コミュニケーション 

旅に出たいとムズムズ。
マイルも溜まっているし–行き先を夢想していると、突然受信しました。
弾むように繰り返す歌は楽しい様子。
一体どの行き先が呼んでいるのだろう–ペンを取りノートも取りはじめました。

すると、途中聞き覚えのあるリズムの話し声に変化しました。
トト!
私の変容を手伝っているという未来の地球から来た子供。
昨日気になっていたので–話しかけ質問したのですが、その時は疑問を残す問答になりました。
彼らが望んでいるのは”ドームのない地球”ではない–ということでした。
(ドームのない地球とは私が勝手に想像した平和な世界の例えです。彼らの地球は二つに別れていて、一つはアキラのような荒廃した世界で、もう一つはドームの中に自然があり、平和に暮らす人々がいるというもの。そしてトトの望みは私のDNAを後世に残すことというものでした。肉体的には残せないのでどうやって?という話から始まっています)
それを聞いてやや複雑でしたが、仕事中の休憩時間に疲れている状況でそのような通信を試みるのも良くなかったと思い直し、
そちらから話したいことがあったら話しかけてねと昨日お願いしたのでした。

顔を見せて、そしてメッセージーがあるなら日本語でと頼みました。
前回の通信では、彼らの地球を見に来て欲しいと言われていました。そうすればヒントが得られると。
ずっとどうしたら見に行けるだろうか?と頭の片隅においてはいましたが、その手立てがなく時が過ぎていたのでした。
なので、今回もまた、どうやって?と訊いてみることに。
そのやりとりがこちら。

あなたはここに来てくれないの?
 行きたいと思っています でもどうやって?
あなたには心の目があるから
もうすぐ見えるようになる
ぼくらはこの地球に働きかけています
この星の未来から見ています
あなた方の意識は
ここに愛を送ることができます
明日からラインが繋がるでしょう
 どうやって?
ぼくたちを想像してみてください
愛に溢れるこの地球を

明日からラインが繋がるって何でしょうね^^
私にはヴィジョンやイメージとして観ることはできず、Unknown Sound(Light Language)を通して感じている世界です。
この感覚の芽は植物へのアチューンメントを通して2003年頃生まれたものですが、私の場合は受け取るメッセージが植物に限らず、多岐にわたりました。
そうして瞑想を通じてメッセージを受け取っていた時は不安が頭をもたげ封印した経緯がありましたが、ある時疑うのをやめると決めたのでした。
そしてライト・ランゲージを学び始めてからは、そのような不安は感じなくなりました。
この数年言葉にしないことで悟性を通さずにパイプになる訓練をしているのだと理解すると同時に、私のサウンドの帯域のようなものがわかって来たように思います。
言葉よりも音の波の表現に寄っていると思います。
ですからUnknown Soundと名付けたのです。
相変わらず翻訳はできませんが、最近は再び少しずつ言葉にする回路も通しはじめています。





水の気配

節分の日にできたエッセンスは、マヤとの縁を意識に昇らせました。
そして待っていたパレンケ遺跡–聖なる直観のエッセンスは新月の日にポストに入っていました。
五つのエレメントの中のWATER、水のエッセンスです。
アカシックレコード、グレート セントラル サン の新しいコードにアクセスし、
聖なる直観と気づきを高めるためのものだと書かれています。
このエッセンスを摂り始めると、様々なシンクロがうむ新たな疑問に答えが(直観を通して)やって来ました。


梟の名のつく喫茶店で打ち合わせをすると、畳み掛けるようなシンクロの後、今まで考えもつかなかった方向に物事が流れ始めました。
お互いにとって手探りで、まだ手放しに喜べるものではありませんが–それで良いのだということはわかります。
それがJove Tarotで耳にした”パンドラの箱”であると私にはわかりました。
そして、パンドラの箱の物語が何を語っているのか–という問いに答える投稿をFBで目にしました。
“二極性の先にある世界”です。
その世界に希望の矢を放つことの重要性。

その日のシンクロの最たるものが梟でした。
梟の神が自ら謳った歌 「銀の滴降る降るまわりに」
私を北海道へと誘った言葉たち。
知里幸恵ノートを探しに北海道へ向かった17の冬。
久しぶりに読み返し、この歌は何を物語っているのだろうかと考えていました。
昔貧乏で今はお金持ちの人々、昔お金持ちで今は貧乏な人々、そして梟の神の物語。
数日後、繰り返し私の頭に流れていたのは年始にエッセンスを作った時に流れたメロディでした。
このエッセンスはBalancing Karmaと名付けたものでした。
そう、これはカルマのバランスの話なのだ–とわかりました。
「あたりに降る降る銀の水、あたりに降る降る金の水」そう歌いながら梟の神は舞い降りました。
それは雨のように降る宇宙からの光であり、そう歌うことで実際に降り注いていたのだろうとも思えました。
そう謳った翌朝に起きていたのはmanifestationです。
それはライトランゲージによるアバンダンスワークのケーススタディのようにも理解できます。
音とは、見えない世界とかたちある世界との中道–架け橋なのだということも。

昨日はあの早咲きのあやめがどうして咲いたのかがわかった気がしました。
この冬の長く続いた乾燥のあとで、やっと雨が降ったのです。
その雨が、命のスイッチを入れたのだろうということでした。
ナマクワランドで雨季の始まりに一斉に花が咲くように、です。

今日は用事を終えて家へ帰る途中、冷たい空気の中にはっきりと春を感じました。
そして、私が感じた春らしさとは温度ではなく空気に満ちている湿り気、水の気にあるのだと気づきました。
体内の細胞–DNAは水の中で生きています。
だから水が伝えるのです。
そして水は天と地の間を循環します。


20190221

 朝起き抜けにFBでAluna Joy の投稿のリポストーー2016年12月の記事を読みました。
いつも分量が多いので後でと読み飛ばすことも多いのですが、今日は休みだったのでその場で読み始めました。
彼女はマヤンアストロロジーの人で、最近は世界中のパワースポットを巡礼するツアーを主催し、各地でエッセンスも作っています。
ホゼ・アグエイアス博士とは異なる3/21春分を起点とする暦を提唱しています。
私が彼女を知ったのは1998年、フィンドホーン滞在中。
週末のワークショップに参加し、本を1冊買い求めました。
彼女の本は旅の途中で手放しましたが、名前は忘れることなく覚えていました。
数年前に再びマヤンカレンダーに触れるようになり、その時に検索しサイトを見つけだしたのです。

 その記事はパレンケ遺跡に眠るLord Pakalパカル王がもたらしているものについて書かれていました。
パカル王こそが、あの扉石(Breathing Universe-宇宙船に乗っているように見える)に彫られていた人物だったのだと知りました。
そこに書かれていることはLight Lnguage、そしてアカシックレコードについてであり、(最後にはエジプトのセクメトについても触れています)これは私にとって重要なことだと思いa diamond peace 純粋な平和– 星の種族のコード をダウンロードしてみることにしました。
The 13 Heaven を地上に降ろしアンカーするコードです。

 それは私たちに理解できるよう言語化が不可能な彼らの記憶であり、平和コードであり、彼らが地球に運んで来たもの(パレンケ王の意識が地上に残り、彼の先祖である星の種族も共にコネクトしもたらそうとしている)だとAlunaは言っています。
彼女らは昨年その3段階目に入ったとエジプト訪問の際に確信したようです。
そのコードはメモリーディスク(クローバーの葉の形に似た)に記憶されているとも書かれていました。

 ずっと関心があったマヤのことについて、たくさんある興味の一つだと思っていましたが、違うのだとやっとわかりました。
彼らのDNAは私の中にもあるのだと。

すっかり記憶の彼方に。また読み直さなければ


そんなことを考えていた後、流れて来た情報は小惑星探査機「はやぶさ2」が惑星「りゅうぐう」に明日着陸予定というニュースでした。
なぜ気になったのかというとーー
はやぶさ という言葉からすぐHAWKのカードを思い出しました。
英語ではFalconですのでニアミスな感じですが、私の中で結びついたのです。
2月のJove Tarotにも出ていましたし、スージーさんとのセッションで(これから1年のために)も引いたカードでした。

 惑星りゅうぐうと名がつけられたのは、このはやぶさ2ありきの話で、神話ーー浦島太郎が竜宮城から玉手箱を持ち帰るという期待感からつけられたそうです。
この星が見つけられたのは1999年五月上旬。(私にとって大きな変容期を経て光がさした時期でした)
小惑星りゅうぐうには水がある可能性も。
おかしいのはクレーターに桃太郎、きびだんご、おとひめ等と名がついていること。
金太郎も見つかれば某社のCMみたい。
明日の早朝、着陸の様子が見られそうです。

 二つのニュースと、Unknown Sound Essenceモニターレポートから、意識が整理され、はっきりくっきりと見えて来たものがありました。



Judgement

 スーパームーン、満月を迎えるにあたり今夜の学びとは?
休み時間に引いたAngelはRespect。
同じ服を着た天使が向かい合って胸の前で手を合わせお辞儀をしている様子が描かれています。
昨年末から何度か引いていました。
深く聞き取り全ての人のあり方を認めるーー言われていることはわかるのですが、自分の中にある硬さは実際岩のように動かし難いと感じていました。

夜中に空を見上げると、月は天頂に昇り薄い雲の上にありました。
ここから新月までの旅のためにカードをめくって見ました。
乙女座満月だしーーGODDES GUIDANCE(最近例のことで話題にのぼっているドリーンバーチュー氏のカード)で。


KUANYIN 観音さまは”慈悲” Respectのテーマそのまま。
月の女神DIANA ”意図に集中する” ポジティビティ、樫の木OAKと動物の庇護
GUINEVERE ケルトの女神 ”真実の愛” アーサー王との関わり

なんとなくピンと来なくてMYSTICAL SHAMANカードを手に取ってしまいました。


Thunder 『今後さらに必要になる資質は柔軟性と器用さ、そしてチャンスがどこからどんな形でやってくるかを指定せずに、すべてを進んで体験しようとする意思です』

Spiral  『育って来た柔らかく新しい皮を歓迎してください/自然の成り行きに任せるのです』

Corn『目標に向かって努力し、あなたの意図の種子を意図的に丁寧に植えてください/宇宙は常に必要なものを与えてくれると確信して良いのです』

Child『子供は、喜びと幸せへの道を知っています/常に心を開いて学びと発見を受け入れてください/新鮮な目でその人を見ることができますか?』

自身の内にメッセージも聞きましたが、メモし忘れました。
そして片付けようとした時、飛び出したカードが・・

Rainbow ! そして重なって隠れていたのがArrow。
『必ずふさわしい場所に着地する/矢の飛び方に干渉すべき場合ではありません』

今朝目が覚めて、観音になるー慈悲の心を持つには霊的に上昇し、しかし地に座るようにグラウンディングしなければならないと感じました。
ドリーンバーチューのカード、を選びながら退けたのもまたジャッジだったと感じました。
今見直せば、同じことが現れていたとわかります。
私の次の新月までのフォーカスでした。


節分

気づいたら節分でした。
初詣がまだだったので、ご挨拶と恒例の御籤を引きに大宮氷川神社へ。

雲ひとつない晴天、暖かく春の気配。
今日はこの空を見た時からエッセンスを作れたら、と思っていました。
Angelは 言葉が何も書かれていないvoid。

ちょうど豆まきが始まる直前に参拝を済ませ、福豆を求め福引でティッシュをいただきました。
ご神水を携えてーー藪椿の木を観察し、日本庭園から裏手へ。
夏至の頃にエッセンスを作ったあの場所へ向かいます。

石蕗の綿毛
藪椿はまだまだ、梅も咲き始めたばかり

向かう途中、静かに旋律が流れてきました。
松ぼっくりの散らばる広場に着くとボトルを置き、歌い続けました。

記録のために録音を始めた矢先、舞殿から”福は内”とマイクで叫ぶ声が風に乗って届きましたが、幸いすぐにその音は止みました。
この日は、たくさんの鳥がおもいおもいに鳴く声があたりに響き渡っていました。
そして5mほど先にはピンクの可愛らしい梅が咲いており、家族連れが写真を撮っていました。
この場所で作る以上はーー問題ではありませんでしたが、ふと気づくと冷たい風が吹き込んで雲が湧き太陽にかかりました。
終わりの合図と気づきボトルに蓋をしました。

何も食べていなくてお腹が空いたので、気に入りの食堂で炊き込みご飯をおかわりし満腹。
家路につきました。

短いメッセージを受け取りましたが、声の主が誰なのかまだわかりません。
このエッセンスで太陽の節目を過ごします。

冬のクリスタル瞑想

24日には天空サロンでのクリスタル瞑想に参加しました。
いつもたくさんのクリスタルを前にして目移りするので、”今の私に学びをもたらしてくれる石を”と思いながらスキャンするように視線を送って選んだのがこれでした。

ゴツゴツとして表面の反射で中が良く見えないのが気になり。
左手に乗せていると、左足からポンと痛みが抜けた感じがありました。

サヌカイトの音と誘導を聞きながらーー
この日は深い瞑想状態に。
心地よく深くリラックスしグラウンディングした感覚。
いつものように(私が何かにアチューンメントする時にはこう話しかけます)”イランカラプテ” 「あなたの心に触れさせてください」

はじめに緩やかな旋律が、やがて〜畏み畏み申す〜 祝詞が聞こえてきました。
“私は言の葉を伝える”
とだけ聞き取りました。

透かして見ると、アメジストの混じり具合や内包物が見えます。

シェアの時間に中川さんに尋ねると、このクリスタルは
エレスチャル(スモーキークオーツとアメジストが様々なインクルージョンを抱き込んだもの)で、骸骨水晶とも呼ばれること、このクリスタルを選んだ人は初めてだと教えてくれました。

瞑想で受け取ったメッセージは、ダブルミーニングのようにも感じました。
天と地の間に立ち、翻訳できない言葉を伝えることをしようとしている自分へ。
そして私が中川さんからいつも学びー感じていたことは、人に対する誠意と言葉のセンス、伝えようとする気持ちでした。
エレスチャルを見るたび、そのことを思い出すでしょう。

お土産に再び選んでいただいたのはこちら。
ストーンヘンジの石がいいなと思っていましたが、石の説明を聞くとピピピッとサインがありました。
縦に筋の入った”高次元に繋がるスマホ”なんだそうです。
貴重な石をありがとうございました。


そして引越しの前日に!お会いできて嬉しかったです。
ちょっと言葉にするのに時間がかかりました。
次はミネラルショーで。

ダンビュライト

rhythm & rest

先週、急に体調を崩し風邪を引きました。
ここ数年無かったインフルエンザを疑う様な熱を持った風邪でした。
3日目には仕事ができるまでになり、2連休でほぼ良くなった様に思えましたがーー昨日一日働いたらまたぶり返した感があり、鼻奥〜喉の痛みが再び。
今日は休みなので体を休めます。

仕事がシフト制なので、早番・中番・遅番と不規則です。
この働き方になってから半年余り、気づいたことがあります。
毎月翌月の休み希望を半月前までに3~4日提出し、あとはお任せでシフトが組まれるのを待つ訳ですが、そこになんとなく采配(計らないの魔法)を感じることです。

昨年は休みの度に大型台風がやってきました。
自ら取った休みはその最たるもので旅行の予定を全てキャンセルしなければなりませんでしたが、その様な時に”何があっても出勤しなければならない”というプレッシャーが無かったことは幸いです。

年が明けてからは、休みの日にテレビをつける度に天皇陛下や宮中儀式についての番組を観ていました。
平成天皇のなさってきたことは、昭和(戦争)の後遺症を癒すということではないかと近くで見てきた方の言葉がありました。
今日は歌会始、披講や朗詠の音の高低、仕方、名前の呼び方、松の間の様子などが興味深かったです。
昔雅楽・舞楽を習っていた頃にほんの少しだけ神楽歌も習ったのですが、その時のことを思い出しながら聴いていました。
今年のお題は「光」、この言の葉を年始に響かせる。
そして正月の一連の儀式が終わる。
これが生中継だったことにも驚きました。

さて、来月はーーイベントや学びに繋がる講座はないかと調べはするのですが、ここのところは何を訊いてもNoの返事が内から返ってきます。
stay, よそ見をするな、ということのようです。

早朝、深夜と時間をシフトしながら月の半分を空白にすることで生まれる巧妙ーー体を休め、忙しくしすぎないことで流れ込む情報をキャッチするーーを感じているこの頃です。








Winter Solstice

 冬至までの三日間、仕事は早番でした。
家を出る時刻、ちょうどマンションの谷間から陽が昇るのが見えました。
そして冬至の朝、日の出前の空高くに一際明るく輝く星があり、その星の美しさに心奪われーー調べるとそれは金星でした。
肝心の太陽は雲の中でしたが、通勤途中の車窓から金色の朝日を浴びることができました。

 この頃決まって想い出すのはイギリスでのクリスマス。
学生の大半は故郷に帰って人の少なくなったカレッジも村も本当に静かでしんと静まり返っていました。
私はどこにも出かけずキッチンでアルバイトをしていました。
クリスマス翌日boxing dayにはRuthが転倒して骨折し、救急車でタンブリッジウェルズまで搬送されると言うアクシデントもありました。

 今朝は起きると疲れを感じていました。
そのままベッドの中で自分を養うワークと体のメンテナンスをしてやっと起き上がりました。しばらくしていくつか見た夢の一部をふと思い出しました。
暗がりに向かって歩き始めると、その中からヒグマが立ち上がり現れました。
咄嗟に襲われると思ってLight Languageで話しかけ、続いて叱ってみました。
ヒグマは襲ってはきませんでしたが後を追ってきます・・・
アニメルメディスンカードのベアーは内省、冬眠する熊のようにドリームロッジで過ごす時間の必要性。
色々あった冬至のイベントに参加しようかと思っていましたが、今は内を観ろと言うことのようだと納得しました。

 何をするでもなく、日が暮れてやっと動き出す始末。切らしていた化粧水(フラワーエッセンス入り)とクリームを作り消耗しがちな心を満たし満足。
そして今年のクロージングの一週間のためにカードを引きました。



 今回はシンプルにスージー氏のやり方を真似て。
ハイアーセルフが伝えたいことを尋ねーー左手で一枚、右手で一枚。
ここからは自己流。
両手で挟んでエネルギーを感じ、その後メッセージに耳を澄ませます。

33 Magic 喉のあたりにいつもの違和感を長いこと感じていました。
“私を思い出すのです。私は此方からあなたと共にやってきました。そのことを思い出すのです”

47 The Smoky Mirror 左手にピリピリとした感触、首が動き出し体のあちこちが動き出しました。身体中にエナジーが巡る感覚。
“もう練習は終わりです。さあ動き出すのです”

ガイドブックの解説を読み響く言葉を取り込みます。
33
「どんなことも可能だと知っている子供のような純真さを取り戻し、驚嘆と畏敬の念を持って世界を見なさい」
シンクロニシティは魔法が現れ(奇跡を起こす)るサイン。
「あなたの役割は夢を見て、意図をして、次の行動のサインを待ち受けることです」とはまさにエッセンスを作るときにしていることそのままです。

47
「曇った鏡は、この世界でそれとなく暗示はされているのものの、すぐには解明できない数々の局面を表します」
「自分自身を超えた世界に目を向けなさい」
隠された領域で(現在の認識能力の限界を超えたところで)起きている相互作用ー全容を知ることは難しく、体験を通じて理解するしかないーーと言うこと。

わからないままどう行動に移せと言うのか?
問い直したい気持ちでもう一枚、アドヴァイスを求めてカードを切って自分で引かずにサインが飛び出すのを待ちました。

11 The Council  右足裏にびーんと弦が響くように痛みが何度も走る。
頭が降りてゆくーーこことは深いところのようだ。
“私たちはここにいる あなたは解き明かすだろう”

「評議会とは、人類のために集合的英知を保持している光の存在たちのことです」–White Brotherhood のことですかね?今ちょうどそんな本を読み始めたところです。
人類のアセンションを助ける宇宙の種族の中にもいくつもの評議会と呼ばれる意識体があり、光の存在と呼ばれてます。(その中の一つ、リラの時の評議会と呼ばれる存在の”愛”がライトランゲージの楚です。)

「それ以上のサインを待つことなく旅に出てください」

Yes, will do.

As Myself

インターネットで聞けるラジオ放送局
ゆめのたね

8月から東日本チャンネルで番組をスタートした パーソナリティ スミコ さん。
時々ご飯やら山登りやらご一緒させていただくお友達です。
彼女のこの半年の華麗なる転身には目を見張るものがありました。
きっかけは大変な苦境であったことに違いありません。
そしてその環境の中でチャンスを見つけ、掴み取ったことが素晴らしいと思います。
けれどももしそのことが起きなければ、この夢に近づくチャンスはずっと先送りになっていたかもしれません。
ゆめのたねは、どこで発芽するのかわかりません。
然るべき時にそれと知って芽を出すのだなと。

ところでなぜラジオ??とびっくりしていたのですが、今回名刺作成の打ち合わせで話を聞くと、なんとアナウンサーになるのが学生時代からの夢だったのだそうです。

番組名は「私らしく、あなたらしく」という思いを込めて
As Myself
毎週土曜 18:00~18:30
番組HPはこちら
facebook pageはこちら

毎週さまざまなゲストとのおしゃべりから未体験の世界が現れます。
今週土曜、11月17日の放送は神楽坂でも毎月連続講座をしていただいている
浅野典子さん(ホメオパスであり、フラワーエッセンスプラクティショナーでもあります)がゲスト出演されるとのこと。
運良く収録日が休みだったので急遽見学させていただきました。
話題はもちろん、フラワーエッセンスについてです。

この日はスタジオ近くの喫茶店で打ち合わせをして、すぐ本番でした。
スタジオは都内の廃校になった小学校を改築した公共施設の一室にありました。
玄関前には大きな楠があり、両腕を広げて迎え入れてくれました。

スタジオは文字通り縦長のワンルーム仕様。
防音室ではないのが面白いです。
白い壁で天井は高く、大きなMacのディスプレイとシンプルにミキサー?などの機械がデスクに置かれているだけ。
丸テーブルに3人分マイクとヘッドフォンが設置されています。
(想い起こせば高校生の頃–私放送部でしたっけ)
PAさんと挨拶を交わしそんなことを想い出しつつキョロキョロしていると、BGMの選曲が始まりました。
毎回ゲストの雰囲気や話の内容にぴったり来るようにスミコさんが選んでいます。
私もヘッドフォンを渡されて、マイクを通じてのやりとりに耳を澄ませます。
いくつかの確認を手早く済ませるともう本番です。
ゲストの典子さんの緊張は高まりますーーが、スミコさんは俄然仕事モードにスイッチが入った様子。

ーー収録終了ーー

30分はあっという間でした。
編集なしの半生放送。
水を得た魚の如くーースミコさんはゲストを導きその世界をリスナーの前に開きます。
ゲストは自らの世界を語った後、その朝開いたばかりの野バラのように頬を上気させていました。

典子先生とフラワーエッセンスの出会い、そしてファー・イースト・フラワーエッセンスとの出会いについてもお話されています。
ぜひ17日土曜の放送をお聞き逃しなく!





そして・・28日水曜日は神楽坂にて典子先生の講座があります^^

夢を叶える白き導きの花『柊ひいらぎ』
ファーイーストフラワーエッセンス 12の花ごよみ

facebookのJourney onページ、あるいは上記イベントページよりお申し込み・お問い合わせください。


伝えたいこと

「ありがとう。会えて嬉しかった」
そう伝えた時、実際に寝言で呟いていることに気づき目が覚めました。

夢の中でお葬式に参列していました。
でも本人はまだ生きているのです。
そこでの式とは向こうへ行く人に別れを告げる場でした。

私は最期を看取るのだと思っていましたが、
彼女のお母さんは、「良子さんに先にお別れしてもらわなければ」と言い、私は彼女に会いに行きました。
柱の前に立った彼女に向き合うと涙が溢れ、何か伝えなければ、一番伝えたいことは何かとーー押し出された気持ちとともに出たのがその言葉でした。

目覚めてすぐ浅間山のエッセンスをつくった意味はこれだったのだとわかりました。
軽井沢は彼女ともう一人の友と一緒に出かけた想い出の場所でした。
白糸の滝、鬼押し出し、北軽井沢、白根山のお釜、志賀草津道路から五色温泉へと下る道、山田牧場、丸山珈琲、、、
それも紅葉の時期でした。

彼女が去ろうとしていた時、私は虫の知らせを感じていました。
そしてそのことに気づきながら何もできない自分に無力感を感じるというパターンを身近な人や大切な人の死を通してその後も何度も繰り返しました。
ここまではずっと自覚してきたことでしたがーー
その人の生死に対して何かができたのでは?ということではなく、”生きているうちに大事なことを伝えられなかった” 後悔なのかもしれない
ーーと今回のことで感じました。

——–
小浅間山から見る浅間山の空へと続くなだらかな稜線は、今は立ち入ることのできない登山道でもあり、彼岸の風景でした。
ゴツゴツとした溶岩の塊が北東へ流れ出た様子が今も残っていますが、山容は穏やかで、女性性を感じます。
裾野を彩る木々は葉を落とし始めていましたが、岩の上には苔や地衣類の瑞々しさを感じ、その上に生えた木々は森としてはまだ若く、そこに広がるのは再生のランドスケープです。
私の大好きな火打山も、いつか行ってみたいと思っている月山にも同じエッセンスを感じます。
私は空へ続くあの道を歩いてみたいなーーと少し憧れのような気持ちをもち、対岸から眺めていました。

山頂付近で歌い、エッセンスを作りながら2時間ほどを過ごしました。
その間に何組かの登山者と行き交いましたが、女性だけのグループはどちらも楽しそうに辺りにおしゃべりを響かせ、賑やかでした。
帰りのバス停がわからず茶屋で尋ねると、早く来る白糸の滝経由のバス停を案内されましたが、私は気に入りのトンボ(!)の湯に入りたくてもう一つの路線バス停を探しうろうろするうちに先のバスは行ってしまいました。
茶屋でジュースを飲みながらひと心地つき、改めてバスに乗りましたが、降りるときに耳をおかしくしてしまいました。
風邪で鼻が詰まっていたので急な峠道の下降で耳菅が圧迫されたようです。
その後しばらくは右耳がかすかにしか聞こえませんでした。
パフィンに似た嘴のイカル。
カフェでは咲いているりんどうを見つけました。
そういえば、先日上野の山で冬のぼたん園の話を思い出していました。
どちらも彼女のエピソードに繋がる花でした。
彼女との別れが、私の人生に大きな意味を与えていました。
“今の”私の人格を形成する岐路だったとも言えるかもしれません。
オオオニバスのエッセンス。
記事を投稿すると、ある人が「人生を楽しみましょう」とコメントしてくれました。
その時素直に、「ーーそうだ、これからは楽しもう」と思えたのでした。
——-