Receptivity

昨日はMiwako Taoさんの主催するギャザリングに参加しました。
Flowerykiss club
2002年どくだみのエッセンスを作ったことから始まり、多くのエッセンスを作り自然界からのメッセージを預かってきたMiwakoさんの貴重なシェアと、エッセンスそのものを感じること、そしていくつかのワークを集まった皆さんと共有しました。

一緒にワークをしたBimalaさんが私を感じてくれたメッセージは、
情熱と冷静
赤と青、少し緑
惑星、あるいはゾディアックのサイン でした。
(このサインについて、彼女は牡羊座とリーダーという言葉を連想されました。私は海王星か水星を探索しています。)
そして トケイソウ のエッセンスが選ばれました。

二極性の統合
時を怖れず瞬間に生きる
(私に響いた言葉のみを抽出しました。花本来のメッセージはMiwako TaoさんのFBページからどうぞ)

Receptivity は最後に自ら選んだカードのメッセージ。
みわこさんから学んだものはこのことだとわかりました。
「何も邪魔せず自分を空にすれば流れ込んでくる」そのままを感じること。
ワークの最中に、誘導の言葉にさえ私は意識が引っ張られてしまうことも分かりました。
言葉に注意がいった途端、その瞬間通信が途絶えたのです。
繰り返し訪れる「言葉を捨てなさい」というメッセージはこういうことを言っているのだとはっきりとわかった瞬間でした。

今日の出会いを通じて、12月に出会ったスージーの言葉が再び浮かんできました。
セッションで向かい合う時、その人という本を読み、そこから学んでいるのだと。
今年はEducationの年、知識を入れたり自分のReceptivityを磨くことはもちろんですが、たくさんの人に出会って学ぶのだと思いました。

そして開きかけたリシアンサス トルコ桔梗の白い花の写真。
この写真を見ていると、花屋だった時のことを想い出しました。
花束を作るとき、水を変える時、こんな風に花を間近にじっと眺め神秘を感じていました。
写真の裏のメッセージには
「歩」はあなたに、瞬間にあることを教えてくれます。この瞬間に在ることほど、確かなものはないのです。
とありました。

自ら選んだ5本のコンビネーションエッセンスは、今別のセッション中でもあるためタイミングを見つけて摂ろうと思います。

もうひとつ、石の情報。
Findhorn Flower EssencesにあるGem Essences のベースにある7raysのこと、
そしてトレーニングコースで出会った香織さんからのFBによるシェア、(香織さんのお姉様でありそのクリスタルの写真を撮られている真紀さんともお会いすることができました!)
昨日のギャザリングに参加された皆さんがクリスタルを大事にされている様子、少し石が気になっています。

そして昨日のみなさんとの出会いを通じておぼろげだったことが少し形を帯びてきたように思えました。
私の目指す方向はたぶんGeneral Practitionerのような存在だということです。
イギリスの国民保健サービスNHSでは、人々はまず地元のかかりつけ医GPで診療を受けます。
必要であれば専門医を紹介されるシステムなのですが、それはある種の橋渡しでもあり、ずっと以前に私が読んだ本『一万年の旅路』に出てくる”ものごとの機微にさとい者”であるとも言えます。
その存在が私には重要に思えるからです。
人々を率いてゆく者と後からついてゆく者たちの間で、全体にとって何が起きているのかを観て理解する者。
フラワーエッセンスのセッションでも、エッセンスの処方の他に必要であると思われるワークやセラピーをすすめることがありますが、
この時代の要請を感じて霊的成長の先端を歩む人々と、その他の多くの人々との間に立ち、必要なサポートと情報を手渡すということです。

IMG_4438

伊勢二〇一六

初詣でいただいてきたお札を神棚におさめようとしたら、神宮大麻が無かった。
今年は伊勢にお参りするつもりだからそのままにしておこうと思ったのに、他のお札と一緒に古札返納してしまったのだ。
三連休の初日、良いお天気だしこれから行ってしまおうか?
翌日日帰りすることに決めた。
往復の新幹線と行きの近鉄特急の予約を済ませた。
とは言え、日帰りで三社をめぐるのは時間的にも厳しいので、正式参拝は考えず列車の時刻と乗換を入念に調べた。

伊雑宮へ最初にゆくことにし、外宮、内宮と参拝することにした。
夜ほとんど眠れずに夜明け前に家を出た。
新幹線が東京駅を出ると昇りたての朝日を見ることができた。
他にも、前回行けなかった所に-月夜見宮や猿田彦神社、二見浦に英虞湾と行きたい所はたくさんあってどこに行こうかと欲が出たが、伊雑宮に着いた頃には大事なことだけ出来れば良いと気持ちも落ち着いた。

01-IMG_4381
伊雑宮

この季節にこの陽気で凍えずに参拝できるとは有り難い。
そうでもなければ日帰りしようとは思えなかった。
御朱印をいただいたら神職の方が日付を間違えてしまわれた。
一日前の一月九日。
来ることを決めた日だったから、意味があるのかもしれない。

02-IMG_4388

お宮の境内にはたくさんの大木と草木が茂り、午後ともなればその蔭が濃く薄暗くなる。
だから、早い時間に来てみたかったのだ。

05-IMG_4404
03-IMG_4398

御神田から見た宮の森 風が止むことなく吹いて木々の梢をゆらしていた
田んぼからの風を受けて絵を描く間そこで過ごした。

04-IMG_4403
磯部の御神田

07-IMG_4409
上之郷駅で電車を待つ 近鉄志摩線各駅停車は30分に一本、二両編成。

08-IMG_4413
伊勢市駅から外宮へ向かう 

09-IMG_4415
外宮 御正殿

10-IMG_4418
外宮 古殿地

11-IMG_4421
多賀宮

12-IMG_4424
下御井神社、土宮、風宮と参拝

バスに並び、参拝するために並び、御朱印やお札を求め並ぶ時に”待つ”ことが必要だった。
そして宇治橋での出来事。

五十鈴川で手を清めた後、川沿いの人の少ない参道を歩きしばらく気を静めた。
滝祭神、風日祈宮と参拝。

13-IMG_4429
内宮 正宮

ここでも、大きな風が吹いた。
ちょうど御垣内参拝をされていた方が呼んだ風のようだった。
右の方で参拝をすると古殿地の東を大きく巻いて荒祭宮へ進んだ。すると、御正殿や宝殿の屋根がよく見えた。

予定している列車に乗るには天照皇大神宮のお札も御朱印もあきらめて帰ろうかと思った。
そう思う程一番の”待ち”がそこにあった。
しかし、それでは本末転倒もいいところだ。

なんとか思いとどまって、大事はすべて果たした。
前回気づけなかった下御井神社と滝祭神に参拝ができた。どちらも水の神様。
変更が必要かと危ぶまれた帰りの新幹線にも間に合い、無事に家に着いた。
今回の伊勢参拝の旅はまるでintensive courseでした。

初詣二〇一六

本日初詣、家の近くの氷川鍬神社と大宮氷川神社に参拝しました。
恒例のお神籤、一気に昇りました。感謝。
6-IMG_4375

1-IMG_4358

5-IMG_4371

4-IMG_4366
右が舞殿、左が楼門。

3-IMG_4362
いつも思うんですが、背高の楠が舞殿を取り囲む様に生えていて、画角に収まらないのです。
素晴らしい大木です。

Year Angel for 2016

私も皆にならってイヤー・エンジェルを迎え入れました。

IMG_4354 (1)

Education

新しい年に私を迎え入れたあなたへ祝福を贈ります。
どうか、私とともに深い学びを受け入れてください。
あなたがこれから学ぶことは、宇宙の意志とともに生きることです。
そして、あなたの人生の目的を明らかにしてゆくのです。
あなたのおもう以上に宇宙は深く叡智を湛えています。
その叡智を学のです。

今年はFindhorn Flower Essenceとの再会があり、そして皆さんとご縁をいただいて、
一年前には想像もしていなかった展開に。
ほんとうに、ありがとうございました。
そして来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

蕗の薹

4月に北海道・ニセコへ旅行に行った時、ひょっとして桜のエッセンスが作れるのではと思い、ボウルやボトルを持参していました。
札幌では桜がちょうど満開を迎えようとしていましたが、車窓からも見え、到着した地で私を迎えたのはふきのとうでした。
この時、初めて実際にフラワー・エッセンスを作ってみることをしたのです。

IMG_0496

ところが、作ったもののいくつかの課題が出て来て−日光不足と毒性についてでしたが、それをひとりで見極め解決することができませんでした。

そこで、FFEトレーニングに参加されていて、ご自身も『ほしのしずく』 フラワー・エッセンスのプロデューサーである水谷明子さんに助けを求めました。
ふきのとうのエッセンスのリーディング、リサーチをお願いしたのです。
約2週間の服用期間を経て、レポートにしてくださいました。

ほしのしずく ~エッセンスがはこぶ光と智慧~ Facebook
神戸六甲でセッションの他様々なワークショップやイベントコーディネートもされています。

私がエッセンスを作ったときの覚書—————–
蕗の薹 雄花

2015 年 4 月 28~29 日 北海道虻田郡ニセコ町

■作った環境について

28 日に周辺を散策しながら蕗の薹でエッセンスをつくろうと決めました。
水は甘露水という近くに湧き出している湧水を使用しました。
実際につくったのは 29 日の早朝で、6 時~南のベランダに置いておきました。(花を採取した場
所の近くです)
早朝でしたので雲がかかっていましたが、2 時間程そのまま置き、後に直射日光の差す東側の室内窓辺に移し 1 時間置きました。
十分な日光を得られたのか気になります。

■植物の毒性について

受け取ったインスピレーションの中で、がん保険の CM 曲が流れました。
気になって帰宅後に調べると、蕗の薹は発がん性物質を含んでいるということでした。
生で食べすぎるとお腹をこわすこともあるそうです。
花に個体差があるのも気になり、雄花と雌花があることを後に知りました。
少なからず毒性を持つ植物はありますから、事前に調べておかねばならないと学びました。
ストックや飲用の希釈度であれば問題は無さそうですが、どうでしょうか?
(つくりたてを直接飲んだときにも問題はありませんでした)

■観察とアチューンメント

Gathered
太陽の光を集める
早熟 目を出した時から蕾をつけている
天からのエナジーを一身に受けて集める
太い茎 体感 ゆるぎなさ
熱を地面に伝え雪を溶かす 融解促進
足もとの幸せ
Home
癌?アフラックの CM 音楽
誘導灯
足下から照らす
—————————————————
以下は、レポートをいただいてわかったことと気づき、その後服用して得られたメッセージです。

*************************************************************************************
【フキノトウのエッセンス : キーワード】水谷明子さんのリーディング・リサーチより一部を引用

新たな行動力の源泉の開放
(童心の純粋な喜びを思い出す、勇気・決断力、集中力、実行力)

■飲用による短期的変化
グラウンディング 飲むそばから、下半身にエネルギーが下りる。第1、第2チャクラ。
突破力 物事を突き進めるために足を踏ん張るときの力
肚をくくる 丹田周辺に力が入る、なにかをやるからには肚をくくるという感覚
ピリピリした刺激 ボトルを持っても、飲用しても、ピリピリとした刺激が全身皮膚表面を走る、緊張感?

**************************************************************************************

このキーワードを読んだ時、腑に落ちました。
あの場所は、山懐からこんこんと水が涌き、温泉も湧く土地でした。
そして羊蹄山の山肌には噴火口が3つ連なるのが見え、マグマも噴き出した地でした。

もうひとつ大きく腑に落ちたことに、「子どもの頃の感情の抑圧」がありました。
このエッセンスを作ろうと決め、作るまではワクワクしてとても楽しかったのです。
隣の温泉まで足を延ばしてひとりで歩いたのは遠足のようで、(小さい頃から遠くへ行きたいという衝動があり、子どもにしては遠くまでよく遊びに行っていました。)けれども帰宅して調べてみると、とたんにそんな風に思いつきでしてはいけないのだと咎められたように感じ、急にエネルギーが下がり、以来どうして良いかわからなくなってしまいました。
この出来事もまたエッセンスを摂った翌日のことであり、エッセンスを理解するプロセスの一部だったのだということを理解しました。
ネガティブな体験にも大事な意味があり、そのエッセンスを知る手がかりなのだということ。
本来、摂り続けていれば解消してゆくことに気づいたかもしれないですね。

毒性については、問題無さそうだとのことでしたが、
皮膚刺激があるということがわかりました。
この原因は花粉によるアレルギーでありそうだと考えています。
これからも、この点についてはリサーチと学びが必要です。

明子さんのまとめられた文章を読みながら、ひとつひとつの観察や感じたこと、起きたことに丁寧に注意を払い、
全体を通して明確なメッセージとしてキーワードを紡ぎだすこともまた、”エッセンス”を作ることなのだとわかりました。
そして、焦りから私はこの植物のエッセンスを聴くということを言葉を聞くことと誤解していました。
花は本来言語を介さずに意識を伝えるすべを持つ存在であるのに。

その後、スージーさんのセッションを受け、そのことも改めて蕗の薹のエッセンスを摂り始めこのエッセンスを理解することを助けてくれました。
このエッセンスを摂っている間、毎日の生活の中ではいつもなら面倒だと思って後まわしにする仕事をさっさと済ませることができていました。
そして精神活動において私は過去を想いだしていました。それは、北海道へ初めて来たときのこと、Findhornへ行った17年前のこと、そして幼少期を通り越し、それ以前の宇宙に関する属性や過去が明らかにされつつあるのではないかと感じました。

きっとたくさんの過去生を地球で生きている筈ですが、
そして、何度も転生を繰り返してまで果たしたかったこと、見たかったものがあるのだと思いました。
ならば、それを思い出そう、そう思うに至りました。

過去(生)の記憶を呼び起こす
自分が何者であるのか、そして使命を思い出す

というキーワードが浮かびました。
ここで、私は蕗の薹のセッションを終えることにしました。

スージーは今に生きることが大切だと教えてくれました。
そう学んだそばから過去を掘り返した私ですが、こう思うのです。

私には、やりかけたこと、終わらせることができなかったことがたくさんありました。
消化できなかった食べ物は体内に悪い影響を与えます。
同じ様に、癒えていない傷、未消化だった感情や体験、経験もいつまでも私の気を引き続けるのだと思いました。
だから、痛みを癒し、言葉にすることで消化し、終わらせることが必要だったのです。
(消化もまた、第1、第2チャクラの働きです)

もうひとつ、過去を振り返ってよいことがあります。
それは振り返った時、歩いて来た道が見えるということです。
半信半疑でありながら、自身が求めたことにより導きを得て、困った時には助け舟に乗せてもらい、そうしてここまで進んで来たことがわかります。
“軌道”にのっているのだとわかります。

とは言え、これからはやり残しのないようその都度終わらせ、どんどん流してゆくつもりです。

5分前のアイデアさえも、追いかければ過去に生きていることになる

いすゞさんがFBにアップしていたスージーのパンチライン。
どれも胸に飛び込んできた。
会いに行かなければ、という気持ちが強くわき起こり、そのような運びになった。
当日までずっと彼女を日本人のように思い込んでいたのが不思議。
タイトルは私とのセッションの中でいすゞさんが「これもパンチラインね!」と言った言葉。

IMG_4347
たくさんあるスポッツはアイデア(短い動画のようなもの)
ソーラー・プレクサス・チャクラとマインドによってこれらのたくさんのアイデアを生み出しているが、それはどんどん流した方がいい。

人間でいるのも大変よね、と3人で笑いあい、
時には私のhigher selfと相談しているのだろう、hum,と息を漏らしながらゆっくりと話してくれた。

露草

ツユクサをとっている間に私が個人的に体験したことと気づきです。

エッセンス本来のメッセージやはたらきについて詳細はこちらへどうぞ ほしのしずく

10/31
「ほしのしずく」のツユクサのエッセンス、初めてとった翌朝、いつもより早く目が覚めました。

IMG_4308
“朝が来るよろこび”

12/28
再び摂り始めました。
年の瀬から新しい年を迎えるこの時期、ツユクサとともに過ごします。

私はあなたを知っています
遠い昔にこの場所で共にいたことがあるでしょう?
あなたのことを探していました
そしてふたたび出会いました
私の源は限りない愛とよろこびを表現しています
生きるよろこび
朝が来るよろこび
日の光を浴びて流れ出す愛を感じてください
そらには星があり、その中に私の故郷があります
私を通して人々は・・・

1/5
やはりこのエッセンスを摂っていると、いつもより早起きになるようです。
そしてスピードを加速する側面があるように思います。
例えば、ありえないようなテンポで乗換がうまく行く。
流れに乗せてくれるというか、目的地へ運ばれている感覚。
よそ見をしないで。

私がこの花に喩えた友人は、病床からの手紙にこの世にあるすべてのものに対する”愛おしさ”をたくさん綴ってくれました。
そして夜が来るたび、明日という日が来ないのではないかという怖れを抱いていました。
だから、毎朝、朝が来たことに歓びを感じ、安堵していたのです。

この世界での学びを終えていち早く旅だってしまった彼女は、
飛び級でこの世をクリアしたのだとも言えるでしょう。

もうひとつ、
“澄んだきれいな水の中でしか生きられない魚” のような存在、ゆえにこの世の中で生きてゆくことは難しかったのではないかと感じていました。
水のエレメント 汚されてはならないもの
あくまでも彼女に感じた要素ですが、ツユクサにもそのような面があるでしょうか?

1/9ここ数日父との関係についていくつか気づきがありました。
父は私のすることをことごとく受けつけないということに今更ながら気がついたのです。
それはやはり考え方ややり方の違い、価値観の相違だろうと思います。私もまた、父のすることが受付けられないからです。
受け入れる以前の拒否反応です。

その積み重ねが自分のしようとすることを否定・卑下することに繋がっていると思ったのです。
更に父のために罪悪感を感じ自分の行動をセーブしている”のに”、父は家族に構わずしたいように行動して迷惑をかける。
そう怒りをためていたのです。

そういう父に加え祖母のこともあり私は自分の外出する予定を決めることを怖れていました。
ぐずぐずといつも見送っていました。
けれども、ツユクサのエッセンスをとって”今日の学び”は何であるかと問いを発していると、どんどん必要な学びの場となる予定を決めていました。
必要なこととそうでないことがスッとわかるようになったのです。
そして父がどこで倒れようと、たとえ命を落とそうと、それは彼の責任だと思うに至りました。
だから”行けそうだ”という状況になったその時、”行こう”と決断できたのだと思います。

この日、友人のご両親からお手紙が届きました。
そして電話でも話しました。
いつもいつも私はご両親から励まされ、感謝されています。
このお母様の愛もまた、マリア様、観音様のようだと感じるのです。
ツユクサのメッセージである”無条件の愛”は私が知りたかったものでありながら、自分から一番遠いもののように思うのです。
そしてきっとその愛はこのようなものなのだなと少しだけわかったような気がしました。

1/10
始発電車で出かけるこの日、前の晩に忘れずにツユクサを摂りました。
朝、必ず起きられると思ったからです。

そもそも埼玉からの日帰りで公共交通機関を利用して三社を参拝することは大分強行軍だとわかっていました。
夜中には祖母の具合が少し悪くなり、出かけるのは我欲で諦めるべきなのかと悩みました。
お札は近所でもいただくことができます。
けれども、参拝のためにに彼の地を踏むことが必要なことなのだと私はおぼろげながら理解していました。
だから、最終的に妹に任せて行くことにしました。

宇治橋での出来事、水の神への参拝、待つということ、そして大事を終わらせ次の課題へ。
“今日の学び”がてんこ盛りでした。

五十鈴川に稚魚がたくさん泳いでいました。水あるところに命があるのは当然と言えばそうなのですが、
命の讃歌のようなツユクサのメッセージには水のエレメントが含まれているように思えます。

そして、集中力、加速、が働いていると思えます。
俯瞰して見ると、
蕗の薹の一連の出来事と学びは最初に摂ったツユクサによって加速されたのではないかと思えるのです。
Transformation Gameを終えプラクティショナーを目指すと決めながらも、実際私が本当の意味でエッセンスを理解するようになるまで何年先になるかわからないという気持ちでいました。
もちろん、今の理解もまだそのすべてではないとわかっていますが、3ヶ月前の心境を想い出すと、想像以上に遠くへ来たと思うのです。

そして、その前に摂っていた”Healing the cause”の課程が続いていたことが見えて来ます。
終わりはないInner Journeyですが、ひとつの流れ、サイクルが終わった様に思います。

水とシリウス

最近目に付く映画「美しき緑の星」、上映会には参加できなかったけれど気になったのでネット経由で観てみた。
1996年というと、90年代初頭から始まったニューエイジ・ブームのただ中だった。
当時私も熱心に色々な本を読んでいたけれど、この映画のことは聞いたことがなかった。

当時インターネットは一般家庭にまでは普及していなかったし、テレビはブラウン管、携帯電話も然り。
滞在していたコミュニティやカレッジではテレビなしの生活をしていたし、この映画の中の星の世界が想像できないでも無かった。
私自身、東京に戻って仕事につくまで、携帯電話なんて一生持たずに暮らそうと思っていたくらいだから。
ちょうどあれから二十年が経ち、その間テクノロジーにどっぷり浸かって来た私が今この映画を観て最初に思うことは、これが今想像し得る最善の未来の姿だろうか?という疑問だった。

未来を描いたたくさんの映画やドラマでは、ほとんどが戦争によって荒廃しスラム化した都市世界か、ITや科学が進歩し続けたピカピカした無機質な情報世界、あるいは、太古に立ち帰り自然と共に暮らす世界のどれかに当てはまる。
前者のふたつはこのままの世界が突き進んだ時のオプションであり、この二つの要素が混在した未来は使い古されたコンセプトだ。
大別すれば二つと言えるだろう。

そして、ISが見せる悪夢は前者の姿のイントロダクションのようだ。
大地とともに文明が洗い流されるような淘汰が起きない限り、後者のような道へ転換することは難しそうにも思える。
ならば私はどんな未来を創造できるだろうか?

などとぐじゃぐじゃ考えながら、一日の終わりに得たヒントは”シリウス”だった。
少し前から、瞑想に”水”というキーワードが現れていた。
そして、シリウスでのことを思い出すには泳ぐこと、水に浮かぶことらしい。
映画の中でも交信するのに水を必要としていた。
水 コミュニケーション 愛 
私には水が足りないと常々思っていた。
状況的に難しいのでWATERのエッセンスを摂ってみた。

少し遡るけれど、秋口に入った頃再放送でこの番組を観た。
私自身は水からかなり遠ざかった生活をしているのだけれど、鯨には以前から関心があった。
そして休日にみたこの映像に引き込まれた。
こんな凄い人がいるのかと。そしてあの鯨の目。

二木あいさんのサイト

創造的なルートの探求

11/19~ 「チャネルをきれいにする」ことにフォーカスしRagged Robin と Jasper のみのエッセンスを摂っていたが、
新しいエッセンスが必要だと感じ、作ることにした。

Flower Attunement Cards が届いたところだったので、Plant Layoutを試してみた。
IMG_4324IMG_4327

1Seed The root cause of the issue. The past.
Daisy
2 Sprout Understanding of the issue. The conscious mind.
Ragged Robin
3 Growth Near future unfoldment. The unconscious mind.
Sea Holly
4 Stem The Present.
Monkey Flower
5 Flower Flowering potential that bear fruit. The future.
Birch

テロのニュース、その後「ISからの脱出」というドキュメンタリーを見てひどく怒りを覚え動揺した。
このドキュメンタリーは現地の何百万という他宗教の女性や子どもたちが家族から引き離され拉致されて、拷問、監禁、奴隷化されている現状についてレポートしているものだった。
そして双子座の満月あたりから更にムードが変わったように思えた。
conflict、理想と現状の乖離、焦燥感、進歩が見えない、目標を見失った という感覚。

ペンデュラムでチェックして、デイジー、シー・ホーリーは除き、ジェム・エッセンスのTopaz、そして瞑想で得たインスピレーションからWaterをプラスした。

デイジー
問題の根にあるのは”不安”や”動揺”確かに、あのドキュメンタリーはたとえ間接的に見ただけの者にとってもショックな内容だった。
この現実に対して何ができるのか、考えたが答えは出なかった。

ラギッド・ロビン 3
この消化し難い強い感情が、障害となり、エネルギーの流れを妨げているのだろう。
それにしても、10月以来、Ragged Robinを長く摂っている。繰り返し必要だと言われるのは、私にとって重要なパターンのひとつなのだろう。
チベット医学におけるタイプについて調べた時、私は明らかに”ルン”が多く悪さをしているのだとも感じた。

シー・ホーリー
コミュニケーションと自己表現に関すること、自身のなさ、自己防御

モンキー・フラワー 2
恐怖心、自信の欠如、パワー不足、ソーラー・プレクサスからハートへの移行、個人の力
まだ私のセンターはソーラー・プレクサスにあるのだと思う

バーチ 2
ビジョン
以前から私にとって目は弱点、みる能力は他の五感と比べると低いと感じている。
それは想像力の欠如や色眼鏡でものを見ることにも通じていると思える。
また、見たことに影響されるという意味では過敏でもあると思う。(まぶしさに弱い、時に映画が体調を悪くしたりする)
思考の限界を外し、オープンに心を開く。それが問題の解決に繋がる。
そして集中してビジョンを見失わない。
ゴールへの創造的なルートの探求。

トパーズ 2
バーチと同じく、future, fruitとして得られる美点に焦点をあてる。
明晰と豊かな創意
愛、共感、対象への専心、心の広さ
高次の自己と接触を保ち、明晰に思考する。
広範な知識を得て、壮大な計画を実現する。
2,5,6チャクラ

ウォーター 1
愛、共感、感受性、調和のとれた人間関係、安らぎ、受容力、想像力
2チャクラ

11/30
昨夜は作るところまではできず、一晩眠った。
起きる前に夢を見ていた。
ヒマラヤ登山をドタキャンするというものだった。
ここからバスに乗っていよいよ登山口へ向かうという場所にいて、用を済ませる為に外に出て、その用事が終わらず時間ばかりが過ぎてゆく。
そして山に行くのにどうして満員電車みたいな車に押し込められてゆかねばならないのかとさらに躊躇してその場をやり過ごした。
大抵自分が試されるようなことは避けてきたので、そのままだなと思う。
自分がしようとしていることは、ヒマラヤ登山くらいハードルが高いと恐れをなしているのだ。
今回も才能やファカルティが無いからとあきらめるのか!そうはするまいと思ってはいるけれど・・

夜になって15mlボトルで作って飲み始める。
頭頂部、目、鼻、額、口のラインに清涼感を感じる。
頭の前面半分。

12/3
用事を済ませた帰り道、”スージーさんに会わなくては”と思った。
そういう時は迷いが無い。考えているうちは違うのだな。
いすゞさんの紹介してくれたパンチラインの数々に惹かれた。
そしてスージーさん自身が遠い外国の人とは思えなかった。
どうしてか日本人だと思い込んでいた。
セッションに向けてひいたAngelは Creativity!

12/6
スージーさんのセッションを受けて
いくつかのことが明らかになった。
22年が過ぎて明らかになったこと。
言葉とマインドについての理解。
言語は私たちを外に連れて行ってしまうけれど、彼女の言葉は内への旅へ私を送り出そうとしている。
絵を描き続けることで花の言語を学べること。手が脳に教えてくれる。
アイデアは消え行くもの、追いかければ過去に生きることになる。今に生きること。
セッションの後に写した写真を見て、晴れ晴れとした顔をしていることに自分自身驚きがあった。
目の前が開けるってこういう感じだろうか。
帰りに眼鏡を新調した。

12/7
旧友と再会
彼女の選んだエッセンスが “シー・ホーリー” だった。
AngelはTruth
シー・ホーリーは今回の
Growth Near future unfoldment. The unconscious mind.
に出たカード。

12/8
今朝私がひいたAngelもTruthだった。
“真実とは、あなたの知恵の増加に伴って深まる展開プロセス。
人生との永続的で直接的な出逢いを養うような行き方をしなさい”

違和感

違和感を感じることには必ず何かが潜んでいて、後でそれがサインだったと気づくのだ。
やり過ごさずに観察する必要があると注意を払うようにしている。

最大の違和感とは、神話に出てくる神さまの名前が日本語とは思えないこと。
古語だから今の日本語とほど遠いのはわかるけれど、それにしてもほど遠いものを感じる。

もちろん、今では日本が単一民族国家だということは幻想だったとわかっているし、そのためだろうと思う。