Alternative Plan

那須岳でSOUL WATERを作った日のことで、書いていないことがありました。
今では観光地となった那須岳は、昔は鉱山で硫黄を噴出するガスから採取していたようです。その為の道が今は登山道となり観光資源に転じて行ったのだそうです。

山行きのバスでは良くあることなのですが、バスが満席になると臨時バスを出してくれるます。
本数の少ないバスで人が溢れた時の救済策です。
朝那須塩原駅で臨時バスが出て、ロープウェイも臨時便が出ました。
下山した後も麓駅に着くと乗ろうとしていたバスはほぼ席が埋まっていました。
出発時には座席に座れない人もいて、臨時バスが出ることになりました。
そして温泉から駅へのバスでも、道が混んでいるため時刻前に臨時便が出たのです。どこでもあることですが、那須では特に柔軟に対応するよう準備ができていると感じられました。
山頂手前でメガネが風で飛ばされた時、妹が予備のメガネをザックから取り出したのです。まさか眼鏡の予備を持っているなんて・・・
その眼鏡のお陰で自分のメガネを見つけることができましたし、見つからなかったらそのメガネを借りて下山することになったでしょう。

北海道、長野方面をおぼろげに移住先に考えていた私にとって、
那須は新しい選択肢として認識されたのでした。

フラワーエッセンスやネイチャーエッセンスを作る時にはそれを必要とする人に出会ったり、冒険が含まれていたりします。そしてエッセンスの持つ性質、もたらすものを作る過程で体験するということが起こります。
その点では、家のベランダなどで作る時には行動の範囲が狭いですから、SOUL WATERが生まれる過程で体験することは少なくなります。
その時ダウンロードする要素が高次元のソースであれば言語化しづらいと言う側面も。
加えてUnknown Soundが作用する場合にはフラワーエッセンスに比べ時間的経過を感じるので、実感するのが難しいことも。
そう言う意味において、今回の那須岳のWATERでは現実レベルでの実感ができたことが大きな特徴でもあります。

今も大きな意味において、このソウルウォーターの質は”大いなるものによって差し出された掌ーー救済”だと感じていますが、現実的なレベルにおいては、それらは”代替え案の提案”あるいは”プランを変えて行動する”と言うことで現れたと感じています。

実は昨日もう一つの仕事でオファーを受けました。
それは今の部署においては評価されず基準に満たなかったと言う意味を持ちました。けれどもそれは私自身が招いたことだとはっきりわかりました。
ある時、置かれている状況について葛藤しないと決め、自分の目的はそこにはないと確認すると電話がかかって来なくなり、自分の意識が変わる度に、繋がる電話の内容が変わっていくのを感じていたのでした。
新しいプランは、私のそのような状況においてむしろ良い提案だったのです。
仕事を失ってもおかしくないご時世ですから、救済であったとも感じました。

書きながら思い出されたのは週末に観た映画「エベレスト」。8000mの高地は本来人の存在する世界では無いのだと感じました。人が生存できる限られた場とは恩寵に満ちているのだと。

そして数日前、私の頭の中である歌のフレーズが壊れたレコードのようにリピートされていたのを想い出しました。いくら削除しようとしても何度もそのフレーズが流れてしまうのです。明らかに何かを伝えようとしているサインでした。
『もっと違う設定で もっと違う関係で 
 出会える世界線 選べたら良かった』ソングライター: Satoshi FujiharaPretender 歌詞 © Universal Music Publishing Group

様々な理解が訪れ、謎が解けてすっきりしました。
順番に、Danburite、11:11Gatewayをクラリファイしようとしていたのですが、SOULWATER 掌たなごころ カラーラベルにします。

少し前から次に行くのは”東北の方角にある山”と思っていました。
そうして向かった先は那須茶臼岳でした。

寒さと風に備えて登山スタイルで。
ロープエェイ山麓駅に着くと結構な強風。順番待ちの間に駅員さんのレクチャーに耳を澄ませます。
横風に体が持っていかれると大体風速20メートル。そうなるとロープウェイは運行中止になるとのこと。

山頂駅に着くとすでに突風の域。
とりあえず行けるところまで行こうと歩き出しました。
これは既に風速20m近いのでは・・・
ニセコアンヌプリで途中で引き返した事が頭を過ります。
でもこみ上げてきたのは恐怖ではなく笑いでした。
いやー、そう来ましたか!あははははーっ
久しぶりにスイッチが入りました。
それは自然の極の中に一人立つ時ふつふつと湧いてくるものであり、私という人間はそのような時、”生きている歓び”を感じるのです。

タイムラプス動画のように雲が流れてゆきます

普通に歩いて片道1時間の往復、山頂近くでエッセンスを作っても余裕のトレッキング、のはずでした。
しかし、です。
風を遮るものが一切なく、風圧の中転ばないよう歩くのがやっとの稜線を行く道。

大岩に着いて岩陰でひと休み。霰とも小雪とも言えない白いものが風に舞っています。あまりの風の強さに当初ここを目標に歩いていました。
けれども軽装の観光客も多くいて岩に登りたい様子。ここでは作れそうにありません。
それに、もう少し行けるのではないか、行ってみたいと言う気持ちがありました。

山頂直下のコルのようなところ、ここで立っていられなくなりました。
どうにも先に進めません。しゃがんで岩に掴まりながら、一瞬の風の隙をみて次の岩まで移動する、その繰り返しです。
あと少し、山頂は見えているけれど体感では風速30mを超えているのではないかと思えました。
今まで強風の中の強行軍ーーチーズリングの原野、真冬のティンタージェルなど経験しましたが、私史上一番の強風でした。
それでも頂上へとこの稜線の風の難所を超えて行けないものだろうか、自分の限界と可能性を見極めるような思いで自問していました。

けれども、どのみち山頂でエッセンスを作ることは無理だと判断しました。瓶が転がってしまったら惨事になります。
私たちが身を隠した大きな岩は長年の雨風で丸く削られており、山頂の奥宮の祠が見える窪みに瓶をしっかりと固定しました。


そうしてしばらく身を屈めて待った後、瓶をザックに回収しようとしたその時、メガネが横風に拐われました。
どうやって下山したものかーー途方に暮れるより先にとにかく探さなければ。
妹のメガネを借り飛ばされた方向をみて這いまわり、諦めようとしたその時、2mほど先の地面にメガネがありそこを通ろうとする男性の足が、、「あ、ちょっと待ってください!」と思わず声が出て、次の瞬間男性の足がメガネの隣に着地。
とにかく、無事で良かった。

下りは2度ほど足を取られ、軽く尻餅を着きました。
そして登りの人に道を譲って少し巻く感じで歩いていたら、風にザックが煽られて完全に仰向けになり尾骶骨で着地しました。”しまった、やってしまった”
一瞬の出来事で、着地したのが平らな丸い一枚岩の上だったことにホッと胸を撫で下ろしたと同時に、周りに登山者の姿が見えず、自分がルートから外れていることに気がついたのです。
転んだショックもありましたが、そのような平らな岩の上で止まり崖を転げ落ちなかったこと、ルートから外れていることに気づかせてくれ、そしてエッセンスは無事だったこと”大いなる救い”に感謝しました。
幸い打ったのはそこだけで動くことができ、ルートに戻ることができました。

そんなこんなで下山したのですが、温泉に立ち寄るべく湯本でバスを降りました。
湯泉神社にお参りし、温泉へ。
その頃には軽い鞭打ちのような症状が肩から首にかけてではじめていました。

ゆっくり鹿の湯に浸かった後で、持っていたエマージェンシークリームを痛みや違和感のあるところに塗りたくりました。
このクリームを愛用して10年以上経つと思いますが、今回もその効き目を再確認しました。
同時に自分の足首の弱さや足が地についていない傾向もひしひしと感じ、思えば登山の前にこれを足に塗っておけば良かったと思いました。グラウンディングの助けになった筈です。

帰りのバスの車窓から低い山の端に日が沈むのを、その最後の輝きを見届けていると、ふと別の雲に目がとまりました。
大いなる存在が差し出した掌、のように私には感じられたのです。











予兆

出勤前にいつもWORLD NEWSを見ているのですが、ヨーロッパではバカンス開けの9月から次の波が来ているようです。

9月の始め友人と会った時、コロナがもたらすものに対応するエッセンスが”新しく”出ていないという話になりました。
新しい意識が生まれているのに古いものから選ぶのに違和感のようなものを感じたのでした。
私自身、春からそのような直観が訪れれば作ってみようと思っていました。
けれども、最近気がついたのです。
Covidに呼応するエッセンスはすでに出来ているのだと。

エッセンスメーカーのプロデューサーたちは少なくとも数年前にこの予兆を無意識に受け取っていたと思います。
例えば私自身が3.11の予兆を受け取ったのは2003年のことでした。
昔のことを忘れず と言う言葉、86○と言う3桁の数字、そしてmum、8000000と言う数字を繰り返し受け取っていました。
このようなことは事後になってわかることで、当時はなんの事か明確にはわかっていなかったのです。860年代は貞観と言う元号でそこまでは調べたのですが、後に私はこのようなアチューンメントをすることを辞め、メモを捨ててしまいました。
ですから、すでに生まれているものの中にそれは”ある”と思えるのです。
そして、Time Waverが三ヶ月前にdiseaseあるいはBombと言い表したように現れる前の予兆には名前が無いのです。当たり前ですが、一つの事象と言えども様々な側面、レベル、次元から成り立っているのですから、あなたがその事象をどのように捉えているか、感じているかと言うところにフォーカスがあります。

「パンデミック」と言うキーならばブッシュのマダガスカル、コルテのクロップサークルの#81 Virusウィルス『ウィルスまたは爆弾の爆発をあらわしている』。
「ウィルス・感染症・寄生虫」ペレランドラのVirusウィルス、Bacteriaバクテリア、immune免疫、コルテのライフフォースカクタス。
「肺・呼吸・故郷とのつながり」フィンドホーンのレインディアライケン「地衣類の一種」、アラスカンのレインディアモス。
「新しい時代、意識」和樂の秋明菊、Soul Water のNew Consciousnessニューコンシャスネス、Paradoxパラドックス、令和に生まれた各メーカーのエッセンスたち。
内なる「変容のための準備の時」Soul Water のMetamorphosisメタモルフォシス、ヒマラヤンのグラガ、ブッシュのホワイトライトシリーズ。
「暗闇・絶望を感じている」フィンドホーンのGorseハリエニシダ、Snow dropマツユキソウ、Rowanナナカマド。
「経済的な行き詰まり」ペレランドラのEoPエッセンスオブペレランドラ、Findhornのヘアベル。
症状に対して有効だと言うのではありません、これらのエッセンスがもたらす意識の変化が今の私たちに求められているものだろう、と言う事です。

もちろん、これはほんの一部の私の知るエッセンスでありここに正解があるわけではありません。
けれども元に戻ることは出来ないし、古い荷物は置いてゆかねばなりません。
今あなたが何を感じ、どのようにリアクションしているか、何に惹かれ胸を震わせるかに気づく事が重要なのです。
令和の扉が開いた時のあの感覚・あなたが感じたものが予兆であり、やがて訪れる夜明けなのです。
ですから大丈夫。

折しも新月、この先の予報を。” “は私の受け取った言葉です。
40 Pachamama
“日の本の国におわします神が目覚める”
パチャママは大地の女神。日本の”大地の神”古代の神が蘇ると言うことでしょうか。生かされていることへの感謝、自然への感謝が求められているようです。
今日は宮中で神嘗祭が執り行われる日でもありました。

63 Wind
“私たちは、この世界を駆け巡る”
変化のサイン。それを運ぶ風が世界を駆け巡ると言うこと。
大きな変化が吹き荒れるかもしれません。
今あなたが言葉を発するなら、それは正確に相手に伝わるでしょう。

43 Rattle
“昨日の涙を虹に変える”
ラトルは精霊を呼ぶシャーマンの道具です。
勇気を持って精霊と共に未来を想像する時。
けれども地球全体のために、それは使われるべきものです。
意識して精霊と共同創造するならば、悲しみが希望を与えるものになる、過去が未来の奇跡を起こす可能性を秘めています。

metamorphosis

9月が終わります。
少し冷たい風が吹き抜けたその時、ふとある歌のメロディが頭をかすめました。
歌詞の中では9月が来るのを期待と共に待つ心境が歌われています。
そして私は”その時”が来たのだと知りました。

月のはじめに訪れたサインはTransformationのAngel、そしてアゲハ蝶でした。
変容が起こる時、繭というスペースが必要です
そのスペースは護られる必要があり、そして可能性を現実のものとするためのー未知なるものの介在を許すための空間が必要なのです。
その繭の中で、生物ならばDNAに記憶されたものに従って細胞が分裂し変態(成長)して行きます。
人の意識とその現実化についてもインスピレーション、霊的な力が介入します。
現実がかたち作られる前の状態で重要なことは、むしろ期待を手放すことだといわれます。リラックスしてニュートラルな状態になり、未知の可能性にオープンになることで、霊的な諸力を招き入れるのです。
期待や希望を持つことは良いとしても、それがどのようにどんな形でもたらされるかに執着しないと言ったら良いでしょうか。
最善がもたらされると信じるーーそれは自分の可能性を信じることでもあり、信仰にもにた気持ちと言い替えることができるかもしれません。

 そして本来の仕事にフォーカスを当てるべく昨年作ったWaterにラベルを付ける為の追体験をしました。
それはMooralla Smoky Quartz オーストラリアのヴィクトリア州アデレードとメルボルンの間にある地域で産出される煙水晶の一種から作りました。
スモーキークオーツと言っても、クリアクオーツの中でスモーキークオーツが墨流しのようにたゆたうクリスタルです。
流紋岩のジオードの中で結晶したそのクリスタルは水が凍るように外から内へと固化していったように見えます。
液体と小さなガスとが十分な濃度と圧を失い混沌としつつ固まったシリカの中に閉じ込められているのを見つけました。小さな小さなバブルがクリスタルを傾けるとクラックの中を旅するように移動するのが見えます。



 クリアクオーツだけで結晶することもできたであろうし、スモーキークオーツに結晶する可能性もあったはずです。しかし、この土地のジオードから生まれるクオーツはこのような姿になったのです。今のところ、オーストラリアのいくつかの地域以外でこのようなクオーツは見つかっていません。
そしてハーキマーダイアモンドのように硬い光を放ち、繭の中で育った為かその多くがダブルポイントであり、所謂スモーキークオーツとは全く違った印象を受けます。

 そもそも私がこの石を手にとったのは、支笏湖畔にある恵庭岳の姿に似ているとその瞬間に思ったからです。
山頂には尖った岩があるのが遠くからも見て取れます。同じようにこのクリスタルには小さなクリアクオーツの結晶が付いていたのです。
 地図で見ると羊蹄山と支笏湖とは対である陽と陰のように感じられ、その両極から見た二つの山ーー羊蹄山の側ニセコから見た昆布岳と、支笏湖の側から見たこの恵庭岳の姿に私は中庸の意味を投影していました。

次に現れたサインは易経。古からの知恵に学ぶ。
これも繰り返し私の前に現れているテーマでこれまでに六爻占を齧ったこともありましたが、今回はI CHINGカードの封を開けました。
以来カードを引いていますが、最初に引いてからというもの良く出たのが26番山天大畜。
この像はこのクオーツから生まれたwaterの性質、そしてこの時節に通じる流れを見せてくれていると感じます。山の内には天の気 Inspirationが蓄えられ内なる宝石を結晶させ、徳を養う。

このwaterは metamorphosis と名付けることにしました。








soul purpose

 実は今の仕事を探していた時、ペガサスエッセンスのMONEYスプレーを使っていました。自分が一番に考えた旅行業会は面接のタイミングなどが合わず、今の仕事に落ち着きましたが、そもそも50歳の人間の再就職とは簡単ではありません。
蓋を開けてみると今年は想定外の展開で旅行業界は大きな打撃を受け、エッセンスや見えない存在のサポートがあったと感じています。
通勤のストレスは4分の1に減り、環境も改善されました。
仕事にも慣れ人間関係にも恵まれた有難い職場です。
収入も安定して不安から衝動的に何かをすると言うことが減り、耐性もついたと感じます。

そうして慣れるまではと気張ってきましたが、昼休みには会社を抜け出したくなることを再確認したり劣化しつつある自分の能力にがっかりしたり、少しすり減った心を感じました。
鏡として社会に身を置くことで気付きもあるけれど、納得していない自分がいるのだと。今すぐどうこうできるものでは無いけれど、自分はどう折り合いをつけ前に進んで行くのか。この先、埼玉を離れる必要が出てきた時、何処へ向かうのか。
視点を移す必要があると感じました。
出社前にエッセンスを取り出して必要なものを選びました。

Ancient Yew 古代イチイ 出現
”あなたの人生の目的を実現しなさい。あなたを引き止めている重荷を捨て、成長のための新たなる方向を目指して、自発的に行動を開始しなさい”

Birch 白樺 ヴィジョン
“心を開いて視野を広げなさい。ビジョンを曇らせる不信感や不安を消し去りなさい。想像力を育て、より大きいビジョンを思い出しなさい”

見えないことの不安。二つの目においても、第3の目においても。


Garden Pea ガーデンピー 表現
“自信を育み、正確な自己表現をしなさい。心からのコミュニケーションを阻む否定的な思考パターンを手放しなさい。あなたの真実を語りなさい”

言葉は私の人生において大事なテーマの一つ。けれども恐れや不安、混乱によって不用意に発せられる言葉が障害を生むこともあります。


Golden Iris ゴールデンアイリス JUDGEMEN
“正しい知覚と判断力とは何なのかを理解しなさい。その英知に従って行動し、最善の判断をそこなうような衝動的行動を抑制しなさい”

Harebell 糸シャジン  信仰
“自分自身を信じなさい。自分の能力を信頼し、自信を持てば、豊かさと幸福が訪れます”
ヘアベルはプロスペリティ繁栄というコンビネーションにも含まれます。
高次よりもたらされる普遍的な無限のエネルギー源に繋がる言うニュアンスが強いように思えます。今朝アイリーンキャディの肉声がFBでシェアされていましたが、私にはこの花が彼女のイメージにだぶるように感じました。
これまでどうしてこの花が繁栄のコンビネーションに使われているのか、良く理解できていませんでしたが、アイリーンのイメージと共に府に落ちたのです。
パウロ・コエーリョの『第5の山』のシーンも思い出しました。

Lady’s Mantle ハゴロモグサ 気付き
“あなたに本来備わっている、すべてのパワーと知性を明るみに出しなさい。心と体のつながりを強め、気づきや認識に対する誤ったイメージを払拭しなさい”

右脳と左脳の調整。

Silverweed 洋種ツルキンバイ シンプルであること
“軽やかに、シンプルに生きなさい。ものごとに執着する原因を取り除きなさい。自己への気づきによって意識を高めなさい。”



 この一週間、特に経済・システムは人を幸せにしているか?ということを考えていました。多くの仕事は人間が構築し複雑化した経済、それをルール化したシステムによって作り出されたものだけれども、経済ーーそしてシステムをシンプルにしたならば、おそらく消える無駄=仕事だと思うのです。
私が就いているのもそのような仕事の一つであることは間違いなく、以前にもそう思って辞めた仕事があったのを思い出します。
また、この社会に対するアンチ的な気質は父から継いだものとわかりました。

 最近ミニマリストを題材にした冗談のような漫画を読みながらくすっと笑うのが息抜きになっていたのですが、そのようなシンプルさに憧れながらも、あまりに程遠い状況を確認するに止まるのですが、本当にそうだろうか?
ミニマリストにならなくても、今一度シンプルにーーバランスを取りなおすことはできるのでは無いだろうかと思った次第です。

 とりあえず、私は求められるままに自分を当て嵌めて外からの評価で自分をすり減らすことをやめることにしました。
その葛藤を、問題を解決しようとすることが目的じゃないのです。
fight or flightモードは終了。

週末のVR

先週末はずっとこれを観ていた。
ドラマでこんなの見せられたら、映画館に人が行かなくなるわけだよなと思う。

そして今週末はこちら。
制作は言わずもがな、のBBC。
やっぱり好きなんだな、この感じ。

天使と悪魔と魔女と予言書という題材。
イギリスのファンタジーにはエキセントリックな匂いがする。
Prime Videoは音楽も売りたいから曲もたくさん使われるけど、残念ながらクイーンは私の趣味じゃない。
その点を除けばとても面白かった。

ゴールデンウィークから、”終末”テーマのものを観ている気がする。
“怖いもの見たさ”という言葉があるけれど、その感じを私達は味わってはいないだろうか。
どちらかに身を預けてしまうと、ドミノが倒れるように一方へと向かい止めることができなくなってしまう。
暇つぶしだとしても、見たいものを見ているのだ。 
フィクションの中で幾度もの世界の終わりを体験し、この世の果てを冒険し、戦いの記憶を想い出している。

世界はVRでーーモノで溢れている。
人間の創作物の中に宝物のように大事にしたい素敵なものはたくさんある。
けれどもゴミもまた掃いて捨てるほどある。
誰かの想像力も素晴らしいけれど、自分はどんな世界を創りたいのか?
この繭の中で見る夢からそろそろ覚める頃なのでは?
やっと誕生日の夜のWaterを使い始めたところ。

Recent Sign

ゴースのエッセンスのことを書いた朝、フラワーエッセンスのことをもう少し詳しく書きたいと思ったのですが、なんとなくそのままに。
この事象の何処にアクセスするかで選ぶエッセンスは違ってきます。
私の受け持ち分野はーーそこにフォーカスして過ごしていたこの休日でした。

ペガサスエッセンスからのメールのなかで私の注意を引いたのはRalestoniteと言う聴き慣れない名前の石のジェムエリクサーでした。
この石はグリーンランド産のもので、キーはGaia Counsciouness。その特徴は、個人それぞれのユニークな表現の中にそれを見つけることができると言うこと。その人の過去生の中でどう地球と関わってきたかと言う魂の経歴、センスとも言うべきものがあり、その個人のファカルティを通じて地球のコアを明晰に理解することを助けると言うようなことが書かれていいます。
そして、Great Central Sun についても言及されていました。
これはブッシュのGAIAエッセンスとSOLAR LOGOSの組み合わせと符合します。

先月気になったアラスカンのグリーンガーネットもガイアに繋がるエッセンスでした。
Messenger of Light のソウルウォーターもまた、宇宙から地球という星を理解する助けになると感じています。
地球のコアにアクセスすることで器が作られる、そして宇宙からのインパルスがそこに注がれる。
今、多くの人にそれが起こっているのかもしれません。

また、ペガサスのジェムエリクシルでは太陽光が刺激されたキセノンガスを通過していると書かれています。”キセノン”も何度か目にしているサインです。前回購入したクリプトンのエッセンスはまだ手付かずですが、キセノンと同じ元素表では18族です。

翌日、Reiwaのラベルができてボトルに詰め、写真を撮る段になってある石を思い出しました。天青石です。
waterを作る時に使ってはいませんが、共通する何かが含まれるのだろうと思い、手元に二つあったこの石と一緒に撮りました。
天青石について調べると、ストロンチウムという成分でできているそうで、このストロンチウムは燃えると赤く発光すると言います。
このことを知って合点が行きました。
昨年作った時には赤いラベルをつけていました。
けれど今年はあの日の空の色、青だと感じて青いラベルをつけ直したのです。
空には太陽に向かっていく何者か、いくつかの白い雲の線が写っていました。



そして今朝受け取ったサインはペンギン。
ペンギンのエッセンスもありそうだとネイチャーワールドさんでいただいた冊子を取り出しました。

コルテPFI アニマルエッセンス3 ペンギン
・恐れを克服し、信頼できるように
・自身や新たな状況への適応力を高めます
・社会性や集団意識を向上させます

水族館でのペンギンの飼育、トレーニングの様子をTVで見ましたが、興味深かったのはペンギンには食べ物を与えるのでなく、枯れ葉を撒いてやります。
すると、その中からペンギンは気に入った葉を選び取り、パートナーに贈り求愛します。
その大事な贈り物となる枯れ葉(枯れ葉は巣を作るためのもの)を与えることで、飼育員はペンギンから信頼をされるのだそうです。

今、個人が自然や地球ーー大きなものとの繋がりを結びなおすのにGAIAなどのエッセンス(クジラのシリーズも良いかも)が、そして国や社会といったコミュニティの中での自分にストレスを感じる人にはペンギンが一つの選択肢として良いかもしれません。

ちなみに、ペンギンも天青石も、マダガスカルにいる(ある)そうです。
一ヶ月ほど前にニュースレターで取り上げられたブッシュのマダガスカルのエッセンスも気になります。

Reiwa

ちょうど昨年の今頃ーー2019年5月3日、このエッセンスを作りました。
今の状況を考えると、千載一遇の出来事であったのだと感じられます。
あの時私たち皆が感じたものはずっと先の未来の予兆だと思うのです。

日々いろいろなサインを受け取りますが、長期的な、あるいは数年先を示す大きなヴィジョンと、その手前の目の前のことに対するサインとが混在します。
最近やっとそのようなことで混乱しなくて済むようになってきました。

東京駅に通ってそんな変わり目の時期を過ごしたことも、今は思い出になりつつあります。

令和のwaterをリリースしました。
私が今日受けとったことをシェアします。
*Soul Water は受けとる人に必要かつ最善の響きをハイアーセルフがあなたにもたらしますので起こること、感じ方は人によって変わります。


少しだけ視線を先に向け、受け取る意志のある方に。

シリウスの言語
第4から第5チャクラへと湧き上がるもの、そして第2チャクラへとセンセーションが移動(昨日は第3から第4チャクラへ)

頭の上からピストンをゆっくり押すように圧を感じる
そのまま内へと下がってゆき、脱力
しばらくすると足を摩り上げるようなハンドサインとともに
エナジーが足下から満ちてくる
チャクラが開いてゆく
ハートチャクラ、スロートチャクラ、前面にあるチャクラが拡張する
右目尻からこめかみにかけて軽い痛み
右鎖骨下のあばらのあたりにも
エナジーは頭頂まで届き噴水のように流れる

瞑想状態になり、響いてきた言葉

この光を受け取るものは何処にいる?
この光を受けとるものは何処にいる
この光を受けとるものは何処にいる
(私はただの人だけれど、その一瞥を受け取りたいと願う)

新しい御代の青写真がここにある
光の柱となり地上に降ろしなさい



もう戻れない

買って3年強経ったMacBook、ふと思いついてOSを最新のCatalinaにアップグレードしたのが2週間前。

すると今まで使っていたラベルソフトもバージョンアップしていた。そしてそれに必要なアドオンーーAdobeのアプリがこのOSでは使えなくなってしまったことに昨日気づいてしまった。

以前のOSに戻そうといくつかの方法を試みたけれど、全て失敗。格闘の末なんとかCatalinaを再インストールしてやっと立ち上がった。今回ばかりはfixできないかと思った^^。

きっかけはーー昨年の今日令和のエッセンスを作ったっことを思い出し、そのラベルのカラーリングを思いついき、ラベルを作ろうとしてこのトラップに嵌ってしまったのだけれど、深夜にリカバリー作業をしながらLoopというドラマを見ていたのはーー60~70年代のように見える世界、けれどもその街では地下にあるループという磁場をもつ装置のために地上の人々のボタンを掛け違えるように時間が交差する。なんでもできそうだがその実時間の齟齬を直すことはできず、それを人は静かに受け容れて暮らしているという話だった。

新しくファイルを一から作り直すのが面倒でリストアすることが最善と思ったけれど、結局のところ、全てはシンクロしているのだから仕方がない。

今朝も早寝早起きで朝から衣替えと掃除をして、昼には力尽きていた。
寝転がってぼんやりと考えていたことは、外での仕事の時も含め顕在意識による自転車操業を解消し、潜在意識の領域を増やし、新しいオペレーションシステムでサクサク仕事しようということだった。

もう一つ週末のお約束、グレートトラバース3を見た。
朝日連峰と飯豊連峰。
片道十数時間の縦走路は山深く、新雪に覆われていた。
この道もまた、引き返すことはできない。
でも美しかった。最も心魅かれた山塊だった。

先週仕事で起きたことはーー難しい問題ばかりを引き寄せて、次の駅まで届けようと頑張った(放棄したくないという自分の気持ちも含め)ということ。
そしてもし解決できなかったとしても、起きていることが必然であり手放して全体に委ねることによって最善がもたらされることを信頼するだけでいいのかもしれない、と思えた。

社会全体が、これまで続いてきた経済優先のシステムに”復元される”ことを願っているように見えるけれど、自戒も含めそこには再び戻れないだろうということを感じています。
アップグレードすることが最善かどうかはその人による。
もちろん、しないことも選べるしダウングレードすることも選択肢にある。
誰かに頼むことも、神さまの言う通りにもできる。
すべては私の心のままに。

当初は赤いラベルをつけていたのだけれど、青に。

Heart of Sky

新しく就いた仕事は、見えない電話の向こうの相手の問い合わせに応え問題を解決するというものでした。
相手の言わんとすることに耳を傾けその本当に意味するところを察し、必要な情報をどうしたら相手に伝えられるかに心を碎くトレーニングの毎日です。
必要な知識は付け焼き刃であり、経験値は無いに等しくーー理解し知恵を体得しながら解決にたどり着くには忍耐が必要なことも。
今週はまさに、理解の壁にぶつかり何度も”忍耐”と言う言葉が降りかかってきたチャレンジングな週でした。

いつものように夕飯を済ませニュースをひととおおり見たら身体を横たえてとりあえず寝る。
そうして夜中にスッキリ目を覚ましました。
水を飲んでTVをつけると、感染症やウィルス(エボラ、ジカ熱、鳥インフルエンザなど)とパンデミックについての番組でした。 
感染症とはグローバルなーー地球規模の”免疫疾患”と言えるかもしれません。
もはや世界中の人々は繋がっており、切り離して考えることは荒唐無稽です。
その最大公約数的な予防として役立つのが公衆衛生。
けれども、その感染と重症化、生死を分けるものが何なのかはわからないと医師たちは言います。
単純に言えばそこは個人差なのです。

先日 Soul Waterをいくつか買ってくださって、”Equinox” のモニターラベルを使ってみた感想を送ってくれた方がいたので、私もアチューンメントすることにしました。

このWaterが生まれた春分の夜明け前、南東の空に月、火星、木星、土星、が集まっていました。(肉眼では月と木星ともう一つがやっと見えるだけでしたが)
今年も風の強い一日でした。

ざわざわとした感覚から
風が吹いている
プレアデスのランゲージ

意識は次第にコーザル体から、身体から離れて
けれども手にはやや刺激を感じ、身体のあちらこちらで(左半身に)痛みが疼き、その場所は転移しては消えて行く

糸のように漂う旋律に耳を澄ませていると
やがて宇宙の静寂の空間へ
呼吸は穏やかに、ゆっくりとスローダウンして行く
星の奏でる音だけがある
vastness

地上にいながらにして宇宙へ旅する、そんな体験。
終えるとこのカードのことが思い浮かびました。

MYSTICAL SHAMAN ORACLE
The Heart of Sky

Soul Water として形にして世に送り出すには私の中で理解が醸成するのに一定の時間が必要です。スタートのAwakeningシリーズは一年を要しました。
けれども、そのような翻訳を必要とせず受け取ってもらえるならば(本来受け取る人(魂)によって変わる情報にラベリングなど意味のないことなのですが)、そのWaterが生まれた時期にいわばライブ体験していただくのがベストだと感じています。
ですから、生まれたばかりのボトルはモニターラベルとして紹介しています。
私がラベリングする前の状態ですので先入観や既成概念が働かない状態で使っていただけます。直観で響くものがあれば試して見てください。

2月のMessage of Light、このEquinox共にプレアデスのランゲージを感じています。