玉響の調律 体験版

新橋で、予てから受けたかった「玉響の調律」の体験版を受けてきました。
吉田正子さんのセッションです。

昨年の晩秋、スペースコーディネーションというセッションやペタルトーン・エッセンス、レイ・エッセンスなど飲用せずにエッセンスをエナジーフィールドに響かせる実践について耳にしました。
フラワーエッセンスの新しい流れであることを感じてはいましたが、私自身はエッセンスについて瞬時にわかるほど”体感”を持っていなかったので、私にはまだ無縁のもので理解できないだろうと思っていました。

それから半年が経ち、セッションを受けて見たいと思うようになりタイミングを待っていました。
夏至にカミングホーム・エッセンスの新しい光のシリーズが出たこともあり、それらを理解する糸口としてもエッセンスを空間に響かせるセッションから学びたいと思っていたのでした。
玉響の調律ではプラクティショナーがその人に必要だと選んだボトルが空間に配置され、クライアントもサトルフィールドで感じてゆきます。

選ばれたボトルは、高く掲げられ、そして螺旋を描くように降ろされサトルフィールドにどう響いているか反応を見て、そして遠く離れたり近寄ったりしてベストな位置やクライアントの反応を確認しながら置かれます。
その時、クライアントは自分にオーラ、に何が起きているのかを体験するのですが、私はボトルがゆっくり降ろされる時ehteric body(オーラ)に少し圧を感じます。そしてその影響でゆっくりと目を閉じその後の変化に身を任せます。
一番響くツボのようなものがあるのを感じたり、エナジーが流れ出すのを感じたり、傷に気付くことも。

会場には何百種類という国内外のエッセンスがぐるりと並べられています。
ですから、本来この空間に座っているだけでこれらのエッセンスの影響を受けているはずですが、セッションを始めるとある種のスイッチが入ります。
プラクティショナーが今の私に必要なものと意図して手にしたエッセンスの情報にチューニングしているのだと思います。
この過程が、ライト・ランゲージ(宇宙語)において”ハイアーセルフが必要な情報のみダウンロードする”という状態と同じだと思うのです。
最近、たった1本のエッセンスにも膨大な、多層的・量子的情報が記憶されていて、受け取る人によって必要な情報を受け入れているのだと思うようになりました。
そして、少なくとも心を開いて受け入れると意図しなければ、ボトルが身近にあってもその情報は受け取ることはできないのです。

エッセンスの解説を受けた後、変化した状態に対して再びエッセンスが床に置かれました。
そして自分でこのあと飲用するボトル用にエッセンスを選びます。

心を開けるかどうか、あるいは受け取れるかどうか、そこに関与するのが花の姿形だと思います。
サイキック能力に関係なく誰もが受け取れる花からのファースト・メッセージは、名前ではなくその色や姿形、そして匂いから感じる取れるものです。
それらのものに自分の響きとの共鳴が起こるかどうか、それを無意識で誰もが感じ取ります。
この日選ばれたエッセンスの中に1本、ブレンドされたエッセンシャルオイルがあったのですが、私にとってアロマという要素が”保留”であったのはこのためだとわかりました。
そういう意味では、ボトルのまま花の波動を感じるということは特殊なのですが、一般的には”体感する、あるいは解釈の必要さえなく、波動は波動のまま聴けば良い”ということなのだろうと思います。

自分で選んだ4本のエッセンスを見て、新たに2本のエッセンスを提示され、そこから1本を更に加えました。
これらのエッセンスを調合したものをこれから摂ります。

実はこのセッションまでの一週間、かなり心が揺れていたのですが、この日私の周りに配されたエッセンスにそのまま状況が反映されていました。
でも、話していてはこれだけのことをすべて伝えることはできなかっただろうと思います。
そして本当の「玉響の調律」ではバースチャートによる天体の再現も行われます。
プラクティショナーの吉田さんのあるがまま受け止めてくれる深く大きな器と繊細な感性があってこその確かな響きによるセッションだと感じました。

選ばれた1本1本のエッセンスから学び、そしてプラクティショナーへの信頼とはこういうものなのかと初めてわかった気がします。
セッションを受けた日から一週間、ボトルの飲用を終えて心の揺れは収まり、大きな統合へのヒント、そしてこれからどうしてゆくかについて明確にする過程で大きなインスピレーションとサポートをもらいました。
屋外でも〜という話をされていたので、いつか高原セッションを企画できたらなと夢想しています。

枝垂れ梅

まだ蕾の木の姿を見て、会いに行きたいなと思っていました。
そして場所も教えてもらい、行こうと決めていた週末、そして次の週も出かけることができませんでした。
もう散っているのではないかと思いつつ、やっと足を運ぶことができました。
着いてみると、想像していなかった桜のように淡い八重咲きの梅でした。
花は真っ盛り。
メジロが枝を移る度に、花びらが散ってゆきます。
しばし木の下に腰掛けて目を閉じました。

1-DSCF0133-001

私の心は高次の意志をあらわします
この心を開くとき 同じ魂を持つ仲間と出会うでしょう
けれども 私は私の心に従います

あなたの心には古くかなしい想いがあります
このかなしみは あなたをここへ連れてきました
すべての想いをここに置いてゆきなさい

あなたの心を開いて咲くならば この地上で実を結ぶでしょう
私があなたに伝えることは「あなたの心に従いなさい」ただそれだけです
この時を惜しまず 散ることができるように
私の心を授けましょう

1-DSCF0135-001

vol.1 あなたが作りたい本はどんな本?

本をつくろうと思い立ったら、まずはこれらのことを明確にしてゆきましょう。

■あなたが作りたい本は、どんな本ですか?

・自分だけのための写真アルバムをつくりたい
・読者に読んでもらいたい、見てもらえる本をつくりシェアたい、あるいは販売したい

自分だけのための本は「非公開」に設定することで、サイト上で紹介されることはありません。
人物の顔写真などの許諾・肖像権など特に気にせずにつくることができます。
あくまで、自分ひとりのための本です。

読者に読んでもらいたい、Webサイトで共有したい、販売したい、
そのような本を作る場合には、著作権(他者の作品や記事から引用する場合)、肖像権(顔が判別できる写真、特定の建造物等の写真を掲載する場合)
について注意しなければなりません。
他者の権利を侵害しないものであることに注意し、掲載の許可をとっている必要があります。

■どのようなスタイルの本を作りますか?

・印刷・製本した本を作りたい
・豆本 縦10cmの小さな本を作りたい
・紙本の雰囲気そのままに読めるBCCKS形式のデータ本(電子本)を作りたい
・いわゆる電子本と呼ばれる他社のリーダーでも読める共通フォーマットEーPUB形式の電子本を作りたい
・Amazonなど、大手電子本販売サイトで有料販売(配本)したい

これらのことを確認するのは、判型(本のサイズ)、文字の大きさ、を決定するのに必要なことがらです。

電子本を作る際には、本というより巻物を作る概念が必要です。
タブレットで読む場合、PCで読む場合、スマートフォンのサイズでさえ各機種まちまちですので、表示される画面の大きさによって改ページされる場所は動いてしまいます。
ですので、レイアウトにこだわる従来の製本された本のこだわりを持ったまま電子本を作りたい場合はBCCKS形式で叶えることができます。

また、BCCKSデータ本&紙本で読む字の大きさと、E-PUBで読む字の大きさ、見え方は違います。
E-PUBでは文字を小さく指定しても、大きめの文字になります。
写真の大きさも、作成時に指定するものがそのまま反映されません。
(注意が必要なのは、写真にキャプションを入れる場合、見開きで画像指定する場合などです。)

豆本を作りたい場合は、文字を大きく設定しておくことで読める豆本を作ることができます。

■縦書き、横書き、段組みについて
BCCKSで提供されている参考書に詳しく画像付きで解説されています。
一度は目を通して読んでください。

設定は何度でも変更できますが、まずは版型と文字の大きさに注意して、初期の段階で必ず自分の望むスタイルのPreviewで見え方をよく確認し、修正しておきましょう。後の作業が楽になります。
判型については、下記を参考にしてください。サイズや詳細情報はこちらのページ 紙本の仕様で確認ください。

■文庫版
インスタグラムに投稿した写真や、スマホで「スクエア」サイズで撮った写真なら、
いわゆる普通サイズの写真を載せるよりも「大きく」載せることができます。
まずはこのサイズでフォト・エッセイなどおすすめです。
また、豆本にしたときにも大きめに作れます。

■新書版
幅が狭いのでスマートです。
縦書きの文章に適しています。
縦書き2段組にして上部に普通サイズの写真、下部に文章のレイアウトにもおすすめです。

■A5変型版
大きくてインパクトのある紙面です。
ページ数が少なくて「紙本」としての存在感が足りないと感じる方には大きい版がおすすめです。
ただし、小さい版ほど印刷価格は抑えられますので、この版でカラーで作る場合は割高に。

■10inchi版
横に広く、絵本の作成や海外プリントサイズの写真を原寸に近い感覚でアルバムにするのにお勧めです。
印刷コストはA5変型版と同じです。

次は  です。

オオニワゼキショウ

160302
オオニワゼキショウのエッセンスを摂って、瞑想しメッセージを受け取りました。
2-IMG_4453

感覚
エッセンスを摂った後、耳の奥が貫通するような感覚があります。
そしてパッカーンと頭の上部が太く開く感じ。
頭にくらくらと少し揺れを感じます。

メッセージ
あなたにはこの絵の意味がわかりますか?
これはエッセンスを摂った時に起きていることです
あなたも感じている通り耳の奥をきれいにしています
そこにはインフィニティのようにエナジーが流れています
私がこのように働く時、あなたが繋がる神との間に確かな道をつくります
その道はハートへ到達しています
そして双方向へ流れています
私が担うのは、この道をつくることです

眠気に勝てず、ここで終了しました。

160303
まず起きて、エッセンスは摂らずに瞑想し、メッセージを受け取りました。
それは遠い星の世界へ行く船に関すること、
そして今の(テンポラリーな)私の役目はアラスカの大地を静めることであると告げられ、その方法を受け取りました。
自分をクリアリングしながら3月中はできるだけ続けるようにと言われました。
そして最後に、
「オオニワゼキショウはあなたの良い友となるでしょう 花の声を聞いて見なさい」
と受け取りました。

エッセンスを摂って繋がり、メッセージを受け取りました。
私は光を受け取ります
星の光です
そしてこのエッセンスを摂る人々に星のメッセージを届けます
私の言う星とは北斗七星です

(ここで頭蓋骨のマッサージのような調整が入りました。無意識に手が動きます。)

その星々から届く英知を私は集めています
それらを人々に伝えているのです
その英知とは花びらの色に現れています
白は潔白を 高次の意志の現れ
紫は高次の愛を
そして黄色は中心を通る光の糸束
そのように英知が貫く光として地上に届いていることを現しています

六角形六枚花弁の図
人に調和をもたらします

(Qどんな人にこのエッセンスが必要ですか)
迷う人
言葉に意志が反映されていない人
天に対して開かれることを望む人 

160304 瞑想時のメーッセージから
ほしのしずくのフラワー・エッセンス Coming Home シリーズ は今広めるべきエッセンスです。
あなたの手元に届いたなら、人々に分け与えるべきものです。
どうするかは明子さんに相談してみることです。

160305 
夜中目が覚めたとき、紹介講座の時の録音を聞き直しました。
そして、私もまた想い出しました。
10月のプラクティショナートレーニングに参加したとき、「残りの人生で何か人の役に立つことがしたい」という気持ちが根底にあったことを。
それがWisdom フラワー・エッセンスの道であり、その道を進む課程で自分の傷を癒し、変容していくことも必要でした。
けれども自分の傷にフォーカスしているといつしか近視眼的になってゆき、だいじなことを忘れてしまっていたのでした。

私にはまだ実現したい強い信念はなく、おぼろげとしか使命を感じていませんが、
Journey on というサイトで私がしたいと思っている ”旅する魂を応援する” という目的が共鳴したのだと思います。
cominghomeのエッセンスをどうしたら多くの必要とする人に手渡せるか、その一端として私も働けそうだと感じています。

瞑想のメッセージから
(エッセンスを何らかの形でシェアすることについて、私にできそうなサポートいくつかアイデアが浮かびました。)
あなたの中でエッセンスを知ることです。
アクションを起こすのはそれからです。

まだ癒えていない傷を癒すための方法を受け取りました。
その際、トキワナズナを摂り、Holy Gohstの手を借りると良いと受け取りました。

今まで摂るたびに頭部に感じていたセンセーションは、感じなくなりました。
別のエッセンスの名が出て来たのでひとまず調整できたのだと思いますが、
エネルギーを定着させることをきちんとしてみたいと思います。
それからときわなずなを試そうと思っています。