
この花についての記述を読むと、彼女の夢を追う課程がサンザシのエッセンスのRepresentであったとも感じられます。
Marionの初版本ではキーワードはRebirth、そして Creationとあります。
(私はこの本もできるだけ目を通すようにしています。この本にかかれているキーワードが花のエッセンスの入口であり、出会いとでもいうべきもので、2冊目のフィンドホーンフラワーエッセンスHANDBOOK
でとりあげられたキーワードはより深い本源に通じる表現だと感じるのです。)
こと、グラストンベリーのホーリー・ソーンには、その伝説から奇跡と再生の意味が含まれると感じています。
過去記事 Holy Thorn について

15-FFE015

彼女の物語の中に、これらのキーワードすべてを見て取ることができます。
というのは私個人の解釈でありますが、、
映画に描かれているのは雑草ガーデンの美しさではなく、彼女の夢をかなえるまでの奇跡の物語です。
そして、映画もまた、その物語を多くの人々に伝えるためのrepresentationなのだと思います。